人気ブログランキング | 話題のタグを見る

自動車保険配布スキンパーツ1 6度目の認定更新と3度目の顧客価値

残りの人生8.894日目の本日は、先週末のイベントについて♪

いよいよ『BOSSの言霊』も残り7回となりましたね♪♪

さて、自身6度目の更新研修になるのでしょうか。

先週の金曜日、経営品質協議会認定セルフアセッサーの更新研修に参加してきました。

そこで、大変嬉しい再会が♪

6度目の認定更新と3度目の顧客価値_d0004717_1645743.jpg


☆おお、ひょっとして・・・

はい、2003年の秋、師匠のご指導の下、六本木アカデミーヒルズで開催された、3回のべ6日間?にわたるアセスメントコースでご一緒した、飯田のYさんではないですか(*^。^*)

12年ぶりの再会に、朝からテンションが上がりまくりでしたが、グループメンバーも、2年前に奨励賞を受賞されている愛知県内ナンバーワンの住宅販売会社の取締役、関西経営品質賞受賞会社の執行役員、古巣のグループ会社のスタッフ部門の精鋭と、濃いメンバーがに恵まれ、17時までの研修時間があっと言う間でしたね♪

隣のグループには、中部経営塾でも大変お世話になっている、こんな方まで・・・(^o^)丿

6度目の認定更新と3度目の顧客価値_d0004717_16154818.jpg


☆Nさん、ツボをおさえた無茶ブリも決まってましたよ♪

そして、講師のMさんも、師匠と一緒に地元水戸の協議会を立ち上げられたメンバーということで、ホントご縁は有難いと痛感させられました。


  いつも顔を合わせるメンバーだからこそ、アイスブレイクが大切

  一人のお客様を幸せにする

  300年後の会社の姿を描く

  お客様インタビュー一つとっても革新が必要

  そもそもお客様の声を本気で聴こうとする気持ちがあるのか

  お客様になり切る姿勢

  イノベーションサイクルの3つのステップと9つの重視する考え方

  自動車教習所の存在価値は、事故をしない人を世の中に提供すること

  CS競争は一番でないと意味がない

  コモディティからブランドへ

  結果が全て・・・結果を中心に話し合い、結果を追いかけてプロセスを見直す

  複数の結果間のつながりに着目する

  難しいのは上手くいった時の振り返り



等々、ここでは詳しくご紹介できませんが、気づきと閃きの連続で、知的好奇心とヤル気が沸々と湧き上がってきましたね(*^^)v

そして、インプットしたものは早速アウトプットということで、来週末、11月20日(金)の主催セミナーでも、仕入れた情報をしっかり咀嚼して、お伝えできればと存じます。

はい、お急ぎの方は、先月カキコした速報版で・・・http://cherrychan.exblog.jp/22383180/
『顧客満足度100%の伝説セミナー』

そして、本日改めて、下記にも!


*******************************************************************

参加者 満足度100%(第1回9/25開催・第2回10/23開催アンケート回答より)のセミナー、第3回を11/20(金)開催です!

永続を目指す同族企業のために特別セミナーを企画しました(^o^)丿・・・3ヵ月連続セミナーの集大成です!
松下幸之助翁は、企業経営の成否の50%は経営理念の浸透度で決まる、という箴言を遺されています。集大成となる今回のセミナーは、まさにその理念共有について、皆さんと一緒に勉強して参ります。

日本の企業の9割以上が中小同族企業。中でも、長寿企業が世界的にも突出して多いことは、経営学の世界でも取り上げるべきテーマとして注目されてきました。地元愛知県に着目しても、創業100年以上の長寿企業は1,000社を超え(TDB社調べ2010年時)、老舗企業が担う社会的役割は多大なものがあります。
しかしながら、多くの中小同族企業は、大変革時代の中で、後継者・社員さんとの関係性・経営戦略等々、持続的成長に向け多くの諸問題が山積しているにも関わらず、十分な対策がとられていないのが現状です。
本セミナーでは、経験豊富な専門家による講演を核に、中小同族企業の魅力と強みを再認識いただき、長く繁栄するための処方箋や最新情報等を学ぶことで、貴社の持続的繁栄に寄与できると自負しております。


