人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 <   2010年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

自動車保険配布スキンパーツ1 40歳からのモテる技術

2週間もあった読書週間もアッという間に終わり、季節も冬に向けて一歩一歩着実に前進しているようです。

その読書週間ですが、皆さんどんな本と出会いがありましたか?

ちぇりーさん、今年は期間中に7冊ご縁をいただきましたが、丁度体調不良と重なったことも原因なのか、軽めの本ばかりでしたね。

そんな中でも、究極的に軽めの本がこちらの1冊。

  『40歳からのモテる技術』 青木一郎著 阪急コミュニケーションズ

ヘルペスウイルスが脳に悪影響を与えたわけではありません。

“20代30代女性の72%が44~62歳の男性も恋愛対象”という帯のコピーに惑わされたわけでもありません。

だって、ちぇりーさん自他に認める熟専ですから・・・アホか!

きっかけはさておき、なかなか考えさせられる内容でした。

というかかなり実践的で、ちぇりーさん的には、“おじさん臭い外見を一新する逆転のセオリー”の中のファッションについては大変勉強になりました!

というのも、半年ほど前、ビジネスパートナーのMさんから、

ちぇりーさん、もうちょっとファッションに気を遣ったほうがいいですよ

と具体的アドバイスを受けていたのです。

Mさんはアパレル・ファッション業界で、一角の実績をあげられた方なのですが、本書では全く同じことが説明されていたんですね。

着た切り雀のちぇりーさん、ファッションには全く興味が無く、機能性に問題が無い限り流行に関係なく身につけているんですよ。

これは今に始まったことではなく、高校・大学時代は服にお金をかけるくらいなら、中古レコードを買っていましたから・・・

また当時ブームになっていたデザイナーズブランドのお店に近寄ることすら嫌悪感を抱いていましたね・・・あのバブリーな価格帯の価値が解りませんでした・・・今はあまり見かけませんが、当時はフロア上に敷居?がありましたよね

まあ、そうはいっても着るモノは必要なので、専ら吉祥寺のサンロードにあったISEYAさん(今でもあるのかな?)や古着屋さんで用を足していましたが・・・苦笑

当時の同級生に原宿のビームスに連れて行かれて、無理矢理コーディネートされたのも、懐かしい思い出ですね。

反面、物持ちの良さでいえば、20年程前に購入したスコッチグレインのローファーは全然履ける状態ですし、25年程前に購入したステンカラーのコートもまだ健在です。

そんな輩が、遅まきながらMさんから数ヶ月前に夏物の今風ジャケットをお値打ちに購入していたのですが、衣替えの季節を迎えて今一度ファッションセンスについて考えさせられることになった次第です。

  ジャストサイズスーツ

  スリムフィットシャツ

  ロングノーズシューズ

  ノーネクタイ時の襟元のお洒落

知ってる方には、当たり前の要素なのでしょうが、なかなかハードルが高そうです。

著者からの

  就職活動の時、リクルートスーツ着ていましたよね?

問いかけは、大変説得力があります。

もちろん、画一的になるのではなく、上記要素を押さえながら、個性を出していくことがお洒落なのでしょうが・・・やっぱり難問だなあ(汗)

外見という意味では、ファッションだけでなく、薄毛対策、加歳臭対策、肌に艶を等々、細かいところまでアドバイス満載の一冊。

もちろん、内面を磨くことは必要不可欠ですが、バランスという意味ではもっとビジュアルも磨かなければと、気づきを得ることが出来ました。

おっと、その前に身体が資本ですから、しっかり体調も回復させないと。

ちぇりーさん、念のために時間を作ってセカンド・オピニオンを求め、皮膚科に行って来ます!

