人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 <   2012年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

自動車保険配布スキンパーツ1 患難に素しては

どうも寝冷えが原因かと思われます。

実は、ちぇりーさん、先週末から風邪の初期症状を自覚していましたが、一昨日見事に発症・・・

その一昨日の夕方、町医者のお世話になってそのまま帰宅し、昨日も段取りをつけて15時過ぎにはオフィスを後にして体を休めました。

そのせいで、昨晩は業界の会合をキャンセルしてしまい、先輩にご迷惑をかけてしまいました。
☆S先輩、ゴメンナサイ!

おかげさまで、今朝は随分と楽になったように感じますが、ちょっとナメテましたね。

というのも、FBにも投稿していましたが、先日の台風接近前後から、窓を開けて月明かりを楽しみながら、そのまま夜風にあたって寝てしまうことが多かったんです。

先週も、窓を開けたまま寝ることが常態化してしまっていたので、おそらくそれが原因の一つなんでしょうね。

お医者さんの診断は、風邪とも花粉症とも判断がつきませんという、正直で曖昧なもの?

とりあえず、総合感冒薬と抗生剤と鼻水に効くという薬を処方していただき、2日間服用していますが、今朝薬袋を開けてみると、何だか量が減っています・・・

起き抜けのママさんに確認してみると、

  私も風邪っぽかったから、もらって飲んだわよ!

お〜、ワイルドですねえ・・・一応、処方された薬の解説には目を通していたようですが・・・

まあ、おそらく、今朝のコンディションからすると、間違いなく快方には向かっているようなので、週末はアルコールも解禁できるかもしれません。

というか、しっかり治して、しっかり飲むぞ!という意気込みで臨まないといけませんよね♪

意気込みという意味で、今朝は朝カレーに生卵をトッピングしてみました♪

患難に素しては_d0004717_647497.jpg


☆カレー温泉に浸かる、目玉おやじみたいですね♪

アッという間に完食・・・食欲だけは落ちませんねえ♪

ところで、そんなタイミングで今朝の安岡先生の一言は、こんな内容でした。


  「患難に素しては患難に行なう」
  
  ・・・・・・病気をすると、辛いことは辛い。しかし、またその病気の中に無限の意味もあり、効用もある。快楽もある。



今回の体調不良も意味があるはずなんですね。

そういえば、朝日記を確認すると、丁度昨年のこの時期も体調を崩していたようです。

  2011.10.8(土) 何故か下痢気味

  2011.10.9(日) 4時前に目覚めも胃の周辺が気持ち悪く2度寝する
              軽い吐き気も、起床後も違和感あり午後寝る
              ストレッチ・腹筋やらず

  2011.10.10(月) ひたすら寝るも38℃から熱が下がらず
               ストレッチ・腹筋やらず

  2011.10.11(火) 起床時熱が十分下がらない
               ストレッチ・腹筋やらず

  2011.10.12(水) 起床時、熱がかなり下がった35.2℃
               夕方から微熱感

  2011.10.13(木) 顎の下にリンパ腫れ感あり

  2011.10.14(金) リンパ腫れ治まる

なんて1週間で、これ以降は回復基調だったようです。

朝日記を予めチェックしていれば、予めこの時期は健康に要注意と分かっていたかもしれません。

来年に向けての反省ですね。

ようし、今週末の土曜日は、午前中は全社研修会、午後からは母校のプレ90周年実行準備委員会が控えていますので、引き続きしっかり治して、全力で向き合うことができますように!

皆さんも、風邪が流行っているようですので、くれぐれもご自愛くださいませ!

ではでは!

by cherrylayla | 2012-10-11 06:48

自動車保険配布スキンパーツ1 信念に生きる・・・ネルソン・マンデラの行動哲学

  「どうしてお父さんは家に泊まっていかないの?」

  「この国には何百万人もの子どもたちが私のことを必要としているからだよ」

  マンデラには後悔していることが沢山ある。大きな問題については正しい道を選んできた自負があるが、たくさんの小さなカーブを曲がり損ねたのは確かなことだ。そして「選ばなかった道」について考えが及ぶとき、彼は一抹の悲しみさえ覚える。

  「自分が選んできた道は自分の私生活を犠牲にするほどの価値のあるものだったのだろうか?」最終的には自分の判断は正しかったという考えに至るのだが、それは必ずしも慰めにはならないのだ。



冒頭から、こんな悩ましい応答を紹介しましたが、力強い1冊でした。

  何に人生を賭すか。

帯広告のフレーズだけでなく、表紙も存在感に溢れています。

信念に生きる・・・ネルソン・マンデラの行動哲学_d0004717_6225338.jpg


115.『信念に生きる ネルソン・マンデラの行動哲学』 リチャード・ステンゲル著
    グロービス経営大学院訳 英治出版



序文からマンデラご本人の寄稿というのもスゴイですね。


  アフリカには「ウブントゥ(Ubuntu)」という概念がある。

  これは「私たちは他者を通してのみ人間として存在する」という意味だ。

  「他の人々の功績や貢献のお陰で、自分はこの世で何かを成し遂げることができる」という考え方である。



あのネルソン・マンデラの言葉ですから、重いです。

重いのは序文だけではなく、各章から印象的なフレーズを抜粋するとこんな感じでして・・・


序章 多面的な人物
 一時の感情を抑え、様々な思考を冷静に判断し、物事をありのままに見ることができる・・・・・・これこそが、「成熟している」ということなのだ。<p32> 