第3回:
  第1部「事業機戦略を機能させる理念共有のイロハ」
  第2部「顧客価値で選ばれる中小同族企業」

日時 :平成27年11月20日(金) 13時30分~16時30分
                 受付:13時
会場 :ウインクあいち 10F 1003号室
     ☆JR名古屋駅 桜通口から徒歩5分
参加費:10,000円(税込)
     ☆1社で2名以上の参加の場合、2人目から5千円引き(2名参加時で15,000円)
     ☆第3回からの参加者には、貴重な第1回ならびに第2回のセミナー資料を進呈いたします

講師 :第1部:二村智哉氏
        株式会社エム・ワイ・エムコーポレーション経営企画室マネージャー
        中小企業庁委託事業ミラサポ認定専門家
    <講師略歴>
     名古屋市港区出身。経営戦略策定の支援事業をメイン業務として、マーケティング理論や市場調査、人財活用分野にも精通。サービス業を中心に指導先実績300件以上と豊富な経験で、「運任せ・風任せ・思いつき」経営からの脱却を支援し、同族中小企業の持続的成長を見据えた指導法は顧問先から絶大な信頼を得ています。日本の元気は、地元中小企業の元気と循環を信念に、理念と戦略の必要性と活用を後方支援する若手コンサルタントです。


    第2部:櫻山 貴文
        バリュー・プロモーション株式会社代表取締役
        株式会社サンコー代表取締役
        経営品質協議会認定セルフアセッサー
    <講師略歴>
     名古屋市南区出身。明治大学商学部卒業後、富士通入社。コンピューター業界でメインフレームシステム営業を中心に約5年間勤務。父親が経営する印刷会社にUターン転職後、営業畑一筋で名古屋の温かい文化に浸り人情を勉強する。プロバイダー事業の失敗、代表就任後、ファブレス化の選択、ヘルスケア小売事業参入、モバイル・マーケティング事業参入等、トライ&エラーを重ねながら、2014年4月新会社を起業し「明るく愉しく元気よく」をモットーに活動中です。

*******************************************************************

6度目の認定更新と3度目の顧客価値_d0004717_1636639.jpg


facebookページでも、皆さんをご招待しておりますが、改めてこちらでも♪
https://www.facebook.com/events/928623787220493/


さあ、スケジュールを再調整いただき、有意義なひと時を共有してまいりましょう(*^^)v

ではでは。

# by cherrylayla | 2015-11-09 03:58

自動車保険配布スキンパーツ1 Vive La France!

残りの人生8.895日目の本日は、日曜版のラス前です♪

いよいよ『BOSSの言霊』も残り8回となりましたね♪♪

先週は、業界人のイチオシを特集しておりましたが、今回は満を持して、海の向こうのイチオシをご紹介させていただきます<(_ _)>

Vive La France!_d0004717_1850426.jpg


Sophie Marceau さん

Vive La France!_d0004717_18512929.jpg


☆1966年11月17日生まれ、間もなく49歳ということは・・・

Vive La France!_d0004717_18523375.jpg


☆この蠍座のオトコと生年月日が一緒なんですねえ(*^。^*)

Vive La France!_d0004717_18532923.jpg


☆そう、ちぇりーさん、この頃から赤い糸で結ばれていると信じていました・・・

Vive La France!_d0004717_18541192.jpg


☆海の向こうで、彼女が僕を待っててくれている・・・

Vive La France!_d0004717_185517.jpg


☆憶えたてのトレーニングの相手に何度も・・・

Vive La France!_d0004717_18555733.jpg


☆ところが、いつの間にか、彼女は遠い世界へ・・・端からですね・・・(@_@;)

