人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 読書と早起き・・・町工場の島耕作

凄い熱気でした!

昨日、娘の受験最終日ということで、東海地区最難関と言われる某女子校まで引率したのですが、前回の他校とは状況が全く違います・・・

Mゼミ、K塾、Nセミナー、H学園、N研・・・

各塾の先生方、それぞれ揃いのスタヂアム・コートを纏って、人垣をつくっていましたね。

d0004717_531829.jpg


娘も2年間お世話になったM研・O先生とがっちり固い握手をして、試験会場に!

確かにこの学校に何名合格したかで、その塾の資質を問われますので、各塾のメンツがかかっていますよね。

保護者の待合室は体育館ということでしたが、パイプイスに5時間弱も座っているのは厳しいなあと思い、ちぇりーさん、娘を見送ると、近くのマクドナルドへ待避。

基本的にマクドナルドで食事は摂らないと決めているちぇりーさん(苦笑)、携帯クーポンかざして、プレミアムローストコーヒーをワンコインで調達。

予定通り、久しぶりの読書タイムに入りました。

実は、ちぇりーさん2月に入ってから1冊しか読了できていないんです・・・

昨年の反省を踏まえて、今年は意識して読書量を増やそうと意気込んだ1月は15冊(少し気張りましたね・・・苦笑)読了したのですが、その反動でしょうか。

しかも、多読したその1月もほとんどビジネス本は読まず仕舞。
☆お正月に読んだ加賀屋さんの新刊だけでした・・・他は、人生論、自己啓発、時勢系、趣味系、雑学系といったところでしたね。

せっかくじっくり読書の時間を確保できたということで、昨日はビジネス本を4冊持ち込んでみました。

実質4時間ほどでしたので、3冊読了したところでタイムアップ!

久しぶりでしたので、結構疲れましたね。
☆安岡先生の言葉が重く響きますね・・・
 → ”読書して疲れているようではまだ本当ではない。
    疲れた時読書して救われるようにならねばならぬ”


ご紹介させていただくと、

1冊目は、先日師匠からメールでご紹介いただき、早速手配をかけ前日に届けていただいた一品です。

『経常利益率35%超を37年間続ける町工場 強さの理由』 梅原勝彦著 日本実業出版社

株式会社エーワン精密の創業者である梅原さんの著作です。

何でも師匠も、あの大久保寛司さんから紹介されるまで知らなかったという、知る人ぞ知る優良企業なんですね。

そして、会社のHPを拝見すると、希望者には梅原さんの対談CDとDVDをプレゼントということで、ガメツイちぇりーさん、駄目元で申し込むと、驚きのレスポンスで届けていただきました。

著書の中でも、強みの一つに比類無き短納期対応が紹介されていましたが、製品だけでなく、まさにその姿勢が一貫されていると感じましたね。

CDも車中で聴いていましたが、確かに凄い経営者だなあと、納得してしまいました。

  自分はこれをやる、やってみせるのだという強い志があれば、必ず道は拓ける・・・・・・志の前に、お金はそれほど大きな障害ではありません・・・・・・とくに経営者はなによりもまず、本気で夢を語れるロマンチストであるべきであると私は思います。<p53>

  ドラッカーの本を読んだって、町工場が利益を出すためにはこうしなさいなんていうことはひとことも書いてないのです。<p81>

  世襲というのは、どこかで必ず行き詰まります。・・・・・・私には子どもが三人いますが、会社を継がせるどころか、誰ひとり、エーワン精密に入社すらさせませんでした。・・・・・・<p87>

  ・・・・・・チェックなどしなくても、製品に対するクレームや苦情などまずないので、何の問題もありません。・・・・・・どこよりも時間を大切にする会社なのです。<p99>

  大切なのは、「これは自分の会社なのだ」という意識を、社員一人ひとりがもっているということです。そして、会社に、社員を大事にするという気持ちがなければ、社員は絶対にそういう気持ちにはなりません。<p104>

  私にいわせれば、責任の所在がどうのこうのいうこと自体おかしい。もっといえば、責任なんて誰もとる必要はない。仕事上の責任は会社がとればいいのです。<p122>

  ・・・・・・会議らしい会議なんて、年間30分もない。朝礼もなければ、年頭の社長挨拶もありません。<p124>

  当社では賞与のことを、利益配分金という言い方をしています。・・・・・・いくらもらえるかが事前にわかるという特徴があります。<p131>

  不況というのは、次の好況の準備をする絶好のチャンスだということを覚えておいてください。<p134>

  ・・・・・・私は冗談ではなく、社員には、「会社の外で私に会っても挨拶なんかしなくていい。そっぽを向いていなさい」ときつく命じてきたのです。もちろん、社員が自宅に電話をかけてくることも禁止。・・・・・・妻は会社といっさい関係ないので、私が話をしなければ、会社のことは彼女にはまったくわかりません。・・・・・・家には会社の空気を微塵も持ち込まないと自分にけじめをつけていたからこそ、家庭が私にとって、安らげる場所になり得たのです。<p137-138>