第1章 勇敢に見える行動を取れ
 マンデラが勇気のある者に対して贈る最大の賛辞は「よく成し遂げた」である。・・・・・・日々続く困難な状況下において、恐怖心に負けることなく不安に苛まれながらも確固たる自己を失わない、そのような勇敢さのことを表しているのだ。・・・・・・そして幸いにも、私たちに求められているのは(マンデラの経験したような試練に立ち向かう勇気ではなく)こうした日々の勇気ある行動なのである。<p50>

第2章 常に冷静沈着であれ
 「急いではならない。まずはじめに、物事を深く考えて分析しなさい。行動するのはそのあとだ」<p68>

第3章 先陣を切れ
 「リーダーには、一人で意思決定し、行動しなければならないときがある。行動した後に、組織に対しての説明責任を果たすべきときがあるのだ。その結果、組織と対峙しなければならないときに問うべき問いは、リーダーのとった行動が真に活動のためだったかどうかだ。・・・・・・」<p83>

第4章 背後から指揮をとれ
 リーダーシップの要諦は、あるゴールに向かって人を動かすことにある。具体的には、人々の考え方や行動の方向性を変えることである。<p89>

第5章 役になりきれ
 それでもなお、マンデラは「人間は本当の心をすべてさらけだすことなどできない」と言うだろう。「本当の気持ちを表に出す」というのは、現代的な美徳といえるだろう。しかし、すべてをさらけだせばいいのかというとそうではない。不必要にさらけだすことなく、本物になることは可能なのだ。<p114>

第6章 原理原則と戦術を区別せよ
 物事の状況と原理原則。この二つを照らし合わせてとるべき戦略が決まる。その点、マンデラは、ガンジーではない。・・・・・・彼の場合、ゴールこそが信念であり、非暴力は戦術の一つにすぎなかった。<p125-126>

第7章 相手の良い面を見出せ
 ・・・・・・人の誠実さというのは、誠実な人間にこそ引き出せるものだからだ<p143>

第8章 己の敵を知れ
 マンデラが「敵を知る」と言うとき、それは単に戦術について語っているのではない。敵でさえもどこか「共感」できる部分があるということなのだ。<p160>

第9章 敵から目を離すな
 一番やっかいなのは、「味方のふりをした敵」だ。<p161>

第10章 しかるべきときにしかるべく「ノー」と言え
 言い訳は、不信感のもとだ。あいまいな「ノー」は、ストレートな「ノー」よりも人の心を傷つけるものだということを、マンデラは経験から学んでいたのだ。<p174-175>

第11章 長期的な視野を持て
 「決断力がある人物」というのは、意思決定のスピードが速い人という意味ではない。なぜなら、本当の意味の決断力とは、十分な時間をかけて幅広い角度から分析し、必要とあらば自分の温めていた考えを曲げてでも、最善の判断をする力を指すものだからだ。<p180>

第12章 愛ですべてを包め
 「誰かを愛すると、その人の欠点など見えなくなる。他の誰が何と言おうとも、その人を愛する。愛はすべてを包むものなのだ」。<p208>

第13章 「負けて勝つ」勇気を持て
 マンデラは、「負けて勝つ」という言葉通り、譲ることによって勝ち馬に乗ることができるということを熟知していた。<p214>

第14章 すべての角度からものを見よ
 物事には、完全なる善とか、完全なる悪というものはないのだと。マンデラは、様々な物事を判断するとき、常にこのような考え方をとった。<p219>

第15章 自分だけの畑を耕せ
 マンデラは会話の中で「人間も食物と同様、耕して育てることができる」と、畑仕事の比喩を使うことがあり、「私たちはそれぞれの畑を耕すことに精を出すべきだ」と私に言ったこともある。<p230>

マンデラからの贈り物
 リーダーには、悪い選択肢しかない場合でも、どちらかを選ばなければならないときがある。リーダーは、いかに善良な人間であっても、時には悪い結果を招くような意思決定をしなければならないことがあるとマンデラは知っていたのだ。・・・・・・彼は、祈りの時間は持たず、その代わりに、熟考に熟考を重ねて行動に移した。「すべての物事には理由がある」という人に対して、マンデラなら自分たちこそがその理由であり、自分自身が物事を動かす動機であると答えるだろう。「自分の行く末を決めるのは運命ではない。自分自身が決めるのだ」と。<p240-243>


背筋がシャンとするというか、流石、版元が英治出版だけはありますね。

英治出版といえば、いよいよ来週末に控えた中部経営塾10月例会は、西水美恵子さんの講演会です。

皆さん、今一度、『国をつくるという仕事』そして『あなたの中のリーダーへ』を再読して、しっかり準備をしておきましょうね。

ではでは。

by cherrylayla | 2012-10-10 06:24

自動車保険配布スキンパーツ1 金メダルパワーの源は?・・・iPS細胞・山中教授おめでとうございます!

山中教授、ノーベル生理学・医学賞、受賞おめでとうございます!

いやいや、こういう明るいニュースはイイですね!

最近、iPS細胞という単語を、いろいろな媒体で目にしていましたが、ノーベル賞受賞の可能性が高かったこともあるのでしょうか?

理科系音痴のちぇりーさん、よくその研究意義を把握しておりませんが、アスリートの世界に例えてみると金メダル以上の重みなのではないかと想像できます。

この研究の成果が、少しでも早く病気の治療に結びついてくれることを祈るばかりですね。

ところで、金メダルといえば、先日、盟友Nさんからいただいた小冊子。

金メダルパワーの源は?・・・iPS細胞・山中教授おめでとうございます!_d0004717_6182327.jpg


  114. 『金メダルの街 共和』 宝石の八神 神谷芳弘著 一粒書房

自費出版のさらにダイジェスト版のようでしたが、なかなか興味深いアプローチで面白かったです。

ところで、みなさん、共和といっても、どんな土地かわかりませんよね?

