人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 播磨屋!

よく振りましたねえ。

春の大雨。

予報では本日も一日雨降りとのこと。

昨日のカキコの通り、うまく体をコントロールして週後半を乗り切らねば!

さて、そんな体調がいまひとつ優れない中でしたが、初体験してきました。

歌舞伎の観劇です。

取引先であるデザイン会社の社長さんから譲っていただいた御園座の招待券。

午後、早めに仕事を切り上げ、16時からの夜の講演に足を運びました。

出演は、播磨屋・中村吉右衛門、京屋中村芝雀、高麗屋市川染五郎、等々。

3本立てで、2回の幕間を入れて4時間15分の長丁場は、腰に負担がありましたが、見応え十分でしたね。
☆解説イヤホンを借りての観劇でしたが、必需品ですね。

おもしろかったのは、観客席から飛び出る屋号を呼ぶ掛け声。

きっと専門のスタッフの方が、いらっしゃるんですね(苦笑)。

素人の方の掛け声との違いが、よ~くわかりました。

それと、役者さんが美しいですね。

2階席からもその立ち振る舞いから、伝わるものがありました。

ところで、お客様の入りは、7分程度といったところでしたが、年齢層が凄いですね。

ちぇりーさんが最年少レベルでしょう(苦笑)。

伝統芸能は、以前縁あって 狂言を2度ほど観劇したことがありましたが、むしろそちらのほうが幅広い客層だったような気がします。

歌舞伎座あたりは、学生さんとか結構見に来ているという話も耳にしたことがありますので、日本が誇る伝統芸能、しっかり守っていただきたいと感じました。

ちぇりーさんも事業の永続を目指して、大見えを切るくらいの勢いで!

よっ、待ってました!

ではでは。

by cherrylayla | 2008-04-18 05:46

<< 中村久子の生涯 ファシリテーション >>