人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 酩酊 or 脳梗塞?

一昔前は、ほぼ毎日摂取していたアルコール。

4年ほど前から生活習慣を見直すことに心がけ、その一環として意識的に休肝日を設けようにしてきましたが、健康診断の各種数値は全て正常範囲をキープできている一方で、めっきりお酒には弱くなったちぇりーさん。

もちろん加齢という要素もあると思いますが、ピーク時の4分の1くらいの酒量に落ち付いているのではないでしょうか?

バカ飲みできていた頃(20年近く前ですね)は、とりあえずのビールの後は、タコスをつまみに安いテキーラ1本飲んで、締めはカラオケスナックで水割り、なんてパターンもしばしばでした。

もちろん二日酔いにも悩まされたりしましたが(自業自得)、夕方には臨戦態勢に回復していましたね。

社会人になりたての頃は、バブル景気もあり、10時まで仕事して、毎日午前様で飲んだくれていましたので(基本的に上司とのノミニケーションでしたね)、身体も麻痺していたかもしれません。

高い授業料(お金と時間)を費やしましたが、そのプロセスの中でたくさんのことを学ぶことができ、時代性も考慮すると、それなりに有意義なことだったと今では納得しています。

時代という意味では、道交法の改正の影響もあるのか、若者が飲まなくなったように感じますね。

一方で、まだまだ大トラを演じてしまう年配層も根強く残っていることも事実。

そんなことを改めて感じたのが、昨日目が点になってしまった、某財務大臣の記者会見。

一瞬、少子化担当大臣の御尊父様の姿がオーバーラップしましたが、今回は脳梗塞というより酩酊だったのではないでしょうか?

呂律が回ってませんでしたし、目が完全にいっちゃってましたよね。

ローマということでしたので、フラスカティかグラッパでも飲み過ぎたのでしょうか・・・
☆以前から、かなりの酒豪とは耳にしていましたが

でも、税金使って参加されているんですよね・・・

極度の体調不良も言い訳には・・・

とにかく真因はわかりませんが、あのコンディションで秘書とかは止めなかったのでしょうか?

危機意識が全くないと言われても仕方ありませんよね。

政治内幕のことはよくわかりませんが、まともなTOPの判断なら、速攻で休養を取らせるか、更迭でしょう。

それにしても、あの映像、冗談かと思いました。

youtubeで見たサーカシビリ大統領のネクタイむしゃむしゃ映像にもびっくりしましたが、衝撃度はその上をいきますね。

本日、どんな対応をされるのか、危機管理の参考事例として注目してみたいと思います。

先日の元首相の訳のわからない行動もそうですが、もう末期を通り越していますね。

それでも続けることに、どんな意味があるのか?

そういう意味では、志なき事業も続ける必然性がないということを戒めの言葉として。

お~、何だかんだで気づきがあるものです。

週末の初夏の陽気も、今日から一気に真冬に戻るようです。

これも変化に対応ということで用心していきましょう!

ではでは。

by cherrylayla | 2009-02-16 04:40 | Comments(0)

<< シナジー効果 ママは、あなたの追っかけです。 >>