安心情報がいただければ最高ですね。

皆さんもくれぐれもご自愛くださいませ。
☆最近、このフレーズ多いなあ・・・

ではでは。

by cherrylayla | 2010-11-11 07:20 | Comments(2)

自動車保険配布スキンパーツ1 この国の進むべき道

内田樹さんのtwitterに、寺島実郎さんの講演を聴いて思うことがあってブログをアップした、というつぶやきを発見しました。

寺島さんといえば、先日開催されたメッセナゴヤの初日の基調講演でスピーカーを務められていました。

ちぇりーさん、途中から、しかもモニターを通しての立ち見という環境で、全体の半分くらいしか聴けなかったのですが、今回内田樹さんのブログを拝見すると、講演内容はほぼ同じだったように感じます。

ただ、同じ人が話しても、聴き手の能力が違うと、ここまでアウトプットに差があるのかと、愕然としましたね(当たり前か!)。

まあ、ちぇりーさんの場合、寺島さんの講演については、アウトプットすらしていないわけですが、手帳に書き留めたメモ(10/27でしたね)を確認すると、

  日本はアジアと真剣に付き合う時代

  ものづくり東海エリアは航空機産業に活路を見いだせ

というキーワードが書き留めてありました。

内田樹さんのブログでは、寺島さんの講演から、世界に類を見ない文化立国を目指し、アジアはじめ世界中から人が集まってくる国を実現させるべきという内容でまとめられていました。

そして、そのベースになるのが、教育を受けるなら日本へ行こう、と認識されるような国づくり(教育立国)であると力を込めて記されています。

ちぇりーさん、目から鱗でした。

ついつい、アジア諸国からいかにお金を落としてもらうか、というさもしい考えを先行させていましたが(内需拡大が見込めない以上、必要不可欠なことですが)、やはりそこには志が高いビジョンがないといけませんね。

現政権を批判する資格すらないなあと、器の小ささに反省・・・汗

それでも、一国のリーダーとしては、ビジョン・ミッション・バリューについて、解りやすく、そして力強く伝えていただかないと・・・

その一方で、事業者としては、ドメインの範囲を何処まで描くのかということも中期的には重要になってきます。

この2日間、午後から養生にあてることができましたが、久しぶりにそんなことに思いを馳せるちぇりーさんです。

でも、ちょっこし閃くモノがありました(笑)。

これはツイてる!

はい、本日から通常モード。

土日は東海秋まつりに出展しますので、引き続き体調にも留意して。

ではでは!

by cherrylayla | 2010-11-10 06:41 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 ハインリッヒの法則と美女軍団

今朝はちょっこし情けないお話し。

ここ2週間ほど体調が優れなかったちぇりーさん、リンパ腺の腫れや熱っぽさを自覚しながらも、気合いで治そうと体温も測らず、だましだまし過ごしているうちに、左下口唇が腫れて、膿んできた上に出血までする始末・・・

弱気になってつぶやきを漏らしたところ、師匠にも、しっかり診てもらわなければダメだよと、ご心配いただいてしまいました。

週末に、日頃お世話になっている日赤の元院長先生にお電話させていただいたところ、市内の外科をオススメいただき、昨日受診してきました。

先生の診断は、風邪で抵抗力が弱ったところに口唇ヘルペスを患ったのではという所見。

ヘルペスはピークを過ぎているようなので、風邪薬はお断りし(ちぇりーさん、風邪薬はイマイチ信用してないんですよ・・・)、抗生物質だけ処方いただきました。

早速、師匠にケータイメールで報告したところ、

  薬で治すのは問題対処なので問題解決を考えた方が良いですよ

  今回のことを軽く捉えないで、ハインリッヒの法則を思い出してください

と、メチャ腹に落ちるアドバイスをいただきました。

全くその通りですね。

生活習慣の見直しに着手せよというサインかも知れません。

師匠、ありがとうございました。

ところで、昨日受診した外科は、名古屋市内中心部のビルのテナントに入っているのですが、このビルが医療専門ビルなんですよ。

3~9Fに30以上のクリニックが入居していて、2Fには調剤薬局が3軒あるんです。

ちぇりーさん、3軒のうち、向かって左側の薬局を選択。

その理由は・・・いや、驚くほどスタッフの女性が綺麗だったんですよ(爆)。

お馬鹿な理由ですが、いやホントびっくりしました。

バックヤードもガラス張りになっているんですが、薬剤師と思われるスタッフまで・・・

いや、面接時は絶対ビジュアルも重視されているなあと納得です(笑)。

それでもハインリッヒの法則の応用編ということで、調剤薬局を通じて、美女軍団と交流を持てれば、母数が300だとすると(そんなにいねえよ!)、1つの運命的な出逢いに繋がったりして・・・

