自動車保険配布スキンパーツ1 <   2010年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

自動車保険配布スキンパーツ1 やはりグーテンベルクの時代は・・・

なかなか衝撃的なニュースでした。

米アマゾンの過去3ヶ月の米国での電子書籍の販売数量が、ハードカバー本を上回ったそうです。

電子書籍の方が、単価が低いはずですから、売上額として上回るのは先のことだと思いますが、これはホント凄いことだと思います。

日本の新書や文庫にあたるペーパーバックは、カウントされていませんが、ハードカバーも結構重いですから、今後用途によって更に棲み分けが進むことは間違いないところでしょうね。

今後、注意すべき事は、日本においてどんなスピードで変化の波が押し寄せてくるのかということ。

ちぇりーさん自身は、書籍も音楽ソフトも、まだまだモノでないと居心地が悪いのですが、これはアラフォー世代全般に言えることだと感じます。

問題は、今後購買力の中心になってくると思われるアラサー世代の動向。

そして、如何に海外のマーケットに対応するかでしょうね。

偏見かも知れませんが、お隣の大国に向けてのコンテンツならびにソフト販売は、FREEが当たり前とも想定できますので、やはりリアルなモノとの融合が必要になってくるのではと感じます。

リアルなモノといえば、益々中国からの旅行者の増加とともに、お金を落としていただける環境が増えてきます。

これをビジネスチャンスと捉えるか否かは、それぞれの立ち位置、感性に委ねられると思いますが、ちぇりーさんは、チャンスと捉えたいですね。

そのための準備も一歩一歩進めておきたい。

そんなことを考える、今朝のちぇりーさんです。

実は昨日、もっと凄い衝撃的なニュースが飛び込んできたのですが、それは機会があればということで(笑)。

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2010-07-21 07:27 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 ひとつだけ

昨日の海の日、朝食を終え、久しぶりに自宅のPCの前に。

これまた久しぶりに、アッコちゃんの映像を見てみようとyoutubeで検索すると、昨年ご逝去された清志郎さんと一緒に『ひとつだけ』を熱唱されている動画を見つけました。

いやいや、見入ってしまいましたね。

ちぇりーさん、アッコちゃんを追っていたのは10年程前迄で、『Home Girl Journey』以降、CDを購入していませんでしたね・・・・・・というか、音楽ソフト自体、ほとんど購入しなくなってしまいました(涙)。

  けれどもいま気がついたコト。

  とってもたいせつなコト。

  欲しいものはただ一つだけ、あなたの心の白い扉、ひらく鍵♪

  けれどもいま気がついたコト。

  とってもたいせつなコト。

  一番楽しいことは、あなたの口から、あなたの夢、聞くこと♪

  離れている時でも私のコト、忘れないでいて欲しいの!

  ねぇ、お願い♪

  悲しい気分の時も私のコト、すぐに呼び出して欲しいの!

  ねぇ、お願い♪


やはり、名曲だなあ(笑)。

やもりのCD買っちゃおうかなあ・・・笑

でも、ウチの娘、アッコちゃん、気に入らないみたいなんですよね。

あの良さが解らないなんて・・・父として残念すぎる・・・涙

はい、本日もひとつずつ、やりきって、酷暑日を乗り越えていきましょう!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2010-07-20 05:44 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 グーテンベルクの時代は終わったのか

昨日、ちょっと嬉しいニュースが。

以前コネタにしたスイングジャーナル休刊を受けて、スイングジャーナル社(東京都)を退社した同誌のスタッフらが新会社を設立して新しい月刊誌「JAZZ JAPAN」を来月創刊されるそうです。

「ジャズ文化の火を消すわけにはいかない」

というアツイ志を元にスタートされるようですが、この出版不況の中、厳しい船出は間違いないところ。

電子出版も対応されるのかなあ?