地元愛知県の方でも、知らない方も少なくないかもしれません。

愛知県大府市共和町という街なのですが、大府市全体でも人口8万人台の小さな自治体なのですが、小冊子によると、何とその小さな自治体の共和というエリアから、オリンピックの金メダルが7個もでているそうなんです(ロンドン五輪前に自費出版された小冊子ですから、現在では10個の大台ですね)。

そう、それもそのはず、女子レスリングの一大勢力(聖地?)至学館大学は共和エリアにあるんですよ。

吉田沙保里選手、伊調馨選手、小原日登美選手、この3人で金メダル7個ですからね。

そして、柔道に目を移すと、大石道場の大石康師範の指導で、門下生の吉田秀彦さん、谷本歩実さんのお二人で金メダル3個。

いやいや、凄いですねえ!

小冊子では、その共和のパワーの源が、ヤマトタケルゆかりの地であるという論旨だったのですが、強引な展開なれど、ちぇりーさん的には楽しめましたね。

熱田神宮の草薙の剣、伊勢神宮の八咫鏡、孝明天皇が祀られているという知多半島は武豊の玉鉾神社(おそらく八尺瓊勾玉につなげたいようです・・・苦笑)・・・これらの中に共和があるという、大変ロマンあふれるお話なんですね。
☆トンデモ話という声も聞こえてきそうですが・・・汗

それでも、ふと考えてみれば、熱田神宮はもちろんのこと、伊勢神宮にも日帰りで簡単に参詣できるエリアなんて、恵まれていますよね。

しかも、マニア?にとっては、ヤマトタケルの妻であるミヤズヒメが祀られる氷上姉子神社はオフィスから車で10分もかかりませんし、先程の玉鉾神社も一時間もかかりません。

金メダルにも恵まれ、神々にも見守られる、名古屋南部・知多半島エリアへ、皆さんも遊びに来られませんか?

好きな方には、見どころ満載かもしれませんよ♪

ちぇりーさんも、この秋は、お返しに?京都奈良方面に紅葉を愛でながら、寺社仏閣参詣を楽しもうかなって、毎年のことだろ!っという家族の声が聞こえてきそうで・・・苦笑

ではでは!

by cherrylayla | 2012-10-09 06:17

自動車保険配布スキンパーツ1 幸福の4条件・・・楽しんでいこう♪

錦織圭選手、楽天ジャパン・オープン優勝、おめでとうございます!

早朝のニュース番組でしか映像を見ていませんが、世界のテニスツアーで優勝するというのは、日本人の身体能力を考えるとスゴイ事だと思います。

裏番組(苦笑)では、チャイナ・オープンでジョコヴィッチ選手がツォンガ選手を破って優勝しているようですが、マレー選手が出場している大会で優勝を飾るというのは価値が大きいと思います。

賞金総額で比較すると、チャイナ・オープンが倍近く多いようですが、ツアーカテゴリーでみるとどちらも500に該当するようなので、裏番組という表現は誤りかもしれませんね。

今週は、カテゴリー1000(マスターズ)のシャンハイ・ロレックス・マスターズが開催されるようですが、フェデラー、ジョコヴィッチ、マレーと強豪が集結しますので、錦織圭選手の真価が問われるのはこちらの舞台かもしれません。

第14シードになっているようですから、目指せベスト4で、応援したいですね。

ところで、裏番組といえば、今回の楽天ジャパン・オープンですが、地上波デジタルならびにBSでも中継されなかったというのは残念でしたね。

地元日本で、日本の選手が決勝進出ですから、どこぞの局でも緊急交渉して決勝の放映権を獲得するなんて、できなかったんでしょうか。

元テニス好きとしては、大変残念ですね。

昔は、セイコー・スーパーとか、グンゼ・ワールドとか、当たり前のように放映していましたから、まだまだテニスブーム復活とまではいかないのでしょうか・・・

毎月テニス雑誌を購入していた30年前が懐かしい・・・苦笑

そうなんです、テニスといえば、ちぇりーさんの趣味の一つだったんですよね。

そんなことを想い出したのは、私の履歴書の根岸英一さんが紹介されていた『幸福の4条件』を見ていたからかも?

  1.健康
  2.家庭
  3.プロフェッショナル
  4.ホビー

大学時代にこんな人生訓をまとめれれているのですから、やはり東大生は、それも将来ノーベル賞を受賞される方は、違いますね。

凡人ちぇりーさんは、学生時代、こんな着眼点でして・・・

幸福の4条件・・・楽しんでいこう♪_d0004717_55265.jpg


☆マニュエラ・マレーバ選手・・・猫背がチャームポイントでした

でも、最も魅力的な女子選手というと、時代は少し?下りますが・・・やはりこの方・・・

幸福の4条件・・・楽しんでいこう♪_d0004717_520647.jpg


はい、マリー・ピエルス選手ですね。

幸福の4条件・・・楽しんでいこう♪_d0004717_52039100.jpg


☆オトコから見てもカッコイイ!

幸福の4条件・・・楽しんでいこう♪_d0004717_52153.jpg


☆ホント男前です(笑)!