Vive La France!_d0004717_18573844.jpg


☆今では、こんなカッチョイイ女性に成長されました<(_ _)>

拙いちぇりーさんのコメントは暫く封印して、とにかく今日は、彼女の魅力を画像で愉しんでいただきましょう♪

Vive La France!_d0004717_18595454.jpg


Vive La France!_d0004717_190371.jpg


Vive La France!_d0004717_1901283.jpg


Vive La France!_d0004717_1902068.jpg


Vive La France!_d0004717_1902865.jpg


Vive La France!_d0004717_1903992.jpg


Vive La France!_d0004717_1904752.jpg


Vive La France!_d0004717_1905685.jpg


Vive La France!_d0004717_191656.jpg


Vive La France!_d0004717_1911966.jpg


Vive La France!_d0004717_1913598.jpg


Vive La France!_d0004717_1915049.jpg


Vive La France!_d0004717_1921399.jpg


Vive La France!_d0004717_1922890.jpg


Vive La France!_d0004717_19242100.jpg


Vive La France!_d0004717_1925976.jpg


Vive La France!_d0004717_1931916.jpg


Vive La France!_d0004717_1933531.jpg


Vive La France!_d0004717_1934973.jpg


Vive La France!_d0004717_194256.jpg


Vive La France!_d0004717_1942716.jpg


Vive La France!_d0004717_1944989.jpg


Vive La France!_d0004717_195949.jpg


Vive La France!_d0004717_1952998.jpg


Vive La France!_d0004717_1954449.jpg


Vive La France!_d0004717_1955726.jpg


Vive La France!_d0004717_1961524.jpg


Vive La France!_d0004717_1964280.jpg


Vive La France!_d0004717_1981671.jpg


Vive La France!_d0004717_1983116.jpg


はい、コメントなしで、一挙30枚連続ご紹介させていただきましたが、如何デショーカ(*^^)v

実は、こんなんでは、まだまだ彼女の魅力を伝えきれていないんですよ♪

というのも、彼女は・・・

Vive La France!_d0004717_1913561.jpg


☆何という、スタイル・・・(・。・;

Vive La France!_d0004717_19133171.jpg


☆173cm

Vive La France!_d0004717_19161932.jpg


☆BWHは、その時々で変化が激しいようで・・・

Vive La France!_d0004717_19164944.jpg


☆でしょ(^_^;)

さあ、ここからは、彼女の素晴らしいスタイルをお愉しみいただきましょうか♪

Vive La France!_d0004717_19182843.jpg


Vive La France!_d0004717_19184065.jpg


Vive La France!_d0004717_19184957.jpg


Vive La France!_d0004717_191908.jpg


Vive La France!_d0004717_19191249.jpg


Vive La France!_d0004717_19192574.jpg


Vive La France!_d0004717_19193773.jpg


Vive La France!_d0004717_19194895.jpg


Vive La France!_d0004717_1920249.jpg


Vive La France!_d0004717_1920137.jpg


Vive La France!_d0004717_19202573.jpg


Vive La France!_d0004717_19204091.jpg


Vive La France!_d0004717_19205795.jpg


Vive La France!_d0004717_1921968.jpg


Vive La France!_d0004717_19212399.jpg


Vive La France!_d0004717_19213775.jpg


Vive La France!_d0004717_1921519.jpg


Vive La France!_d0004717_1922106.jpg


Vive La France!_d0004717_19222696.jpg


Vive La France!_d0004717_19224074.jpg


おっと、このシリーズ20枚目となるこの1枚は・・・(@_@;)

そうなんです、彼女はこの生まれ持った美貌に甘んじることなく、我々に夢と希望を与え続けてきたのです・・・<(_ _)>

Vive La France!_d0004717_19274377.jpg


Vive La France!_d0004717_19275985.jpg


Vive La France!_d0004717_19281275.jpg


Vive La France!_d0004717_19282689.jpg


Vive La France!_d0004717_19284033.jpg


Vive La France!_d0004717_1928532.jpg


Vive La France!_d0004717_1929735.jpg


Vive La France!_d0004717_19293217.jpg


Vive La France!_d0004717_19294460.jpg


Vive La France!_d0004717_19295655.jpg


ほ~ら、皆さん、フランス人になりたくなって来たんじゃないですか(*^^)v

Vive La France!_d0004717_19315062.jpg


思わず、日焼けした肌の香りを・・・クンクン・・・

Vive La France!_d0004717_19322883.jpg


ただただ素晴らしい・・・

Vive La France!_d0004717_19325243.jpg


こんな姿から・・・

Vive La France!_d0004717_1933699.jpg


こんなアラレモない・・・

Vive La France!_d0004717_19332926.jpg


く~♪

Vive La France!_d0004717_19334358.jpg


こんなんしたい!