さてその電子出版に関し、昨日の日経朝刊の下段広告、「電子書籍の未来を考える」ということで刺激的なタイトルが並んでいましたね。

『電子書籍元年 ・・・ iPad&キンドルで本と出版業界は激変するか?』

『私には出版社はいらない ・・・ キンドル・POD・セルフパブリッシングでベストセラーを作る方法』

『iPad vs. キンドル ・・・ 日本を巻き込む電子書籍戦争の舞台裏』

『ライフスタイル・ワークスタイルが変わる! iPadでできる100のこと』

『夢をかなえるツイッター いいことが起こるつぶやきのコツ』

『iPhone情報整理術』

『Kindleショック ・・・ インタークラウド時代の夜明け』 

『電子書籍の衝撃 ・・・ 本はいかに崩壊し、いかに復活するか?』

『出版の“いま”を知るための一冊 ・・・ 電子書籍と出版』

『iPhone4 Style Book』

『iPad Style Book』

百花繚乱?といった感じですが、ちぇりーさん、上記の中では『電子書籍の衝撃』しか読んでいましたね・・・・・・こちらもコネタにしていましたね。

今回の広告を見て、先日の東京出張の際、聴講した講演を思い出しました。

東京国際ブックフェア基調講演『グーテンベルクの時代は終わったのか』 佐野眞一氏

実は佐野さんの著作は一度も読んだことがなかったのですが、講演内容はなかなか刺激的なものでしたね。
☆→は、ちぇりーさんの気づきです

・出版業界の末端では生活困窮者が激増している
→ ビジネスモデル自体が陳腐化し、耐用年数がリミットを迎えた

・歴史の大きな流れを見ると、電子ブックビジネスもいずれは終焉を迎える
→ 自分が生きている間に何が起こるかを見極めること

・犯罪は読書に似ている・・・読書は映像とは全く異なり、自身に負荷をかける行為である
→ これは一瞬理解に苦しむ表現でしたが、知的刺激度合いが大きいという意味でしょうか?

・電子出版の出現で考えなければいけないのは、紙であろうと電子であろうと手段(viecle)であるということ
→ 中身に魂が込められたいるかが大切

ちぇりーさん、これらのことから、頭の中でスイッチが入ったのは、事業の再定義が必要かもということ。

これまで、情報伝達支援業という切り口で定義し取り組んできましたが、佐野氏の基調講演から、その情報の質を如何に高めることができるかというアプローチが必要ではないかと感じています。

希望を見失わず、魂を入れて取り組める事業を定義し、仕組みを構築すること

グーテンベルクから600年弱。

その本質は変わらないということが確認できツイてる。

だからこそ、出来るだけ早めに、新しく揺るぎないスタイルを確立していきたいですね。

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2010-07-19 06:46 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 アラフォーはつぶやき族

協力会社さんが主催されたビジネス交流会に、先日社員さんと参加してきました。

第一部が勉強会、第二部が懇親会という流れだったのですが、全て社員さん手作りで好感が持てましたね。

約40名の参加者の皆さんの協力もあり、有意義なひとときを過ごすことができました。

第一部の勉強会のテーマは、コミュニケーション。

ちぇりーさんが座ったグループは、斬新な意見が飛び交い新鮮でしたね。

面白かったのは、コミュニケーションの方法論。

電話、手紙、アイコンタクト、ボディタッチ、音、グラフィック等々、いろんな手法が挙げられましたが、ちぇりーさんから「念じる」というアイデアを紹介したところ、皆さんから大いに納得いただき、盛り上がりましたね。

ちぇりーさん、相手の心に届けるには、まず「念じる」ことが大切だと思っています。

盛り上がったといえば、懇親会も激論パートⅡといった趣でした。

会場は和民さんだったのですが、相変わらず混んでましたね。

我々は予約いただいていたのでスムースに入れましたが、入れないお客様が10名以上並んでいました。

そんな懇親会で、マーケティングのプロから教えていただいた情報が、これまた興味深かったんです。

TwitterやiPhone、iPadのユーザーは、アラサー、アラフォー世代が中心というお話。

いやいや、これはなるほどですね。

多くの若者は3Gケータイの世界で完結しちゃっている・・・その通りかもしれません。

PCさえ無縁という方もいるみたいです。

そして一部の優秀な層を除くと、短絡、お手軽な傾向はますます深まるばかりなのかもしれません。

喩が悪いかもしれませんが、ちぇりーさんたちの世代は、女の子に電話をかけるとき、大きな関門がありました。

お父さんが出た場合、お母さん、兄弟が出た場合等、いろんなパターンを想像しながら、しっかり準備をして、心臓バクバクで受話器を握りしめたものですよね。

それが今では、メールあり、ケータイ通話ありと、ホントお手軽です。

調べ事もググって完了。

特に多くの若者はケータイで検索しているので、限定された情報で満足している傾向もあるようです。

その分、時代性に富んだ新しい分野に力を注いでいるなら、有意義なのですが。

そのあたりは検証できていないので、どうなのかな?