幸福の4条件・・・楽しんでいこう♪_d0004717_5214232.jpg


☆鍛え上げられた身体・・・

幸福の4条件・・・楽しんでいこう♪_d0004717_5224839.jpg


☆競泳の選手みたいですね!

幸福の4条件・・・楽しんでいこう♪_d0004717_5232211.jpg


☆水着といえば、こんなショットも!・・・モデルさん兼業?

幸福の4条件・・・楽しんでいこう♪_d0004717_524373.jpg


☆麗しい・・・オトナの女性ですね

幸福の4条件・・・楽しんでいこう♪_d0004717_5244463.jpg


☆こんなショットもあったとは!

幸福の4条件・・・楽しんでいこう♪_d0004717_5251940.jpg


☆癒されます・・・笑

幸福の4条件・・・楽しんでいこう♪_d0004717_5254739.jpg


☆何か文句ある?・・・全くありません

幸福の4条件・・・楽しんでいこう♪_d0004717_5261655.jpg


いやいや、ヤバイくらいですね(笑)♪

えっ?ヤバイのは、月曜からこんなコネタを露出している、お前のオツムだって・・・

まあまあ、体育の日ということで・・・全然関係ないな・・・汗

ではでは。

by cherrylayla | 2012-10-08 05:13

自動車保険配布スキンパーツ1 ゆる〜りヨガ

平日の午前中、車で移動の際、周波数を合わせるのはNHK第一放送の『すっぴん』。

ちぇりーさん、地元局には興味を示さず、ラジオに関してはAM・FMともNHK党です。

特にFMは、他局では考えられないような企画をやってくれるので楽しいですよね。

おっと、話が既に逸れかかっているので、『すっぴん』に戻しましょう!

位置づけは主婦向けの情報提供番組とのことですが、ちぇりーさんが聴いていても、全然面白いです(笑)!

アンカーを担当するベテラン藤井彩子穴の存在感に加え、日替わりのパーソナリティーも個性溢れる面々で、楽しませてくれます。

ところで、藤井穴のハマリ役といえば、「夏休み子ども科学電話相談」。

子供に対する応答に愛が感じられて、ホント素晴らしいと思っています。

おっと、またまた本題から逸れ始めていますね(汗)。

ちなみに、日替わりパーソナリティーは、

  ・フィフィ(タレント・コメンテーター 月曜日)
  ・加藤紀子(女優 火曜日)
  ・ダイアモンドユカイ(歌手 水曜日)
  ・中島さなえ(作家 木曜日)
  ・高橋源一郎(作家・エッセイスト 金曜日)

と、こんなラインナップですが、ちぇりーさん、パーソナリティー以上に気になっているのが、

  お囃子えりちゃんの職人ええじゃないか

これは金曜日限定なのですが、そのテンポが絶妙で、たまりません。

実は、このお囃子えりちゃん、最初は、世離れしたテンポに、ちぇりーさんイライラモードが募っていたのですが、あるときから急に聴きやすくなってきて、今ではその声を聴くのが楽しみになってきたんですよ。

慣れって、スゴイですよね!

ところで、その声を聴くのが楽しみといえば、こちらは毎日放送されるコーナー『ゆる〜りヨガ』のサントーシマ香さん。

いやいや、早起きちぇりーさんが丁度お腹を空かし始めた時間帯に、そのマッタリとした声で癒してくれるんです。

もちろん、運転中ですので、実際ヨガをするわけではないのですが、彼女の声を聴いているだけでも、何だか体が浄化されていくんですね・・・ホンマかいな・・・苦笑

はい、こちらがサントーシマ香さんです。

ゆる〜りヨガ_d0004717_327169.jpg


ビジュアルもすてきですよね♪

実はちぇりーさん、3ヶ月ほど前、コネタにもしていましたね。
『シャンティな一日を!』
http://cherrychan.exblog.jp/16338597

ゆる〜りヨガ_d0004717_331251.png


☆何を見つめているんでしょうか?・・・こっち見て!

ゆる〜りヨガ_d0004717_3324887.jpg


☆そんな笑顔で見られてしまうと・・・

ゆる〜りヨガ_d0004717_333364.jpg


☆あっ、ウソウソ・・・

ゆる〜りヨガ_d0004717_334258.jpg


☆こちらの角度がお気に入りなのかな・・・

ゆる〜りヨガ_d0004717_3352365.jpg


☆いやいや、逆サイドからでも美しいですね!

ゆる〜りヨガ_d0004717_336213.jpg


☆そんな悩ましい表情されたら・・・ぶちゅ♪


いやいや、改めて画像を集めてみましたが、ビジュアルも超好みということが判明しました!

ホント美人ですよね♪

それもそのはず、彼女は板倉香という名前の元キャンギャルで、98年の東洋紡のキャンペーンガールにも選ばれているんです。

ゆる〜りヨガ_d0004717_3371590.gif


う〜ん、時代を感じさせる画像ですが、ちぇりーさん、どう考えても今の香さんの方が、すてきだと思います。

もちろん水着もありまして・・・

ゆる〜りヨガ_d0004717_3375682.jpg


ほれ、もう一丁!

ゆる〜りヨガ_d0004717_3382584.jpg


初々しさが漂っていますが、やっぱり、全然ヨガスタイルの方がいいですよね♪

ゆる〜りヨガ_d0004717_3404015.png


☆かっこいいなあ!

ゆる〜りヨガ_d0004717_341136.jpg


☆手足長っ!・・・ちなみに身長も高くて174センチとのこと・・・高身長いいね♪

ゆる〜りヨガ_d0004717_3415827.jpg


☆凛々しいですね!

