人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 『信念』の人・・・松陰神社

いやあ、びっくりしました。

一昨日おうかがいしたお客様のY社長さんとの面談での出来事。

WEBサイトのリニューアル案件でおうかがいしたのですが、その際にいきなり、ちぇりーさんに見せたいモノがあるんですよ、と切り出されました。

そのモノとは、フランクリン手帳、しかもクラシックサイズなんです。

月初におうかがいした際、手帳の活用法について意見交換させていただき、ちぇりーさんクラシックサイズの使いやすさについて語っていたのですが、その話に触発され、購入されたとのことでした。

いやあ、こういうのって嬉しいですね。

何でも5年ほど前にコンパクトサイズを利用されていたそうなんですが、その後は他の手帳に浮気されていたそうなんです。

今回、同じ10月スタートということのようですが、同じツールを活用する仲間としても、今後お互い良い刺激を与え合うことができるとすてきですね。

WEB案件も方向性が固まり、いろんな話題に話が展開する中、Y社長さんから、おもむろにご自身の机のデスクマットの下から取り出し、ご紹介いただいたのが、下記の言葉。


『信念』

もし、あなたが負けると考えるなら、あなたは負ける。
もし、あなたがもう駄目だと考えるなら、あなたは駄目になる。
もし、あなたが勝ちたいと思う心の片隅で、無理だと考えるなら、あなたは絶対勝てない。
もし、あなたが失敗すると考えるなら、あなたは失敗する。
世の中を見てみろ、最後まで成功を願い続けた人だけが成功しているではないか。
すべては、「人の心」が決めるのだ。
もし、あなたが勝てると考えるなら、あなたは勝つ。
向上したい、自信を持ちたいと、もしあなたが願うなら、あなたはその通りの人になる。
強い人が勝つとも限らない。
すばしこい人が勝つとも限らない。
私はできる、そう考えている人が結局は勝つのだ。

ナポレオン・ヒル


注意書きとして、

  人生において、成功したいと強く願う人は、折に触れて、この詩を、繰り返し、お読み下さい。

と記されています。

ちぇりーさん、一目見ておやっ?

これ、その前日にお世話になっている大橋社長さんからいただいたFAXメッセージと同じじゃないですか!

表現は若干異なるのですが、言ってることは全く同じ。

『Yes, I Can.』

できると思う心のどこかに
無理かもしれないと思う心があると
次から次に無理が出てくる。
負けるかもしれないと思う心があると
そこであなたは負ける。
もうダメかなと思う心があると
そこからあなたはダメになる。
失敗しそうだなと思う心があると
あなたは確かに失敗する。

成功している人を見なさい。
最後まで成功を願い続けた人だけが
成功しているではないか。
そう、すべては「あなたの心」次第なのだ。

さあ、やってみよう!
強い人が勝つとは限らない。
すばやい人が勝つとは限らない。
要領や頭がいいだけでも勝てない。

Yes, I Can.
「私はできる」そう信じている人が
結局は勝つのだ!!


『信念』が元なのか、『Yes, I Can.』が先なのか、それともオリジナルは別にあるのか解りませんが、同じ経営者という立場の人間が一緒にいると、こういうことが実は頻繁に起こるんですよね。

この点でも、Y社長と意識を共有することができ、ツイてる!

これも、お世話になっている大橋社長さんをはじめ、ご縁をいただいた方から届けられるすてきな計らいなのかもしれませんね。

ありがとうございます(笑)!

さて、『信念』といえば、その『信念』を貫いた維新の陰の立て役者、吉田松陰先生。

今回、萩市にある松陰神社への訪問が、ちぇりーさん的には初日のメインイベントでしたね。

ちぇりーさん、今回訪問が決まるまで知らなかったのですが、松陰神社は世田谷にもあるんですね。

東京に約10年住んでいながら、その存在すら知りませんでした・・・汗

興味がないというのは、ホント悲しいことですね(涙)・・・振り返るとそんなことばかり・・・10年以上前に仕事で松江に足を運んだことがあるのですが、出雲大社まで足を延ばすのは訳ないことなのに、当時は全く関心が無く・・・今から考えるとホントもったいないですねえ・・・

ちなみに、東京の松陰神社は松陰先生のお墓もあるということで、ご神体という意味では亡骸になるとおもうのですが、萩の松陰神社のご神体は、松陰先生が使われていた硯なんだそうです。

ご神体としては、世田谷の方が有り難みがありそうですが、萩の方は目玉がこれです。

境内の中には、あの松下村塾が!

d0004717_824839.jpg


これが松下村塾の全景です。

d0004717_831187.jpg


立派な看板もありました。

d0004717_833739.jpg


講義室は何と8畳間!

他にも幽囚されていた杉家もありましたね。

この松下村塾で学んだ門下生の面々については、是非こちらをご一読ください。

  世に棲む人々 全4巻 司馬遼太郎 文春文庫

d0004717_85069.jpg


松陰神社では、娘のお土産にと、小学生向けの『松陰読本』を購入!

いや、その内容はなかなか読み応えがありますよ。

松陰神社を後にすると、本日最後の立ち寄り先は、青海島遊覧船観光。

d0004717_86041.jpg


あいにくコンディションが若干悪く、短縮(大島観光)コースになってしまいましたが、そのスケールの大きさを垣間見ることができました。

d0004717_861654.jpg


港で発見したのは、チョンマゲビール・・・惜しくも味わうチャンスを逃してしまいました・・・残念

港から宿へは10分弱の道のりということで、ハードな初日も無事終了。

翌日はもっとハードな移動が待っていますので、ちぇりーさん宴会後はバタンキューでした・・・苦笑

更に充実の二日目については、明日以降に!

ではでは。

by cherrylayla | 2008-10-30 05:44

<< 長府の光と陰 恨むことは無駄遣い >>