ちぇりーさん自身、カキコしながら、効率重視ではなく、もっともっと意義ある無駄な動きにも時間を割かねば。

そんなことを強く感じる日曜日の朝のひとときです。

ようし、お昼までにデスクワークを仕上げて、午後からは読書&昼酒だ~♪

読む前に寝ちゃいそうだなあ・・・汗

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2010-07-18 06:51 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 西暦3200年・・・善く生きること

いやあ、昨日の朝は久しぶりに皿が割れましたね~(爆)!

原因は娘と鬼ママさんとのバトルだったのですが、いつの間にか、ちぇりーさんが真因だということになってしまいました。

う~ん、ママさん得意の他人のせい攻撃なのですが、こうなったら退却もしくは高飛びするしかないですよね。

今朝は何事もなかったように、夫婦で朝ご飯を食べましたが、ホント謎の生き物ですね。

今回も勉強になりました(苦笑)!

さて勉強といえば、少し古い話なのですが、先日の母校校友会総会で蟹瀬誠一学部長からおうかがいしたお話し。

西暦3200年、今から約1200年後、日本の人口は1人になってしまそうです。

ちぇりーさん、初耳でしたが、ググると結構ヒットしますねえ。

ちぇりーさん一家は、一人娘の3人家族のため、この人口減少に加担しているわけですが、正直、今から二人目というのはちょっとあり得ません・・・

日本の未来の足を引っ張っている自覚はあまりありませんが、こればっかりはどうしようもないですよね・・・汗

そんな中、昨日、訃報が・・・

後輩の奥さんがお亡くなりになられたようで。

享年37歳・・・早すぎますよね。

個人的な付き合いもなく、生憎所要もあったため、香典の立て替えをお願いしようと、弔問される方に連絡を取ってみると、なんとそのご家族も先日大手術をされていたことが判明!

幸い術後の経過は良好のようで、一安心していますが、ホント何が起こるかわかりませんよね。

ちぇりーさん、来週は年に一度の健康診断ですので、しっかり診ていただいて、特に今回は昨年のドクターのアドバイス通り、バリウムではなく、最初から胃カメラに挑戦しようと思っています。

それなりに節制はしているつもりですが、加齢を考慮すると、まだまだ実践具合が足りないかも?

まあ今更ジタバタしてもどうしようもありませんので、自然体で臨もうと思っています。

何れにしろ、人間は必ず死ぬというのは自明の理。

何時お迎えが来ようとも悔いはない、なんて心境にはまだまだなれませんが(修行が足りない証拠ですね)、一日一日をしっかりやりきって、積み重ねていきたいものです。

  一番大切なことは単に生きることそのことではなくて、善く生きることである

哲人ソクラテスの言葉を胸に刻みながら、そんなことを考える今朝のちぇりーさんです。

その本日は、ショールームで、自身初の試みであるVIP社長さんとのジョイントセミナー!

お相手は、この方です(笑)!

う~ん、今からどんな展開になるやら、楽しみですねえ。

本日も長丁場ですが、その分たくさんのすてきなご縁に恵まれますように!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2010-07-17 09:03 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 天災は忘れた頃に

とうとう、この地方でも豪雨の被害が出てしまいました。

昨日夕方、出先から帰社しようと名鉄名古屋駅に向かうと、改札前に人だかりが。

雨のため、一部区間で運休状況でしたね。

確かに報道で確認したとおり、あんな状況ではまともに運行できないでしょう。

10年前の東海豪雨が頭を過ぎります。

あの時は、ちぇりーさんのオフィスも床上浸水の被災、社員さんの車も水没してしまったりと、大変な状況でした。

予報では、明日からはいきなり灼熱の太陽が大活躍されるようです。

自然には勝てないと、達観した上で、それでも備えを怠らない姿勢が必要ですね。

これは、天災に限らず、プライベートでも、ビジネスでも同じ構図かもしれません。

被災地の早い復旧お祈り申し上げます。

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2010-07-16 06:49 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 政務調査費で官能小説を読もう!

昨日に続き、本日も早朝ウォーキングをしてきました。

この梅雨空の中、何故か2日続けてポッカリと雨が上がったんですねえ。

まるで、ちぇりーさんに、有言実行を背中から押してくれているような感じです。

ツイてる!