ゆる〜りヨガ_d0004717_3422775.jpg


☆そんな目で叱られたい!

ゆる〜りヨガ_d0004717_343823.jpg


いやいや、こんなヨガの先生がいたらたまりませんね・・・

ちぇりーさんも、ゆる〜りと、ヨガなど始めてみようかな♪・・・なんと単純な!

こんなテキストも著されているんですね。

ゆる〜りヨガ_d0004717_3444185.jpg


  カラダが変わる たのしい おうちヨガ・プログラム 高橋書店

おうちヨガといえば、以前SHIHOさんの本をチラ見していたような・・・そういえば、ケン・ハラクマさんの著作も読了していましたね(苦笑)。

ゆる〜りヨガ_d0004717_3471042.jpg


☆それにしてもイイオンナですなあ・・・

ゆる〜りヨガ_d0004717_3474619.jpg


☆ヨガウェアもホント似合いますね♪

ゆる〜りヨガ_d0004717_3484075.jpg


☆先生、よろしくお願いしま~す♪

ゆる〜りヨガ_d0004717_3492041.jpg


☆先生と生徒の一線を越えたくなりますね・・・って、早朝から妄想・・・自爆

はい、皆さん、本日もシャンティな一日を!

ではでは。

by cherrylayla | 2012-10-07 03:50

自動車保険配布スキンパーツ1 日本、日本、日本!

今朝は久しぶりにオフィスまでウォーキングしてみました。

片道5キロ弱を40分強かけて歩いてみましたが、オフィスに到着する頃には、じんわりと汗ばんでいましたから、朝食で摂取したカロリーを、少しだけ消費できたかもしれませんね。

前日車をオフィスにおいたままの翌日は、名鉄電車もしくは市バスを利用するのが常でしたが、涼しくなって来たことですし、たまにはイイかもしれませんね。

さて、本日は読了本のご紹介ということで、今月に入って楽しませていただいた3冊を速報させていただきます(笑)。


111. 日本で知った「幸せ」の値段 無一文の留学生が、大学准教授になるまで
にしゃんた著 講談社
 平日の夜、帰宅して食後に開いたら、面白くて止まらなくなってしまい約90分でイッキ読みしてしまいました。スリランカ生まれのにしゃんたさん。実はちぇりーさん、本屋さんで見かけるまで、その存在を全く知りませんでした。関西では露出度が多いようですが、まだまだ知らないことばかりですね(苦笑)。とにかく著者の表現力が、わかりやすく、微笑ましく、力強くて、本当に素晴らしいです。楽しい講演会に参加したような読後感を味わうことができました。予備知識を持たない状況からの衝動買いも、こんなパターンがありますから、時間を見つけて書店に立ち寄る楽しみはやめられませんね(笑)。オススメの1冊です!


112.迫りくる日中冷戦の時代 日本は大義の旗を揚げよ 中西輝政著 PHP新書
 先日コネタにしていた、思いっきりライト・ウィングな新書。内容については、先日触れていますので重複は避けますが、ちぇりーさん、知らなかったことが・・・三国一の三国って、日本、中国、インドのことなんですね!知っている方には、何を今更モードかもしれませんが、発見でした。ちなみに、それぞれ、和国(ヤマト)、唐土(モロコシ)、天竺(インド)と表現するそうなんです。それにしても、現代の日本というのは、中国、韓国、北朝鮮の三国に悩まされ続け、そして大きな枠組みで捉えると、中国、ロシア、アメリカの三国の中で立ち回りをド真剣に考えなければならない、そんな状況なんですよね。某野党の新総裁レベルではなく、本当の保守の台頭を期待したいところです。


113. 日本の歴史 本当は何がすごいのか 田中英道著 育鵬社
 著者のことは全く知らなかったのですが、インパクトのある表紙が平積みされていて、目次ならびにまえがき・あとがきにサッと目を通して、衝動買い!いやいや、これは大当たり。ちぇりーさん、言わせていただきます。この本、そのまま教科書(national historyとして)にしてしまいたい(amazonのレビューでもそう表現されているようですが、読むと正にそう感じます)!
伝統の力、美への情熱、宗教観・・・特に共同宗教としての神道と個人宗教としての仏教の役割分担という表現は、思わず頷いてしまいました。その上で、シンクレティズムと天皇制が、日本という国の根幹だと改めて理解できましたね。

日本、日本、日本!_d0004717_89784.jpg


この本をベースに、各論を掘り下げていけば、間違った方向に話が展開されることもなくなるような気がします。こんなすごい国に生まれてこられたことに感謝!感謝するなら、行動で表すべく、より深く歴史について学ばないといけませんね!超オススメですよ!


 というわけで、今回紹介させていただいた3冊は、全て書店で見つけて、その場で衝動買いしたものなのですが、アプローチは違えど、偶然にも日本に関するものばかり。その方向にアンテナの感度が高まっている表れなんでしょうかね。

今週末も、すてきな書縁に恵まれる予感♪

楽しみ〜!

ではでは。

by cherrylayla | 2012-10-06 08:09

自動車保険配布スキンパーツ1 明治はひとつ・・・娘の夢は∞

老若男女、入り乱れての大盛り上りでした!

昨晩は、校友会愛知県支部主催の初企画『明治はひとつ 懇親会』。

乾杯のご発声をいただいた87歳の大先輩から2011年卒のキュートな後輩まで、約70人が母校のご縁で花を咲かせていましたね。

消え行く大学が増える昨今、3年連続で受験者数が日本一という母校の元気の良さにも、ホント感謝です!