まあ、こんなお馬鹿なことカキコできるくらいですから、大したこと無いでしょう(苦笑)。
☆カキコを終えて、先程師匠のブログを拝見すると・・・ホント出来の悪い弟子をご心配いただき、その上こんなお馬鹿なカキコで・・・大汗

明日は、遠方からのお客様に新規の訪問先ご紹介&打合せが控えていますので、しっかり快方に向けて養生したいと思います。

インフルエンザも流行の兆し、皆さんも、くれぐれもご自愛ください。

ではでは。

by cherrylayla | 2010-11-09 08:09 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 「和」の勝利

朝起きたら、ロッテが勝っていました。

ちぇりーさん、吉見投手を引っ張って3点目を取られた時に、こりゃ負けるわと思ってTVを消してしまいましたが、予想通りの結果に。

延長戦まで突入したのは、ちょっとビックリしましたが、勝ちきれなかったですねえ。

今中慎二さんが『中日ドラゴンズ論』で紹介されていた、ドラゴンズというチームの問題点がそのまま表れたような結末でしたね。

そういう意味では、真の常勝チームになるには、課題がたくさんあるのでしょう。

それにしても、プロ野球の選手の能力というのはスゴイモノがありますね。

身体が資本、健康が前提条件ということは当たり前ですが、超人的な技能集団だということを改めて感じることができました。

ロッテのチームスローガンは「和」とのこと。

朝のニュースで、ビール掛けの様子を放送していましたが、勝ってこその「和」ですよね。

そうそう、西岡選手の何か持ってる発言は、ちぇりーさん的には好きなのですが、ちょっと滑っていましたね(苦笑)。

身体が資本、健康が前提条件という意味では、ちぇりーさん自身戒めて、早く回復させないと。

インフルエンザも流行の兆し、引き続き皆さんもお気をつけくださいませ。

ではでは!

by cherrylayla | 2010-11-08 06:50 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 立冬は養生に集中!

土日と、素晴らしい秋晴れですね。

昨日の土曜日は、ツキイチの研修会開催日。

実はスケジュールの都合で、10月は開催できず、変則的な実施となりましたが、寝かせた分?有意義で濃密な内容になったんじゃないかなと満足しています。

少しは、ファシリテーションスキルもまともになってきたのかなあ(苦笑)。

いや、甘んじることなく日々是精進ですね。

午後からは、体のメンテナンスということで、お世話になっている稲葉先生のもとへ。

粘っこさが残っていて、まだ本調子ではないとアドバイスをいただきましたので、引き続き毎日のストレッチと腹筋で予防に努めていきたいですね。

ランチもご一緒させていただき、新ビジネスの情報交換もでき、これまた有意義なひとときを過ごすことができました。

午後はオフィスに戻ってデスクワーク&社内ミーティングだったのですが、このところ悩まされている体調不良に襲われ、集中力を少し欠いてしまいました。

いつもなら4~5日で治まるところが、今回は2週間近く続いているので、明日にでも時間を確保して病院に行ってみようかと思っています。
☆昨日の夕方、お世話になっている日赤の元院長先生の電話アドバイスに素直にしたがうことにしました。
そんな流れで、本日の日曜日は一旦起床したものの、朝食を済ませてからお昼までずっと布団を被って寝ていました。

疲れがたまっていたせいか、寝られるものですね。

ホントは、早朝から、広報誌の取材をかねて、熱田神宮へ全日本大学駅伝スタート前の母校の応援に駆けつけるはずだったのですが、撮影を先輩にお願いしてしまいました。
☆O先輩、早朝からのお電話失礼しました(ギリギリ、シード権を確保したようですね)!