Vive La France!_d0004717_19335944.jpg


自らお絞り・・・

Vive La France!_d0004717_19343826.jpg


あら、私としたことが・・・

Vive La France!_d0004717_19345993.jpg


いやいや元々、変顔は得意でして・・・

Vive La France!_d0004717_19352422.jpg


変顔は美女の必要条件ですから・・・

Vive La France!_d0004717_19361993.jpg


あらそうかしら?

Vive La France!_d0004717_19363622.jpg


はっは~<(_ _)>

Vive La France!_d0004717_19365878.jpg


そうねえ、これなんかどうかしら?

Vive La France!_d0004717_19371927.jpg


カッコいいっす・・・

それでも、美人の行動はヨメないことが多く・・・

Vive La France!_d0004717_19403235.jpg


えっ?

Vive La France!_d0004717_19404861.jpg


まさか・・・

Vive La France!_d0004717_1941228.jpg


これは、ついていけないかも・・・

Vive La France!_d0004717_19411898.jpg


仕方ないわねえ・・・

Vive La France!_d0004717_19413353.jpg


ちょっと、そこで待ってなさい!

Vive La France!_d0004717_19415116.jpg


いい子にしてたかしら?

Vive La France!_d0004717_19421772.jpg


こんなあどけない女のコが・・・

Vive La France!_d0004717_19424774.jpg


こんなんなって・・・

Vive La France!_d0004717_1943559.jpg


そんなんなって・・・

Vive La France!_d0004717_19431812.jpg


あんなんなって・・・

Vive La France!_d0004717_19433990.jpg


ちぇりーさん、自然体でいきましょう♪

Vive La France!_d0004717_19452462.jpg


これが自然体???

Vive La France!_d0004717_19454095.jpg


これも自然体???

Vive La France!_d0004717_1945575.jpg


ウルサイわね・・・見せてあげるわよ!

Vive La France!_d0004717_19464156.jpg


Vive La France!_d0004717_19465575.jpg


Vive La France!_d0004717_1947418.jpg


Vive La France!_d0004717_19471515.jpg


やっぱ、ついていけないかも・・・(・。・;

Vive La France!_d0004717_19474284.jpg


酷いことされたの~

Vive La France!_d0004717_1948286.jpg


どう、貴方、女こと、全然分かってないでしょ?

Vive La France!_d0004717_19483783.jpg


はい、分かってません・・・

Vive La France!_d0004717_1949894.jpg


もう一度教えてあげるわ・・・

Vive La France!_d0004717_19493288.jpg


Vive La France!_d0004717_19494449.jpg


Vive La France!_d0004717_19495512.jpg


Vive La France!_d0004717_19501224.jpg


Vive La France!_d0004717_19502163.jpg


Vive La France!_d0004717_19503099.jpg


Vive La France!_d0004717_19504462.jpg


Vive La France!_d0004717_19505637.jpg


Vive La France!_d0004717_1951611.jpg


Vive La France!_d0004717_19512453.jpg


そろそろ、お風呂でも入ろうかしら・・・

Vive La France!_d0004717_1951593.jpg


Vive La France!_d0004717_1952874.jpg


Vive La France!_d0004717_19542078.jpg


ホッホッホッ・・・まだまだ、青いのう・・・ちぇりーさんは・・・

Vive La France!_d0004717_19545896.jpg


青くてもイイ・・・

Vive La France!_d0004717_19551491.jpg


彼女の微笑みさえ見ることができれば・・・

Vive La France!_d0004717_19553522.jpg


Vive La France!_d0004717_19554553.jpg


Vive La France!_d0004717_19555783.jpg


Vive La France!_d0004717_1956758.jpg


Vive La France!_d0004717_19561871.jpg


流石です・・・(@_@;)

