人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 感謝の気持ち

いやあ、夏ですねえ!

爽やかですねえ。

梅雨入り前の短い期間だとは思いますが、せっかくのこんな陽気は楽しまないともったいないですよね。

なんて言いながら、お仕事に邁進しているちぇりーさんですが、ふと立ち止まって数分でも初夏を感じることができたら、贅沢ですよねえ。

プチ幸せを楽しみたい今日この頃のちぇりーさんです。

さて、先日、辛辣な指摘が感謝されたというカキコをしてみましたが、その方から改めてお礼の連絡がありました。

週明けに、簡単なメッセージを添えて、伊那食品の塚越さんの「いい会社をつくりましょう。」を彼に贈ったのですが、大変喜んでいただきました。

ツイてる!

少しばかりお役に立てたのかなあと、自分まで嬉しくなってしまいました。

ただ、本の贈り物って難しいですよね。

今回の場合、テーマは経営ということで、話の内容から参考になればと塚越さんの著作をセレクトできたのですが、一般的に本の贈り物って押しつけがましいと解釈される可能性もあり、躊躇することも多かったんですよ。

余計なお節介、と思われてもつまらないですし・・・

ただ、それも勝手な想像ですので、贈ってしまったら、こちらからは本の感想について尋ねないというルールを作って、そして徹底すれば、少々気持ちが楽になるような気がします。

人は内面に抱いているものしか気づけない、という話を聞きかじったことがありますが、まさに気づきというのは本人次第ですよね。

そしてそれを実践し継続するレベルまで落とし込まなければ、変化を期待するのは難しいかもしれません。

彼と再会したときに、彼の方から本の気づきについてお話しを切り出してもらえると、更にツイてる!

それにしても感謝の気持ちを届けていただけるだけで、こんなに嬉しいんですから、ちぇりーさんからも、もっともっと感謝の気持ちを発信していけば幸せが拡がる予感。

心を込めて“ありがとう”ですね。

明日から6月。

夏のアツサを味方に付けて張り切っていきましょう!

ではでは。

by cherrylayla | 2006-05-31 18:19

<< 共に喜び共に育つ 善意を素直に受け止める >>