ちぇりーさん、広報委員会メンバーとして、撮影に勤しむ時間が長かったのですが、同じテーブルには、応援団の重鎮(ちぇりーさんが生まれる前にご卒業されています)、ドラゴンズの寮長(江川キラーの豊田さん)、体育会空手部の猛者(優しい先輩でした)等々、大先輩ばかりで、歴史の厚みを肌で感じることができましたね。

おそらく参加者の平均年齢は60代の大台に届きそうなところだったかもしれません。
☆皆さん、お元気でしたね♪

それでも、FBや校友会オフィシャルサイトからエントリーいただいた先輩方も少なくなく、名古屋商工会議所でご縁をいただいたI大先輩も、直前にFBからコメントいただき参加が実現する等、年齢の割に(失礼しました)お若い方が多いという印象でしたね。

中心になってご設営いただいたY先輩、本当にありがとうございました!

明治はひとつ・・・娘の夢は∞_d0004717_7241829.jpg


☆〆は、愛知県支部恒例、応援団OB中村一樹君の音頭で、校歌斉唱・・・♪白雲なびく〜♪駿河台〜♪”

さてさて、2時間半の宴もアッという間に終了し、ほろ酔い気分で駅前の成城石井で、お土産のチーズケーキを調達しに立ち寄ったところ、美味しげなお値打ち赤ワインを見つけ、帰宅しました。

ママさんは予想通り既に爆睡モードでしたが、娘が一人リビングで勉強をしていたので、邪魔にならない程度に、父娘のまったりタイムを楽しむことができましたね。

オヤジはワイングラス片手に、娘は鉛筆を握り締めながら・・・苦笑

丁度、学校から進路の手引き資料が配布されたタイミングだったので、久しぶりに進路について意見交換することができました。

まだまだハッキリ決まっていないものの、朧げながら方向性も見えてきたようで、改めて娘の成長を確認することができ、嬉しかったですね。
☆ちなみに両親の母校には、全く興味がないようです・・・(T ^ T)

気づいたら1時間半以上も語り合っていたようで、明日もあるからと12時前にはそれぞれ布団に入りましたが、大学受験までこんな時間も増えていきそうです。

そういえば、娘から教えられましたが、友達の家族と比べて、ちぇりーさん家は異常に会話が多い家庭とのこと。

確かに、食事中とか、一緒にいるときは、できるだけTVは付けないようにしていますし、勉強も主にリビングでしていますので、そんな環境も追い風なのかもしれません。

ちぇりーさん、今後も娘の可能性を照らす灯台として、役割を全うしてまいります!

そして気づけば金曜日。

今週は水木金と夜の3連投ですが、いただいたご縁を満喫すべく、今夜も顔晴っちゃおうっと♪

ではでは。

by cherrylayla | 2012-10-05 07:17

自動車保険配布スキンパーツ1 納屋橋DORAEMON

一昨日の夕方、突然師匠からお電話をいただきました。

  明日の夜、時間があれば付き合って欲しいところがあるんだけど・・・

ちぇりーさん、昨日は夕方まで展示会へのブース出展だったのですが、その後はオフィスに戻る予定だったので、

  はい、喜んで!

名古屋駅で落ち合って、向かった先は、居酒屋甲子園でも有名な納屋橋DORAEMON。

何故、こちらのお店かというと、明日金曜日、水戸でそのDORAEMONの若社長・赤塚元気さんを講師に招いた人財育成フォーラムを開催するにあたり、一度も利用していないのはイカンでしょう、ということで、三河出張のタイミングを活用されたという流れのようでした。

DORAEMONグループといえば、実はちぇりーさん、先代(創業者)の赤塚久男さんを、例会講師として7年前に東海市にお招きしているんですね!

その後、当時東海市に出店されていたお店を何度か利用させていただいておりましたが、納屋橋DORAEMONは今回が初めてでした。

ちぇりーさん、懐かしくなって、バックアップしていた当時の6月例会議案を取り出してみると・・・う〜む、青っぽさが全面を覆って、むず痒いですねえ(苦笑)!

  [事業実施に至る背景]

  現代、私たちの生きる社会は混沌・複雑化してきており、未来もまた不透明です。未来を創るために、進むべき方向へと導くリーダーが今、必要とされていると考えます。しかしながら、従来のような「俺について来い式」の一方通行で人に影響を与えるというリーダーシップだけでは現代の組織が直面するさまざまな課題に対して十分に挑戦することはできないと考えます。相手の特性を見極め、そしていかにヤル気を引き出すか、いかに前向きに能動的にさせられるかということに着目したリーダーシップを学ぶことが必要な時代だと考えます。


何だか、ホントに分かってるのか!考えてるのか!・・・なんて自らツッコミを入れたくなりますね(苦笑)。

  [事業目的]

  リーダーシップは決して生まれ持った資質ではなく各人の学びによって後天的に身につけることが出来るものです。本例会において、時代にふさわしいこのリーダーシップを学び、まわりの人たちに元気と勇気と感動を与え続けることが出来るリーダーになることを目的とします。


・・・・・・出来るものです。・・・・・・なんて言い切っちゃてるところがスゴイですね(汗)。

  [前回の定例理事会における意見と対応]

