人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 「戦う組織」の作り方

約1年ぶりでした。

美樹様の新刊

d0004717_7555663.jpg


『「戦う組織」の作り方』 PHPビジネス新書

新書で、ボリュームも180ページ弱でしたから、アッという間に読了してしまいました。
☆おっと、ブログのトップ画像は、久しく「戦わない経営」のままですね・・・何だか矛盾を孕んでいるような・・・汗

いや、ボリュームだけでなく、基本的に美樹様は一貫されていますので、ファンなら著書等を通じて既に知らされていることが中心です。

だからといって、新刊に価値がないという訳ではなく、その時点での自身の成長具合を試されていることに気づく、リトマス試験紙のような存在なんです。

もちろん、美樹様も日々進化されていますので、新しい気づきもあったりします。

この度の新刊は、代表権は持たれてはいますが、社長を退き会長に就任されたタイミングでの出版です。

そんな立場からのリーダーシップ論も展開されています。

チェックマークを付けた内容を紹介すると、

  誰だって自分がかわいいし、私も同じだ。私が人々の笑顔を得たいと思うのは、自分にとってそほうが生理的に気持ちがいいから。だから「利他」ではなく「利己」なのだ「利他」の気持ちを持つことは立派なことかもしれないが、それでは事業としては決して成功しない。そうすれば、その他人だって幸せにはなれない。<p42>

いやあ、先日の伊那フォーラムの流れとはかなり異なった見方ですよね(苦笑)。

  今必要な人間が、5年後、10年後にも必要であるかどうかは誰にもわからない。だから「組織は人を食いながら成長していく」のである。<p51>

  トップは常に戦場の最前線、120%の力を発揮しなくては勝てない場所で戦わなければならないのだ。<p64-p65>

  もし追い込まれたときに逃げてしまうような人間なら、残念ながらリーダー失格だ。戦う組織を率いることはできない。・・・・・・だから、リーダー候補の人間には、その人のキャパシティを超える課題を与えることによって、追い込みながら育てていくことが大切なのだ。<p74-p75>

  ワタミで行っている理念研修会では、質問タイムが設けられている。このときに一番最初に手を挙げて元気よく質問するタイプは、私の経験からいって、意外とその後伸び悩むものだ。<p78>

  育つ環境を整える上でまず最初にやるべきことは、新入社員や若手社員にビジネスや会社のルールをしっかりと教えることだ。スポーツと同じで、基本的な規則やマナーを知らない人間は、仕事に参加する資格はない。<p100>

 部下を叱るときには、自分の感情をコントロールできていることが条件となる。本当は言いたくないのだが、部下のためを思って心の中で涙を流しながら叱る上司を、私は否定しない。しかし、自分の感情をコントロールできない状態では、本人としては部下のためを思って強く叱ったつもりでも、怒りを部下にぶつけただけ、と取られてしまっても仕方がない。・・・・・・私は部下には、「叱られたりほめられたりする権利がある」と考えている。<p126>

  「ありがとう」をたくさん集める会社になるためには、社員自身が幸せでなくてはいけない。・・・・・・一人ひとりの社員が心穏やかであること。一人ひとりの社員が働く喜びを感じていること。これなくして、ありがとうを集める集団にはなれない。・・・・・・そのためには、リーダーは「仕事における幸せとは何か」をしっかりと考える必要がある。<p160>

  夢は誰かとの競走に勝つためではなく、自分の思いを叶えるために持つものだ。<p167>

  前にもちょっとお話ししたが、私は毎晩、帰宅すると必ず日記をつけている。また、父と母と祖母の位牌が並んでいる仏間に入って、その日一日を振り返るようにしている。日記をつけることと、仏間に入って一日を振り返る中で、不安や悩み事を整理して、どのような対策を講じればいいのか、その日の夜のうちに答えを出すわけだ。<p170>

  ちょうど派遣切りが社会問題となっていたとき、私は100人ほどの幹部社員を集めた場で、「今後もし経営状態が悪化することがあったとしても、ワタミは絶対に人を切らない」という宣言をした。・・・・・・私は「人は経営資源ではない」と思っている。・・・・・・しかし人は経営資源ではなく、会社そのものである。会社と従業員は、同体だと私は思っている。売上や利益を確保するための手段として、買ったり売ったり、捨てたり拾ったりするものではないのだ。<p174-p175>

いつもながらの美樹様節炸裂!

皆さんはどのように感じられるか解りませんが、ちぇりーさん、一流の優しさに溢れていると感じました。

もちろん取り入れるには向き不向きがあることも事実。

しっかり自身を見極めて前進ですね。

久しぶりにワタミに行きたくなったなあ。

どなたかお付き合いしてもらえますか(苦笑)?

ではでは。

by cherrylayla | 2009-07-03 07:56 | Comments(0)

<< 思考の三原則 桃源郷 >>