Vive La France!_d0004717_19563920.jpg


ちぇりーさん、最後に言わせてください・・・

Vive La France!_d0004717_19565985.jpg


ソフィー・マルソーさん、貴女と逢えて本当に良かった(*^^)v

Vive La France!_d0004717_19573225.jpg


何も言えねえ・・・

ではでは。

# by cherrylayla | 2015-11-08 03:58

自動車保険配布スキンパーツ1 今こそ評価すべき筒美京平の世界

残りの人生8.896日目の本日は、土曜版のラス前です♪

いよいよ『BOSSの言霊』も残り9回となりましたね♪♪

自他に認める音楽好きのちぇりーさん、日本のPOPミュージック界を振り返ると、この方が最も偉大なのではないかと思ってしまいます。

今こそ評価すべき筒美京平の世界_d0004717_10131254.jpg


手前の女性・・・伊東ゆかりさんのことではありません・・・大好きでしたが・・・

今こそ評価すべき筒美京平の世界_d0004717_10162179.jpg


筒美京平さん

今こそ評価すべき筒美京平の世界_d0004717_10172946.jpg


☆1940年生まれの75歳・・・ご存命です<(_ _)>

とにかく、何が凄いって、一時期、日本のヒットチャートは彼の手がける曲で埋め尽くされていた・・・そんな印象です♪

また、その曲がカッコいいんですよね(*^。^*)

ググってみれば、直ぐ分かりますが、60年代後半から80年代というちぇりーさんが幼気な時代、彼のヒット曲とともに歩んできたといっても過言ではないでしょう(*^^)v

冒頭にご紹介した伊東ゆかりさんのアルバムもそうですが、捨て曲が見当たらない♪

先ずは、そのアルバムから1曲ご紹介しましょうか♪

https://www.youtube.com/watch?v=i71vkjiFDac

今こそ評価すべき筒美京平の世界_d0004717_102763.jpg


☆『誰も知らない』・・・伊東ゆかり 1971年

40年以上前にこの曲作り・・・斬新ですよね~♪

そして、このシングルのB面は・・・曲調がこんなに異なるとは・・・(・。・;

https://www.youtube.com/watch?v=jp5Vw5VCLTM

☆『よせばいいのに』・・・伊東ゆかり 1971年

いやあ、素晴らしいですよね♪・・・こういう曲、大好きです(*^。^*)

ハッピー・アンドブルーの有名曲とは全く異なります・・・こっちも嫌いじゃないですが・・・

そして、私的に筒美京平さんといえば、こちらのアイドル♪

今こそ評価すべき筒美京平の世界_d0004717_10341418.jpg


松本伊代ちゃん

彼女のデビュー当初、事務所とレコード会社の力の入れ具合が違っていました♪

写真で紹介したのは、ちぇりーさんの手元にあるアナログ盤、彼女の3枚目のアルバム『オンリー・セブンティーン』♪♪

ちなみにこのアルバム、全曲筒美京平さん作曲で、現在CDは入手困難、Amazon中古価格が底値で約8千円となっております・・・(^_^;)

そう、筒美京平さんは、デビューシングルから4枚目まで、彼女の作曲を担当したんですね(*^。^*)

その中でも、やはり衝撃的だったのは、このアルバムにも収録されている、こちらの逸品

https://www.youtube.com/watch?v=U4kEC_DwtWE

今こそ評価すべき筒美京平の世界_d0004717_10413673.jpg


『TVの国からキラキラ』 松本伊代 1982年

いやいや、凄い!の一言

そして、ちぇりーさん、今、聴いてみたい筒美京平ワールドの歌手はこちらの方のこちらの作品で・・・

今こそ評価すべき筒美京平の世界_d0004717_1045258.jpg


『パンドラの小箱』 岩崎宏美 1978年

実は、某ネットショップで注文して数週間経過するのですが、未だ手元に届きません・・・(@_@;)

ということで、収録曲から聴いたことのあるこちらの有名曲を♪

https://www.youtube.com/watch?v=fqOk-5Muo3o

今こそ評価すべき筒美京平の世界_d0004717_10495681.jpg


『シンデレラ・ハネムーン』 岩崎宏美 1978年

ああ、早く届かないかなあ♪

でも、こういう昔の作品が新譜感覚で待ち遠しく感じられるのって、とっても幸せなことだと思います。

POPミュージックにも歴史ありですね(V)o¥o(V)

