人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 冷たくしないで・・・君は完璧さ

JAZZのアルバムが続いたので、原点回帰?ではないですが、残りの人生8,959日目の本日は、洋楽漬けだったあの頃の懐かしい曲とアルバムを・・・

ちぇりーさん、厨房から高校の途中まで、自他に認めるUKニュー・ウェイブ大好き少年でした♪

JAPANを筆頭に、The Cure、The Smiths、New Order、Echo & The Bunnymen、Bauhaus 等々、それはそれは、寸暇を惜しんで聴きまくっていたものです。

そんな中、第2次ブリティッシュ・インヴェイジョンの先頭を走っていた彼らは、ニュー・ウェイブというよりも、良質なポップ・バンドだったのかもしれません。

d0004717_20124395.jpg


『kissing to be clever』 Culture Club 1982

このアルバム、文句なしに好きなんです♪

セールス的には、カマカマカマカマ♪が入っている『Colour by Numbers』の方が良かったのかもしれません。

しかしながら、ちぇりーさん、トータル的にも、そしてこの曲が入っているからこそ、無人島に持ち込むべきレベルでして・・・

https://www.youtube.com/watch?v=2nXGPZaTKik

『Do You Really Want To Hurt Me』 邦題『君は完璧さ』

d0004717_20191142.jpg


そう、ちぇりーさん、この曲、めったに行きませんが、カラオケボックスでは必ず選曲するほど好きなんです♪

ところで、こちらの曲ですが、リリース当初は、邦題が現在と異なっておりまして・・・

d0004717_20202034.jpg


そう、最初は『冷たくしないで』という邦題だったんですね♪

何故、途中から変えられてしまったのか、その辺りの事情はよく分かりませんが、ちぇりーさんが始めてFMでエアチェックして聴いた時の番組表では、確かに『冷たくしないで』と掲載されていて、カセットの曲名欄に、そのまま書いた覚えがあります。

まあ、曲の素晴らしさが変わるわけではありませんが・・・(^_^;)

ところで、水曜版、木曜版同様、これで土曜版も残すところ10回となってしまいました。

紹介漏れは必至の様相ですが、残された機会を有意義に活かすべく、しっかり手持ちの音源を吟味して紹介して参ります。

ではでは♪

by cherrylayla | 2015-09-05 03:58 | Comments(0)

<< フランス特集は、アラン・ドロン... シングルグレーンの定義とは >>