  それが成功するか失敗するかは、やってみなければわかりません。しかし、ひとつだけたしかなことがあります。それは、人生は一度きりだということです。<p146>

  生活をしていくために、お金は絶対に必要です。でも、人より余計にお金をもったところで、あまり意味はありません。お金をもらったら不幸になるとはいいませんが、たくさんお金があれば幸せになれるというものでもないのです。<p152>

  ・・・・・・少しでも教養がある人は、この世界には損得勘定以外にもさまざまな考え方があることを知っているし、実際に、いろいろなものに触れて頭の中にさまざまな回路ができているので、困難に直面しても、柔軟な対応で乗り切ることができるのです。<p159>

  人間を成長させるのに一番効果的なのは、優れた人や尊敬できる人にたくさん出会うことでしょう。しかし、人と人との出会いというのは運もありますし、自分の人生を振り返っても、何百人もの人に会って教えを乞うなどということはまず難しい。だから、本を読むのです。・・・・・・実は、私も若いころは、あまり本を読んでいませんでした。ところが、あるとき致知出版社の社長である藤尾秀昭さんの講演を聞いて、本を読んでみようという気になったのです。・・・・・・私は本を読まずにきたそれまでの時間が悔しくてたまりませんでした。・・・・・・一年間でせいぜい200冊くらいしか読めません。・・・・・・漫画だって読みますよ。『島耕作』シリーズはお気に入りのひとつです。・・・・・・どうも私には島耕作のほうが合っているようです。<p161-163>

  ちなみに、私が読書をするのは朝、それも早朝と決めています。私は典型的な朝型人間なので、起床は毎朝三時。それから三時間ほど本を読みます。・・・・・・それに、早朝だと周囲は静かで邪魔も入らないから、集中を乱されることもありません。なにより朝の静謐な空気には気が満ち満ちている。それゆえ、朝は健康的な思考ができるのです。・・・・・・本を読み、考えごとをし、琴を弾いて心を落ち着ける。長年にわたって、経営者としての激務に耐えてこられたのは、この朝の時間を大事にしてきたからなんだと、いま私はあらためて思っています。<p163-165>

  「財を残すは下、業を残すは中、人を残すは上」誰がいったのか忘れましたが、いい言葉だと思いませんか。<p192>

いやあ、マーキングしたところだけでも、こんなに気づきがあったんですねえ。

感謝、感謝です。

詰まるところ、非常識な高収益は、常識的な思考や行動では生まれないということですね。

ドラッカー先生の件は方便としても、世襲、家庭、死生観、お金、読書と早起きについては、ちぇりーさんも全く同感です!

大きな違いは、事業観と実行力だと、痛切に感じました・・・アイタタ・・・

この後、読んだ2冊も◎でしたから、明日以降、必ず紹介させていただきますね!

ちなみにタイトルだけ紹介すると、

『やればできる ―― 人生のレッスン ――』
リチャード・ブランソン著 嘉山由美子訳 トランスワールドジャパン

『知の巨人ドラッカーに学ぶ 21世紀型企業経営』 一条真也著 ゴマブックス

です。

実は、2冊ともブックオフでゲットしたモノですが、あたりでしたね~(笑)。
☆梅原さんの著作もいただきものですし・・・汗

特に後者は2年以上探していましたので、ツイてる!
☆アマゾンでは、定価以上で出品されています。

そんな幸せな読書タイムを終え、娘を迎えに行くとぐったりした姿で還ってきました。

帰りにターミナル駅で、元気づけのランチタイム。

ママ抜きのランチも楽しいね!と二人で妙に納得していました(苦笑)。

食後に、手芸屋さんを覗いたり、本屋さんに寄ったりと、これまで我慢してきたこともようやく解禁ですね。

本屋さんでは、この本が読みたいとリクエスト。

早速帰りの電車で読み始めていました。
☆ちぇりーさんも読んでみようかな。娘は晩ご飯までには読み終わっていたようです(余程面白かったんでしょうね・・・笑)。

気づけば、本日から週末に向けても、おかげさまで充実したスケジュール(少々過密気味だなあ・・・苦笑)!

一つひとつ積み上げて、結果を残していきましょう!

ではでは。

by cherrylayla | 2009-02-12 05:38 | Comments(0)

<< 笑っちゃう 最終戦 >>