お昼過ぎに布団から出て、お昼ごはんを済ませてから、久しぶりにたかじんを見終わったところで、カキコを始めていますが、今日は引き続き、ゆっくり横になって、養生に集中したいと思います。

気づけば、暦の上では立冬。

ちぇりーさんも、早く本調子に戻して、来週末の東海秋まつりに備えないと!

皆さんもくれぐれもお体ご自愛くださいませ。

ではでは!

by cherrylayla | 2010-11-07 15:14 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 真因は信頼関係・・・尖閣映像流出

いやいや、凄い映像が流出しましたね。

ちぇりーさんも、昨晩youtubeで視聴しましたが、緊迫感があって、映画なんかより全然面白いですね。

いや、面白いなんて表現は不謹慎ですが、見応えがありました。

それにしても、どんな経路で流出してしまったのか?

まさか、winnyが原因ではないでしょうが、報道では、捜査当局から流出とありましたけれども、政府にババを引かされた(持たされた?)検察の逆襲というよりも、慎太郎都知事が言われていたように、おそらく現場サイドからの内部告発なのでしょう。

首相が、原因の徹底究明を、なんて発言をされていましたが、真因はご自身がリーダーを務める政権に、いやご自身に信頼が全くないということに気づかれていないので、重症です。

海の向こう、アメリカでも民主党・オバマさんが苦労しているようですが、日本の民主党政権はまだまだ苦労が足りないのかもしれませんね。

だって、全然目を覚ましてくれないのですから・・・

まあ、最近まで小沢氏の国会招致にこだわっている野党も同じレベルですね。

そんなこと、やってる場合かというのが国民の本音でしょう。

いや、民間人だけでなく、今回の海保の現場のように、体を張って国を衛っている公務員の方々は、特にそんな気持ちが強いのではないでしょうか。

国家の情報管理以前の問題で、信頼関係がないところに、どんな仕組みを持ち込んでも機能するはずがありません。

そういう意味でも、ホント、今のレベルの国会議員なら、不要ですよね。

事業仕分けも緊急事態という認識があれば、トップダウンでドンドン進めていけば良いんだと思います。

久しぶりにボヤいてしまったのは、昨晩、致知12月号の野村監督の対談を読んだ影響でしょうか・・・全然関係ありませんね(苦笑)。

トップダウンという意味では、本日は今期初めてのツキイチ全社研修会。

新規開拓に至ったプロセスやお客様の最新情報を共有し、更なるお役立ちに繋げられるよう、有意義に仕上げたいですね。

今日はちぇりーさんが話す時間が増えちゃいそうだな・・・汗

はい、できるだけ皆さんから建設的な発言が出てくるよう、ファシリテーションスキルを駆使しないといけません。

体調悪いなんて言ってられないぞ~!

ではでは。

by cherrylayla | 2010-11-06 07:23 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 桂花ラーメン民事再生申請に思うこと

京都の粋人さんが一足早くコネタニされていた桂花ラーメン民事再生法申請のニュース。

ちぇりーさんもメガトン級の衝撃でした。

そして、それ以上に興奮してしまったのが、京都の粋人さんのカキコ・・・

松屋の牛定、西麻布のホブソンズ、千駄ヶ谷のホープ軒・・・

いや、懐かしいですね!

四半世紀前のことですが、お世話になったB級グルメの名店が、甘酸っぱい思い出と共に走馬燈のように頭を過ぎりました。

ラーメンでいえば、やはり新宿の桂花ラーメンは、外せませんでしたね。いや、むしろ桂花さんは、就職してからの方が利用頻度が高かったかも!アパート住まいの学生には、一人飯にしてはかなりの贅沢品でした。
☆渋谷では、道玄坂に向かった喜楽でしたね。

桂花ラーメンは、当時から高めの値段設定でしたが、ターローメンなんか完食すると、お値段以上ニトリを超える満足感!
☆当時はニトリはありませんでしたが・・・激安の代名詞といえば吉祥寺のロジャースでしたね・・・ゴムもここでお世話に・・・コラコラ