  意見 : 「俺について来い式」のリーダーシップを否定するのはどうか。

  対応 : 「事業実施に至る背景」に少し手を加えました。リーダーシップは、その時代により、変化していると思います。決して「俺について来い式」のリーダーシップを否定しているのではなく、これからは、「俺について来い式」だけでなく、まず相手と充分コミュニケーションをとって相手の特性を見極めてそしてヤル気を引き出すというリーダーシップが必要と考えます。それに伴い「講師推薦理由」も少し修正しました。


いやいや、随分真面目に取り組んでいたことがよくわかりますね。

所詮、ゴッコじゃん、というご指摘もありますが、こうやって練習を積んで、各々のステージで実践できることが、この団体の大変良いところであり、利用価値の大きいところなんだと、改めて感じることができました。

残念ながら、東海市の店舗は業態を変えられ、現在はFCのステーキ屋さんを営業されていますが、DORAEMON業態の時に、その後の8月例会で東海市まで講演をしていただいた藤原直哉さんを、例会後の懇親会へエスコートさせていただいたのも懐かしい想い出ですね。

ちなみに、昨日の納屋橋DORAEMONも、限られた時間でしたが、満喫させていただきました!

納屋橋DORAEMON_d0004717_73329.jpg


感謝♪

はい、エネルギーをしっかりチャージすることができましたので、本日も顔晴ってまいりましょう!

おっと、今夜は、校友会初企画「明治はひとつ」で盛り上がるんだった♪

ではでは。

by cherrylayla | 2012-10-04 07:26

自動車保険配布スキンパーツ1 迫りくる日中冷戦の時代・・・日中国交正常化40周年?

既に様々な報道媒体で伝えられているように、とても40周年というオメデタイ雰囲気はありませんね。

いつも言及していますが、ちぇりーさん自身、偏狭なナショナリズムを煽ろうという気持ちは全くありません。

もちろん日中関係の考察なんて本業ではありませんし、中国進出なんてことも真剣に考えたことがありませんので、そんなことに興味を示している場合かとヤジが飛んで来そうですが、それでも知っておかなければいけないような・・・そんな気持ちで手にとって衝動買いしたのがこちらの1冊。

迫りくる日中冷戦の時代・・・日中国交正常化40周年?_d0004717_784922.jpg


  迫りくる日中冷戦の時代 日本は大義の旗を揚げよ 中西輝政著 PHP新書

それにしても、本を読んで、こんなに暗い気持ちになったのは久しぶりですね・・・(ToT)

ちぇりーさん、著者の書籍を読んだのは、意外や意外?初めてだったのですが、これが真実であるとするなら、ホント悲しくなりますね・・・(T ^ T)

現在の中国共産党をここまで好き放題させている一番の張本人は、何と日本だったということになるじゃありませんか・・・誤読かな?

鵜呑みにしてはいけないと思いつつも、これだけ列挙されると、辛いですね。

ある方のメルマガでは、今回の中国国内のデモや尖閣騒ぎは、アメリカでは、ほとんど報道されていないそうです(何か意図があるんでしょうね)。

それ以上に、大多数の日本人が、まともに危機感さえ抱いていないと思われる現状・・・

  中国がいかに経済大国となり日本やアメリカと経済関係が深まっても、根本的に「パートナー」とはなりえず、常に「脅威」の源であり続ける。<p56>

「パートナー」という意味では、アメリカさんもなりえないような・・・(T ^ T)・・・我々は、属国であることに、居心地の良さを感じすぎてしまったんでしょうね。

中国、アメリカだけでなく、ロシアと北朝鮮と、そして韓国とどのようなビジョンを持って付き合っていくのか?

問われているのは、そこしかありません。

  日中国交正常化とは、中国政府の意思が全面的に反映された言葉・・・・・・台湾は中国の一部だから、日本が台湾と国交を持っていた時代も、われわれ中国と国交があったことになる。ただ間違った勢力との国交であり、不正常だったから、ここに正常化させる<p166>・・・40年前の解釈だそうです

実は、日本が中華人民共和国と国交を持ったのは、40年前が初めてだったにもかかわらず・・・

言葉の使い方をしっかり意識しないといけませんね。

実は、先日の尖閣問題が発生した際、ちぇりーさんの友人は、10名ほど働いていた中国人アルバイトを即刻全員解雇しました(飲食系)!

ちぇりーさん自身、その話を直接聞いて、正直どうかと思いましたが(アルバイトの皆さんに罪はないので・・・連鎖を止めるという意味でも)、本人は一言・・・

  けったくそ悪い!

まあ、本人の気性からすれば分からなくもない結果ですが、その前に我々日本人が行うべきこと。

それは、やはり歴史を知ること、興味を持つこと!

中西さんの著書にも紹介されていたドラッカー先生の箴言を、しっかり噛み締めながら!

  グローバル・エコノミーは行き過ぎると必ず終わりが来る。国家というものは、経済よりも崇高な存在であることを必ず経済に思い知らせようとするときが来る。<p49>

これからの10年、フットワークだけでなく、ヘッドワークとハートワーク、そしてガットワークも不可欠なようですね。

ではでは!

by cherrylayla | 2012-10-03 07:09

自動車保険配布スキンパーツ1 『雇用創造革命』・・・遠くへ行きたい

今朝は昨日最後にご紹介した書籍をコネタに・・・

先日、大久保寛司先生から、久しぶりにメールが届きました。

  ご無沙汰してます。
  お元気ですか。
  下記講演会 おすすめです!


