人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 死生観・・・弔事とキャンセル

今朝はいつもより早くお目覚め。

といいますのは、寝付かれなかったのか、珍しくママさんが早起きして、ゴソゴソゴソ・・・

今何時?と尋ねると、3時だよとの声が返ってきました。

一瞬、3時58分<358!>まで寝ようかなと思いましたが、まあこれも良い流れかもと、そのまま起きることに。

普段、なかなかママさんと対話をする時間が確保できないのですが、早朝から(苦笑)久しぶりに意見交換してしっかり向き合うことができました。ツイてる!

たまには良いものですね、というか必要なことですね(汗)。

そういえば、昨日も日中、娘と向き合うチャンスをいただきました。

少々体調を崩したのか、学校から呼び出しがかかり、娘の小学校へ。

外出していたママさんとバトンタッチするまで約3時間半。

娘としっかり向き合うことが出来ました。

そのため、予定していた午後からのセミナー参加はキャンセルすることに。

体は一つですから、これも選択と集中の事例ですね。

夜の面会の予定も、社員さんの身内に弔事があり、急遽こちらもキャンセルすることに。

予定通りには運びませんでしたが、気づきに溢れた大変有意義な一日でした。

キャンセル・弔事といえば、師匠の大親友が急逝され、週末の実践塾を中止にすることに。

40代半ばでの旅立ちはあまりにも早すぎますね。

お悔やみ申し上げるとともに、『切に生きる』ことの大切さを改めて痛感しました。

悔いなく生きるためにも、心身の健康のコントロールは特に大切な要素。

  限られた時間、一度きりの人生だからこそ、

  ”たとえ明日死んでも悔い無し”

  の気概を持って一瞬一瞬を意識して生ききること


ちぇりーさんの永遠の課題なのかもしれません。

だからこそ、良き友、家族と社員さん、との時間を大切にしたいですね。

いや、ひょっとしたら一番大切な時間は、

自分と向き合う時間

のような気も。

これもバランスなのでしょうか。

本日もその大切な時間が始まりました。

時間を、ご縁を慈しむ心をもって。

ではでは。

by cherrylayla | 2007-10-18 06:12 | Comments(0)

<< ツキの流れに感謝∞ 体質改善(風土篇) >>