ちぇりーさん、当時の食生活を振り返ると、点2の麻雀で勝利すると(場代は手積みで時間100円前後でしたね)、明大前の王将で、ライス+焼きそば+餃子1人前で計610円のスペシャルディナーを楽しんだ憶えがあります。負けるとお茶漬けの元で握ったおにぎりをアパートで食べていましたね。

でも、飲み代には大胆だったのは、やっぱり楽しかったんでしょうね。
高田馬場の名店?清龍が吉祥寺に出店したときは助かりました。確か日本酒一合140~150円くらいだったような憶えがあります。秋刀魚も一匹100円台というのは記憶違いかなあ・・・

そうなんです、ちぇりーさん、東京時代はベースが、吉祥寺・三鷹エリアということもあり、

ラーメンは、ホープ軒本舗(環七にもありましたね)、一圓(上京当時は、五日市街道沿いにありましたね。餃子のでかさはカルチャーショックでした)、味の彩華のタンメン(三鷹駅前の隠れた名店でしたね)、東八道路沿いの江川亭(こちらも背脂系でした)等お世話になりました。

三鷹といえば、今回ググッて初めて知ったのですが、あの名店の『江ぐち』さんが閉店したという記事を見つけたとき、思わずウルっときてしまいました。

ここのラーメンには思い出がいっぱい詰まっています。決して万人受けする味ではありませんでしたが(美味しいかどうかは正直ビミョー?)、『江ぐち』の味というものがありました。

オヤジさんの指がスープの中に入って、カウンター越しに運ばれて、そのせいか、絶妙な塩加減が良かったですね(爆)。

学生時代から長く付き合っていた彼女とよく足を運びました。当時は贅沢品であった?五目ラーメンをご馳走できないまま、別れてしまったことが、今でも心の中に残っていますね(男ってホント馬鹿だな!)。

イカン、思い出話が止まりません。こういうカキコは週末限定でいかないと。

いずれにしろ、多感な時期だったこともありますが、存在感のあるお店が多かったような印象です。

サンロードのザップスってまだあるのかなあ・・・ホント止まらない・・・汗

ひょっとしたら、数年後には娘が東京で学生生活をしているかもしれませんから、もっと大人にならないと!

でも、いつまでも青春でありたいなあ・・・サミュエル・ウルマンでも読み返しますか!

ではでは。

by cherrylayla | 2010-11-05 04:58 | Comments(2)

自動車保険配布スキンパーツ1 悪名の棺・・・笹川良一氏って、こんなに立派な人物だったとは!

昨日の文化の日、秋晴れの上天気でしたね。

スポーツの秋、50年ぶりの早慶V決戦は、佑ちゃんが有終の美を飾り、見事優勝で学生最後のシーズンを終えました。

対抗戦は慶明戦で、母校が久しぶりに良いところを見せてくれました。

7年ぶりの白星ですが、そんなに勝っていなかったんだというのがOBの本音ですが・・・苦笑

次の帝京戦が、ホントの意味で今年の力を試されるわけですが、何とか無敗で早明戦を迎えて欲しいものですね。

残念なことにちぇりーさん一家、娘は風邪、ちぇりーさん自身も先週からリンパ腺の腫れによる体調不良が続いていて、ゆっくり自宅で身体を休めていました。

元気なのは、いつものようにスポーツクラブヘ出かけていったママさんだけでしたね。

そんな養生にあてた一日は、読書三昧ということで、2冊の本を読了することが出来ました。

ただ、BGMの罵声というか怒声には閉口しましたが・・・

というのも、昨日は朝からお隣の大高緑地公園で日本共産党の赤旗まつりが開催されていたんですよ。

朝方、オフィスから自宅へ帰る途中、一号線では早くも警官隊や機動隊が車止め等を準備していたので、何かと思っていたら、程なくすると右翼の皆さんが拡声器を最大ボリュームにして・・・