なんというシンプルな表現(笑)。

ちぇりーさん、早速興味を示し、中部経営塾のメンバーも誘って参加しま〜す、返信してみると、またまたソッコーでこんなメールが・・・

  参加される方に
  ISFネットグループ代表 渡邉幸義著
  「雇用創造革命」
  事前に目を通しておくようガイドしておいてください。


  こんな経営者がいるのかと驚かれることでしょう。

早速、直々に課題図書をご紹介いただきました。

『雇用創造革命』・・・遠くへ行きたい_d0004717_654115.jpg


ちぇりーさん、迂闊にも(汗)、勧められるがままに手に入れ、読み始めてみると・・・辛い、辛すぎる・・・

まあ、それでも前半の第1章から第3章は、何とか受け止めることができました。

  働きたくても働けずに逝ってしまった人に比べたら、働く環境が与えられているのに甘えている場合ではない<p36>

  それぞれの長所を探して認め合うこと、良い面を評価する仕組みと機会をつくることはとても大事だった。それが習慣になると、やがて各自の行動原理になり人格を形成する。<p39>

  消費者や市場、社会の変化に伴い、社会貢献とビジネスを切り離して考えていた時代は過ぎようとしている。社会貢献とビジネスは相乗効果を生むものだと、誰もが認める時代になってきた。さらに、これからは社会貢献が企業や社員の成長に寄与する時代になるだろう。<p78>

  「桃李言わざれども下自ら蹊をなす」。徳のある者は自ら求めなくても、その徳を慕って人が自然に集まるというたとえである。それを「匠カフェ」が実感させてくれた。<p81>


ところが、後半、第4章以降になると、突然逃げ場が無くなってしまいます。

  創業したとき、私は世界で一番社員とコミュニケーションを取る社長になろう、社内の誰より仕事をする社長になろうと心に決めた。社員をしあわせにしたいという思いも、当時からずっと変わらない。そしてもう一つ、事業を通して社会に役立ってはじめて経営者として一人前、社会から必要とされる会社にしたいという志を立てた。・・・・・・社員は哲学や理念をことばとして理解するのではなく、実践を通して実感する。だから私が実践する。誰よりもコミュニケーションを取り、誰よりも働く。・・・・・・「社員はトップ次第、組織の長を超えたリーダーは育たない」と言われるように、社員の仕事への意欲はトップの背中と心で決まる。私自身が常に社員の目標であり続けることでしか、社員の成長も会社の成長もありえない。初志貫徹。だから私は誰より働き、自己啓発に努め、誰よりも強い気持ちで社員のことを考えている。<p123-126>

そもそも、スタートラインからして・・・涙

  100回言ってできなかったら、1000回言えばいいことだ。・・・・・・教えるほうもあきらめず、何回だって教え続ける意識がなければ、人を育てることなどできない。・・・・・・私は、繰り返すこと、厳しく接することで各自の潜在意識が引き出されるのではないかと考えている。<p135-136>

徹底の度合いが桁違いですね・・・汗

  自分の悪いところを見つけようとする、その行いが成長に結びつく。<p145>

見ようとせず、先送りばかりのちぇりーさん・・・大汗

  人間は自分の時間を自分のためにだけ使っていると、どんどん弱くなっていく。自分の時間をほかの人のために使っている人は、どんどん強くなる。自分の時間をほかの人のために使ってみてください。きっと、そのほうがずっと楽しくてしあわせだと感じることでしょう。<p147>

自分の勉強をしなくても大丈夫と言っているわけではありません・・・って、当たり前か・・・

  私は重い責任は重圧でもあるが揚力にもなると捉えている。重圧を跳ね除ければ、高みに向かって飛び発つときの力になる。<p156>

実践者ならではの厳しいお言葉です。

  ・・・・・・私は既存の仕事をしてもらうために雇用するのではなく、雇用した人に合わせて仕事を創出するという考えで、いままでこのグループを引っ張ってきた。仕事も時間もつくり出すものだという考えは、創業時から一貫して変わらない。実際につくり出してきた。<p195>

ちぇりーさんも、今いる社員さんが何をできるかという視点を常に持っていますが、ちょっと次元が違いますね・・・汗

  「誰もやらないことを、誰よりも先にやる」という気持ちがなければ、経営トップは務まらない。もちろん、成功が必達目標。<p232>

ちょこまかと取り組んでいるところもないわけではありませんが・・・大汗


こんなフレーズの連続で、正直辛すぎてページがなかなか前に進みませんでした。

確かに、こんな経営者がいるのかと、驚きもしましたが、それ以上に、自身を振り返ると脱力感に苛まれてしまいますね。

でも、いただいた書縁ですから、正面から向き合わないといけないですよね。

もちろん、何もかもは無謀というものですから、一つだけでも実践できるよう、そうです、一歩でも近づけるよう、努力を続けなければいけません。

それでも、おそらく、ドンドン進化され、気づけばその差は埋めようがなくなっているんでしょうね。

何だか、京都の師範の日記調になってきました。
☆念のため、京都の師範は、ちぇりーさんと次元が異なる、実践者ですから(笑)・・・大久保寛司先生からも「近づいてますよ!」とお墨付きをいただいていらっしゃいますし!

ちなみに、先日師匠も著者の最新刊を紹介されていましたが、こちらの書籍の方が、より劇薬度が強いそうです・・・『美点凝視の経営 障がい者雇用の明日を拓く』

こちらの書縁は、流石に考えてしまいますね・・・アワワ

  知らないま〜ちを 歩いてみ〜た〜い〜 何処か遠くへ 行き〜た〜い ♪

ちゃんちゃん!

じゃなかった、ではでは。

by cherrylayla | 2012-10-02 06:54