2日続けてといえば、本日から娘が職場体験ということで、学校近くのスーパーで明日までお世話になるそうです。

ちゃんと務まるのか解りませんが、何か一つでも気づきを得て、善い習慣を生活に採り入れてくれると有意義ですよね。

一方でお世辞にも善い行動といえないのが、少し古いこちらのニュース。

福岡県の複数の県議さんが、政務調査費で官能小説を購入していたとのこと。

記憶にないという釈明は、面白味がありませんので、もう少し捻り出して欲しかったですねえ(笑)。

それにしても、こういうネタ好きですねえ。

人間らしくて、もとい、オヤジらしくて微笑ましいではないですか!

官能小説といえば、ちぇりーさん、その昔、高校時代から東京時代あたりにお世話になりましたね。

フランス書院、グリーンドア文庫等々、しっかり楽しませていただきました。

先日のつかこうへいさんのコネタを振り返っても、方向性は別にして、なんだかんだで昔から活字には親しんでいたんですねえ。

意識して読書量を増やしたのは、師匠と邂逅してからですが・・・笑

しかしながら、今年はホント読書量が落ちています。

今月も半分過ぎて、新書3冊だけという体たらく(涙)。

ここは、リハビリも兼ねて、久しぶりに官能小説でも買って、改めて読書の時間を意識して確保するように取り組んでみようかな。

そうだ、確かリビングの書棚に川端康成の『眠れる美女』があったはずだ!

うん、再読してみましょう!

本日は好みのジャンルでスタートでき、自然とテンションが高まる、朝のちぇりーさんです。

週末には梅雨明けの可能性も!

蒸し暑さを吹っ飛ばして、張り切っていきましょう!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2010-07-15 06:51 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 40を過ぎたら合わないことはしないこと

それにしても、今年の梅雨はよく降りますね。

九州地方は、このところ毎年のように豪雨の被害に襲われていますが、今年は全国規模でゲリラ豪雨が発生しています。

今、オフィスの外も激しい雨がアスファルトを打ち付けています。

本日は、午前中から車でプチ遠征ですから、少し収まってほしいものですね。

そんな今朝は、起床後、外を見るとツイてることに、雨が止んでいたので、ウォーキングをしてきました。

約30分、速歩で一汗かくというのは、ホント気持ち良いですね。

帰宅するとすぐさま雨が強く降り出してきたので、超ラッキーでした。

思いたったら直ぐ行動で、得した気分(笑)。

引き続き楽しみながら、一日を仕上げていきたいものです。

先日コネタにした栢野さん、早速コメントもいただきましたが、人生の目標を変人として生き抜く、なんて志を強く持ち合わせていないと、ちぇりーさんあたりは中途半端のまま終わってしまいます。

栢野さんは十分変人を貫かれていると思われますが・・・爆

そうそう、もう一つ思い出しました。

  40を過ぎたら合わないことはしないこと

この言葉の意味がようやくわかってきたような気がしています。
☆栢野さん、ありがとうございます!

本日もご縁を大切に、そして元気を発信していきましょう!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2010-07-14 06:54 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 つかこうへいさん、ご逝去・・・青春の1ページ

それにしても、壮絶な試合でしたね。

昨日早朝のワールドカップ決勝戦。

ちぇりーさん不覚にも、目覚ましをかけずに寝てしまい、前半途中からのTV観戦でしたが、当たりというか潰しが早くて、見ている方が痛々しく感じるほどのボディコンタクトでしたね。

マン・オブ・ザ・マッチは、決勝ゴールのイニエスタ選手でしたが、GKのカシージャス選手のプレーも同等以上の価値があったのではないでしょうか。

とにかく、日本代表の躍進もあり、今回のワールドカップは本当に楽しませていただきました。

決勝ゴールを仕留めた後、イニエスタ選手が、ジャージを脱いで、文字が記された白地のアンダーシャツを見せながら走り回っていましたが、亡き友に捧げるメッセージだったという話は涙をそそりますよね。

とにかく、スペインの華麗なパスサッカーが栄冠に輝いたという結果は、喜ばしいことです。

さて、亡きといえば、ちぇりーさんにとって、思い出深い方がご逝去されました。

つかこうへいさんです。

ちぇりーさん、読書といえば、その昔(中学1年生頃まで)は推理小説、特に横溝正史シリーズや、星新一のようなショートショート(小学校の担任の影響)くらいしか手に取っていませんでした。

そんな中、2年生に進級する頃でしょうか。

当時、地元ドラゴンズファンだったちぇりーさんに、挑戦的なタイトルが目に飛び込んできました。

  『ジャイアンツは負けない』

衝動的に書店の書棚から文庫本(確か角川文庫)を手にとってみると、何やら面白そうな雰囲気が・・・この辺の記憶もかなり怪しい(半分創作か?)