まあ共産党の活動には、右翼の皆さんの活動が付き物なので・・・

そんなタイミングだったのか、昨日の1冊目は読み応えがあったこちらの作品。

『悪名の棺 笹川良一伝』 工藤美代子著 幻冬舎

d0004717_7191128.jpg


ちぇりーさん、右翼のドン・黒幕・フィクサーという認識しかなかったのですが、正直、ファンになってしまいました。

宣伝帯には、

  メザシを愛し、風呂の湯は桶の半分まで。贅沢を厭い、徹底した実利思考と天賦の才で財を成すも、福祉事業に邁進し残した財産は借金ばかり。家庭を顧みず、天下国家、世のために奔走。腹心の裏切り行為は素知らぬ顔でやり過ごし、悪口は“有名税”と笑って済ませた。仏壇には、関係した女の名が記された短冊を70以上並べ、終生、色恋に執心した。日本の首領(ドン)の知られざる素顔。

とありましたが、まさにこの通りというか、凄まじいまでの生き様です。

  最後の傑物日本人

という表現がピッタリですね。胆力の塊です。

でも、こんな笹川氏が何故に、悪人のような印象ばかり持たれてしまうのか・・・この本を読むまでちぇりーさんがそうでした・・・

所謂知識人には相当疎んじられていたようで、マスコミを通じたネガティブキャンペーンは、この国の最も腐った暗部を垣間見せてくれます。

以前にもカミングアウトした憶えがありますが、ちぇりーさん30代半ばまで、どちらかというとリベラルというか左翼思想でしたが、不惑の声が近づくと、正しい思想に方向性が変わりました。

もちろん、ノンフィクションとはいえ、鵜呑みにしてはいけませんが、エネルギーに溢れた一人の偉大な日本人の生き様に触れることができる力作だということは間違いないところです。

ちぇりーさん、著者・工藤美代子さんの作品は初体験だったのですが、あとがきにも強い思いが込められていました。

  私は棺の蓋を開け、つたないながらも詰まっていた分厚い悪名の束に手を突っ込んでみた。棺の底から、「世間の方が贋ダイヤみたいなもんやないか」という声が聞こえてきたのは錯覚か。棺の蓋を開けたすべての責任は筆者にある。<p408-409>

実は右翼ではなく正翼というright wingだったことがよくわかります。

切替の早さも、尋常ではありません。

  西に行ったら浜松を境にして東京の女は忘れる。東京へ帰ってきたら、大阪のことはすべて忘れて東京の女に愛情を注ぐんや

ちぇりーさん、まだまだ勉強することがたくさんありますね(笑)。

こんな時代だからこそ、読んでみて欲しい1冊です。

ではでは。

by cherrylayla | 2010-11-04 07:20 | Comments(2)

自動車保険配布スキンパーツ1 みんなのドラッカー

ドラッカー先生、盛り上がってますね!

最新の週刊ダイヤモンドも『みんなのドラッカー』です。

ちぇりーさん、今回購入したのは、大きな理由があります。

はい、師匠のご令嬢が紹介されているんです。

『BOSSの言霊』の読者の多くは、既に知っていることかもしれませんが、まさに『もしドラ』、野球部の女子マネージャーとして8名からなる「チームみなみちゃん」を結成!

120年の歴史を誇る名門野球部に革命的な試みを導入されたんですね。

現在は、受験勉強に全力を注がれているようですが、春にはきっと素晴らしい成果を手にされていることでしょう!

それにしても、お写真で拝見する限り、師匠にそっくりですね!

週刊ダイヤモンドでドラッカー特集といえば、ちぇりーさん、先程オフィスの書棚から10年ほど前に購入したものを取り出してみました。

d0004717_7201211.jpg


『ドラッカーの大預言 日本経済は甦る!』

2001年3月3日号です。

ページをめくってみて気づいたのですが、名著『ネクスト・ソサエティ』を出版される前だったんですね。

いきなり、当時のソニーCEO・出井会長との対談で特集が始まっているところが、時代性を感じさせます。

興味深かったのは、失われた10年を、

  そう断定してしまうのは、まだ早い。爆発的な成長の準備期だったということもありえる。

と、大いなる期待を持って、エールを贈っていただけていたんですね。

残念なことは、せっかくのドラッカー先生の貴重な提言に対し、国を挙げて取り組まなかったため、失われた20年となり、その出口が現在でも視界不良となっていることでしょう。

