人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 可視化

可視化

冤罪による17年間の服役という事実。

重いですね。

検察が非を認めるということは、この国のシステムにもまだ良心が残されている表れなのでしょうか。

しかしながら、今回の一件、氷山の一角と疑わざるを得ません。

変わらない事実は、真犯人がいるということと、遺族の心の痛みは残されたままということ。

やりきれませんね。

やりきれないといえば、麻生首相が可視化に否定的という報道も見られますが、何だかマスコミの誘導という空気もありあちとして、嫌な感じですね。

良心のかけらも感じられないというのは言い過ぎでしょうか。

ところで“可視化”といえば、似たような(字面だけでいえば同義語?)言葉に“見える化”という言葉がありますね。

でも、何だかニュアンスが異なります。

Visualizationというと、もっと皮膚感覚が違ってきますね。

言霊の重さを改めて感じる朝のちぇりーさんです。

伝えるべき相手に、伝えるべき時に、ベストな表現を。

本日も実践ですね。

ではでは!

by cherrylayla | 2009-06-05 05:09

<< 本日公開!『ハゲタカ』 日本一の先生・・・子どものため... >>