そこからドハマリでしたね。

薄らいだ記憶で恐縮ですが、中学2年生当時(3年生だったかも・・・汗)、その読書感想文が国語の教科担任の目にとまり、全校生徒の前で、体育館にてその感想文を朗読した思い出もあります。

その後は、たくさんのつか作品を読み漁ったのですが、天の邪鬼のちぇりーさん、あの有名な『蒲田行進曲』が映画化されたタイミングで、急に熱が冷めてしまいました。

何だか自分の宝物が、他人の手に渡ってしまったようで、拗ねてしまったんでしょうね(この頃からチッセー人間だったんですね・・・汗)。

でも、今回改めて訃報に触れ、つか作品からはいろんなことを教えていただいたように感じ、朧気ながら読了した内容が走馬燈のように駆け巡っていきました。

『小説熱海殺人事件』、『初級革命講座飛龍伝』、『あえてブス殺しの汚名をきて』、『戦争で死ねなかったお父さんのために』、『いつも心に太陽を』なんてタイトルを憶えています。

特に『いつも心に太陽を』なんか、思春期のいたいけな青少年にとっては、なかなか刺激的でしたね。

ただ残念なことに、ちぇりーさん、随分前に、これらの本をブックオフで処分してしまったような憶えが・・・記憶違いで実家の書棚に眠っているといいんですが・・・

映画『蒲田行進曲』ブームが落ち着いてから、また読み始めたのは学生時代でしたが、実はちぇりーさん、つかさんのお芝居は一度も観たことがないんです。

振り返ると、なんとまあ中途半端なファンだったのかと思いますが、その分?、感慨深いモノがあります。
☆当時のいろんな思い出、特に甘酸っぱい思い出が蘇ってきますね。

『広島に原爆を落とす日』、『長島茂雄殺人事件』、『スター誕生』、『弟よ』なんていうタイトルも楽しませていただいた憶えがありますね。

ホント青春時代だったなあ。この辺は吉祥寺・サンロードのルーエさんあたりで購入したものでしょうね(懐)。

そして社会人になってから感銘を受けたのが、『娘に語る祖国』三部作。

これは、まだ実家の書棚にあったような憶えが・・・

その娘さんも宝塚の娘役トップなんですね。

それにしても、62歳・・・早過ぎますね・・・ちぇりーさん、肺ガンを患われていたことも知りませんでした。

ちぇりーさんの青春時代の1ページが、またひとつ終わりを告げた。

そんな感覚を憶える2010年の梅雨ですね。

合掌!
[PR]

by cherrylayla | 2010-07-13 07:03 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 イニエスタ、セニョール♪

イニエスタ、セニョール♪

いやいや、タコのパウル君の予想通り、スペインが勝ちましたねえ。

一方で、民主党の惨敗・・・

マスコミに乗せられた結果というのは正確でないかもしれませんが、政局重視で、ますますあるべき改革が遠のいていくように感じてしまいます。

救いは、投票率がワールドカップの視聴率を越えたこと?

それでも60%を割り込んでいるようですから、そもそも国民もやる気なし・・・

投票しなかったらイエローカードで、累積2枚で次の選挙は選挙権なし、なんてルールを導入しては如何でしょうか。

いや、ホント!

竹田陽一先生と栢野さんのジョイントセミナーから、栢野さんがつぶやかれていた一言を自分にも向けてみます。

  真剣に、人生に克ちたいならサッカーなんか見ない。そんな暇あれば勉強と働くこと。趣味や親戚づきあいや同窓会も捨てる!

極端ですねえ。

追加で転載・・・苦笑

  明日は選挙?知らなかった。時間の無駄。いつも通り行かないが。誰かに期待する姿勢に嫌悪感。国や景気は関係ない。

  狂わねば。狂ってることも気づかぬくらい。夢中。他人や役立ち社会貢献なども捨てて。

  人生は守破離守破離の繰り返しだ。偉大なるワンパターン。諸行無常の有恒なのだ

しかしながら、必要な考えかも知れません。

そんなことを思いながら、新しい週がスタート!

雨が続くようですが、心は晴れやかにいきましょう!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2010-07-12 06:58 | Comments(2)