人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 人生百二十歳説と他者実現

昨日は、久しぶりに娘と二人きりでデート。

いやいや、楽しかったですねえ。

モリコロパーク~ハンバーグランチ~愛知牧場~本屋さん

と娘も楽しんでいたようで、ツイてる!

サツキとメイの家に行けなかったのは残念でしたが、娘としっかり楽しめたということに感謝しましょう!

さて、先週木曜日2/8の日経夕刊、”シニア記者がつくるこころのページ”に紹介されていた、

「健やかさとは」

いやあ、気づき満載ですねえ。

奈良薬師寺管主の安田暎胤さんが唱える”人生百二十歳説”です。

・60歳還暦を2回繰り返すのが人間の本来の寿命

・<人生春夏秋冬>

       ~  25歳   春

   26歳 ~  65歳   夏

   66歳 ~  90歳   秋

   91歳 ~         冬

  ☆夏が長いのは責任が重い時期なので仕方ない

  ☆70代をいかに生きるかが人生の成否を分ける

  ☆90を過ぎたら、自分で食べられ、排泄でき、読み、話すことができれば、もう何もしないで感謝と笑顔でいればいい

凄い考え方ですよね。

その上で、安田管主は、マズロー先生のように

生理的欲求・社会的欲求・人格的欲求という表現を用い、

人生の秋を迎えるには、

大袈裟に言えば、人のために命をなげうつ覚悟、

身近な事をいえば、ボランティア活動等、世のため人の為に役に立つ

ことで、準備をしておかなければいけないと諭します。

なるほどですね。

  この安田管主の考え方は、昨年ご縁をいただいた箕面の浮沈艦・加納さんから教えていただいた”他者実現”とまさに同じですね。

  加納さんにかかっては、マズロー先生の5段階ではまだまだ甘く、6段階目の”他者実現”というステージを準備されていました。

  凄い友人に出会えたことに感謝です。

冒頭から感謝が続きましたが、安田管主、そんな生きかたをするには

”五つの心がけを呼び覚ませ!”と提唱されています。

・感謝の心

・思いやりの心

・敬う心

・赦す心

・詫びる心


☆なかでも、”赦す”、”詫びる”が難しいようです。

ちぇりーさんの場合、仕事を通じて社会起業家を目指すことですね。

はい、”他者実現”という崇高なステージを描き、”五つの心”をもって!

もう一日お休みをいただけましたので、氣を高め、鋭気を養いたいですね。

120歳までは、正直いまだピンときていませんが・・・苦笑

ではでは。

by cherrylayla | 2007-02-12 05:12 | Comments(2)

Commented at 2007-02-15 11:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cherrylayla at 2007-02-15 19:49
加納さん、コメントありがとうございました!
そうですね、来月が楽しみですね。
師匠の突っ込みは、かなり厳しいですから(苦笑)、お互い覚悟して臨みましょうね。
ではでは!

<< LA FARFALLA ONとOFF >>