残り8回、引き続きお付き合いくださいませ<(_ _)>

ではでは。

# by cherrylayla | 2015-11-07 03:58

自動車保険配布スキンパーツ1 いよいよカウントダウン

残りの人生8.897日目の本日は、『BOSSの言霊』カウントダウンスタート♪

いよいよ残り10回となりましたね♪♪

管理画面を確認すると3,695回目の投稿ですか・・・まあ10年以上続けてますので当たり前の数字といえば、そうなのですが・・・

自身、何をカキコしてきたのか、ほとんど憶えていないというのがホントのところでして・・・

始めたのは38歳でしたから、考えてみると若かったですよね。

それが、間もなく49歳を迎えようとしておりますので・・・

たかだか素人ブログですが、なんだかんだで感慨深いものがある、そんな印象です。

当初は1本あたり15分くらいと決めてスタートしましたが、どんどん調子に乗って、今では倍の30分・・・記事によっては1時間近前後、日曜版に至っては、画像探しを含めると2時間はかけて愉しむようになってしまいまして・・・

その一方で、数年前と比較すると睡眠時間が90分程増えてしまっているんですよね。

与えられた時間は一日24時間しかありませんので、50代突入を控え、生活習慣の棚卸ということで、今回毎日ブログを書くという行為を一旦中断させていただくことにしたんです。

10年近く前、ゴルフ断ちした時もそうでしたが、止めてみても、意外にへっちゃらなんでしょうね・

もう10年もすれば、正真正銘のアラカンですから、肉体的にも、精神的にも、経済的にも、そして世の中的にも、全く違う世界が展開されていることは間違いなさそうです。

そんなことを想いながら、Amazon中古オーダーしたのが、こちらの1冊。

いよいよカウントダウン_d0004717_9484195.jpg


96.『人生後半戦のポートフォリオ「時間貧乏」からの脱出』 水木楊著 文春新書

著者自身の経験に裏打ちされた内容なので、ちぇりーさんのような立場ではなく、現在お勤めの方に向けて書かれたような印象もありますが、正直目新しい考えを得ることができませんでした。
☆その昔、この手の本を読み過ぎたからかも・・・(^_^;)

『自分時間』、『他人時間』という概念も、コヴィー先生の著者を学んでいれば・・・実践は別ですが・・・爆

そう、大切なことは、

  主体性を発揮する(持って生きる)

ということ。

言わずと知れた、

  第一の習慣

ですよね。

やはり、ある意味バイブルなんでしょうかね・・・

いよいよカウントダウン_d0004717_1013949.jpg


あっ、しばらく、再読していないことに気づきました・・・そうだ、朝のルーティンが間もなく終わるので、残りの一か月半かけて、朝ルーティンで再読してみよっかなあ(^o^)丿

残り9回、引き続きお付き合いくださいませ<(_ _)>

ではでは。

# by cherrylayla | 2015-11-06 03:58

自動車保険配布スキンパーツ1 読書週間に読書習慣を考える

昨日の冒頭でも触れましたが、今年も始まっております。

読書週間に読書習慣を考える_d0004717_7523910.jpg


  2015 読書週間

  いつだって、読書日和

すてきなコピーではないですか!

そして、秋といえば、紅葉♪

紅葉といえば、やっぱり京都(^o^)丿

ということで、気づけば、こんなお手軽な京都本をついつい・・・

読書週間に読書習慣を考える_d0004717_8254740.jpg


92.『魅惑の京都 ふしぎ発見』 蒲田春樹著 PHP研究所

93.『京都〈千年の都〉の歴史』  高橋昌明著 岩波新書


とっても対照的な新書です。

前者のPHPから出ている新書は、お手軽といえばそうなのですが、紹介されている情報は興味深いものばかり♪

著者は、京都をベースに活躍されてきた高齢の経営コンサルタントさんとのことですが、鼻にツクところが感じられず、楽しくディープな京都の魅力に触れることができました♪♪