提言の中で重く受け止めなければいけないのは、

  製造業への依存度を下げろ

というもの。

ちぇりーさん自身、先日もカキコしましたが、”ものづくり大国”という呪縛に囚われ?、産業構造の改革・転換を怠ってきたことは、ご承知の通りですよね。

また、日本には3つの強みがある、と勇気づけていただいていましたが、

  1.急激な変化に適応する能力

  2.日本には学ぶ能力がある

  3.コミュニティを大事にしている

と、これらの強みを自ら放棄してしまったように感じるのは、言い過ぎでしょうか。

誤解を恐れずに言えば、1については、この国難ともいえるタイミングですから封建制も選択肢の一つというくらいの感覚が必要だと思います。

2については、学んでいる人が少なすぎること・・・先日の読売新聞の読書調査でも、一ヶ月に本一冊も読まない人が過半数を超える国になってしまいました。

3についても、実感できることでしょう。

ただ、見方を変えると、元気な人や、元気な企業は、上記の強みを最大限に活かしているんですよね。

ドラッカー先生も記事の中で、、3のコミュニティ、特に企業のコミュニティ性が急速に失われていくのではないか、ということを一番心配している点として語られていましたが、特集のオープニングが出井さんとの対談というのは、ブラックジョークだったのかもしれませんね(爆)。

今週号の『みんなのドラッカー』、お嬢様のページだけで、他は未読ですので、帰宅したら体を休めながら愉しみたいと思います。

ようし、今日でしっかり体調を戻すぞ!

ではでは。

by cherrylayla | 2010-11-03 07:22 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 福谷君やるなあ・・・50年ぶりV決定戦の立て役者

早稲田、まさかの早慶戦連敗。

ドラフト1位指名で浮ついたなんてことは、早慶戦に限ってありえませんが、3投手とも打たれてしまいましたね。

結果、50年ぶりとなる早慶での優勝決定戦へ。

ちぇりーさん、心情的には、プロ入り前の置き土産ということで、3投手の豪華リレーによる早稲田の勝利がドラマチックでいいのかなあ、なんて思ってますが(完全に他人事ですが・・・苦笑)、早慶戦連勝の立て役者である福谷君が中一日で投げるとなれば、ちょっと事情が違ってきます。

というのも、福谷君、ちぇりーさんの母校の後輩なんですよ。

一昨日の同窓会総会でも、その活躍が話題になっていましたが、やっぱりOBとしては嬉しいですし、当たり前のことですが応援してしまいますよね。

ちなみに、その母校というのは、県立横須賀高校というんです。

県立横須賀高校といえば、あの小泉元首相や、ノーベル賞の小柴さんがOBとして有名ですが、こちらは神奈川県立横須賀高校。

ちぇりーさんの母校は、愛知県立横須賀高校です。

ちなみに静岡県立横須賀高校という学校もあるのでややこしいのですが、何れにしろ全国区といえば、神奈川県立横須賀高校になってしまいます(涙)。

そういえば、大学入学初日の自己紹介タイムで、出身校を述べた際、愛知県なのになんで横須賀なんだと、色物扱いされた憶えがありますね(苦笑)。

福谷君の活躍で、母校も少し名前が売れたら嬉しいなあ!

まだ2年生だし、今後の成長が楽しみですね。

3年後の創立90周年には、特別ゲストとして声掛けできるくらいの活躍、期待しましょう!

ちなみに福谷君は理工学部ということで、金曜日まで実験がビッシリ!

試合前日もまともに練習ができないという環境をモノともしない、まさに文武両道を地でいく選手なんだそうです。

理工学部といえば、早稲田ラグビーの和久井選手の活躍が記憶に残っていますが・・・誰も知らないだろうなあ・・・苦笑

ところで、明日はラグビー対抗戦の慶明戦なのですが、今回の優勝決定戦で、すっかり裏番組になってしまいました。

こちらは、母校の奮起を期待したいですね。

その前に自分の体調を戻さないと・・・汗

ではでは!

by cherrylayla | 2010-11-02 07:02 | Comments(0)