人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 成熟した品性、品格

昨日のカキコでも少し触れましたが、ついにW杯が始まりましたね。

すでに寝不足の方も多いのではないでしょうか?

雑誌、新聞、TV、インターネット・・・メディアはW杯一色ですね。

ちぇりーさん、まだ腰を据えて?TV観戦していないんですが、明日の日本戦は時間を確保して観戦しようかと思っています。

そんな中、昨日の日経スポーツ面に、“ワールドカップ街道”というコラムで、作家の沢木耕太郎さんのエッセイが掲載されていました。

王監督とジーコ監督の人間としての、指導者としての共通点から、日本における新しい「代表監督」の意義について興味深い考察をされていました。

まず二人の共通点としてあげられたのが、

“品性、品格の高さ”

・節度ある態度、立ち振る舞い

・結果を正面から引き受け、それを未来の糧にしていく姿勢

その上で、監督としての施術としては、

“大きな枠組みの中で、選手達に可能な限りの自由を与える”こと。

“「自立」と「自律」に支えられた「自由」”

これは、成熟度が高い組織でないと、なかなか踏み切れないスタイルですね。

ちぇりーさんの場合、会社も家庭もJCもそんなレベルではないのですが、そもそもちぇりーさん自身、指導者としての“品性と品格”を持ち合わせていません・・・
☆そういえば、あのベストセラー、藤原先生の“国家の品格”も未読でした・・・

“・・・しかし、すべてが凄まじいスピードで変化していくこの時代においては、もはや組織の構成員が命じられたことに忠実にこなすだけでは次の段階に行けなくなってきた。そこからさらに前に進むためには、組織の規律に頼るのではなく、構成員に、自ら判断し、即座に対応することのできる能力を持つことが求められる。・・・”

確かに、ゴモットモなんです。

これって、スポーツも経営も同じですね。

”「創意」が規律の壁を破るとき”

まさに経営品質でいうところの「創発」ですね。

でも、・・・ってフレーズは禁句かもしれませんが・・・

いや、・・・卓越した業績をあげている組織は、その裏付けとして高い成熟度が存在しているんですね。

素直に受け止めましょう。

そして謙虚にそのギャップを認識し、目標と照らし合わせ、課題に取り組むこと。

これしかないんでしょうかね(苦笑)!

それと、我々のレベルでは、勢いも必要(笑)!

それには、やはり、明るく楽しく元気よく!

なんだか、精神論で強引にまとめてしまったような気もしますが・・・汗

ではでは!

by cherrylayla | 2006-06-11 06:15 | Comments(0)

<< 仮眠の効用 凄いぞベッキー! >>