知らないことばかり、行ったことのないところばかりでしたので、京都好きのちぇりーさんとしても大変有意義でしたね♪♪♪

せっかく女子大生が陣取っているわけですから、もっと入洛する機会を増やさないと勿体ないですよね(^_^;)

残り少ない2015年ですが、2回くらいは・・・迷惑ですかね・・・

一方、後者は、非常にオカタイというか、タイトル通り、歴史本です。

  今の京都には、実は平安当時の建物は一つも残っていない

改めて考えてみれば、そうなんだ!と思うところが満載です♪

「序」でも紹介されていますが、洛外に目を向けると、醍醐寺の五重塔が最古で952年の建立。

それでも、泣くよウグイスから約150年後ですから・・・

そんな京都の歴史を、新書というフォーマットとは思えないほど濃密に描いていますので、京都好きというより、歴史好きには堪えられない1冊なのではないでしょうか(^o^)丿

強烈だったのは、平安時代当時の衛生環境。

まあ、京都に限ったことではありませんが、埋葬ならびに排泄の対応は、画的に想像したくない・・・人畜の糞尿まみれの街なんて・・・

それでも、世界に先駆けて、江戸初期には世界一清潔な都市に進化した姿は痛快でした!

著者は、女子大生もお世話になっている洛志社大学出身の日本中世史を専門とする学者さん。

この新書では、江戸時代までが本編で、明治以降についてはサワリ程度しか紹介されておりませんが、京都への愛で満ち溢れている・・・そんな印象です♪

主だった京都の観光スポットに足を運んだことのある自称京都好きには、より深く京都のことを学ぶ機会を与えてくれる、そんな好著だと思います。

読書週間に読書習慣を考える_d0004717_856155.jpg


94.『おひとり京都の秋さがし』  柏井壽著 光文社知恵の森文庫

こちらは、山の神が買ってきた、超お手軽な文庫本。

著者の柏井さん、一体どれくらい類似本を出しているんでしょうか?

正直、ちぇりーさん、避けて通ってきたという立ち位置だったのですが、今回初めて?向き合ってみると、これが意外なほどマトモな本で(ゴメンナサイ)、拍子抜けしてしまいました。

意外ついでに言及すれば、京都だけでなく滋賀県のオススメスポットをたくさん紹介されていること。

永源寺や湖東三山の紅葉は数年前に楽しんでおりましたので、その時の素晴らしい景色を改めて愛でることができたようで、大変有意義でした(*^^)v

洛中、洛外の紅葉が素晴らしいのはもちろんですが、久しぶりに石山寺辺りにも出没してみたい・・・そんな気持ちに誘ってくれますね(*^。^*)

あっ、京都のお話でしたね・・・(^_^;)

京都初心者にも、そうでない方にも、万遍なく愉しめる文庫本だと思います<(_ _)>

読書週間に読書習慣を考える_d0004717_9112229.jpg


95.『戦争する国の道徳 安保・沖縄・福島』
  小林 よしのり、宮台真司、東浩紀 著 幻冬舎新書


残りの人生8,898日目、最後に紹介するのは、京都とは全く関係のない鼎談本。

Amazonの☆評価は低いままのようですが、ちぇりーさん的には、大変面白く読了することができました。

最近、コノ手の本から遠ざかっていたからかもしれません。

facebookもそうですが、書店を覗いても、必要以上にナショナリズムを煽る情報が氾濫しているように感じておりました。

そんな中、新しい視点を与えてくれたことは、大変有意義でしたね♪

惜しむらくは、もっと続きが聴きたい(読みたい)という衝動に駆られることくらいでしょうか。

もちろん、発言内容を鵜呑みにすることなく、興味を持ったことは、さらに掘り下げる努力をして、自分の考えを持っておくこと。

そういった読書のお作法を、再認識できる良書なのかもしれません。

情報ソースを、ネットやTV,新聞に頼っているご貴兄には、是非オススメいたします<(_ _)>

さあ、これで、このブログも残り10回ということで、いよいよカウントダウン(^o^)丿

5冊紹介すると大台に乗りますが、あまり気にせず、引き続き自然体で♪

ではでは。

# by cherrylayla | 2015-11-05 03:58