人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 蓋然性と可能性

先日、実家で晩ご飯をいただきながら、流れていたTV番組は、政治屋さんの討論系。

話が、集団的自衛権に及ぶと、見事に噛み合っていませんでしたね・・・(@_@;)

そんな中、ちぇりーさんがふと気になった言葉がありまして・・・その言葉とは、

  蓋然性

話の流れとしては、自国に危害が及ぶ蓋然性が低いか、高いか・・・なんて感じだったと思われますが、日頃からこの言葉に対して、疑問を持っていたちぇりーさん、良い機会だと傘寿を迎えた父に質問してみました。

  さっきから、「蓋然性」という言葉が飛び交ってるけど、お父さん言葉の意味分かる?

すると、父からは即答で、

  知らんなあ

と一言が・・・

ちなみに、父の名誉のために?申し添えておきますと、日本語については、趣味が高じて、自費出版でオリジナルの辞書を作ったほどの物好き爺さんなんです。

そういう、ちぇりーさんも、この言葉を意識したのは、一部根強いファン層を持つ内田先生のブログがきっかけだったような・・・

  「蓋然性」・・・あんまり馴染みがないからググっちゃお♪

みたいな感じで・・・(^_^;)

そのググった末に入手した情報は次のようなものでして・・・


  蓋然性 probability 確かさらしさの度合い、確率


一方で、紛らわしい言葉として紹介されていたのは、我々に馴染み深いこちらでした・・・


  可能性 possibility 起こるか起こらないか、有るか無いか


そう、可能性は確度を説いているのではなく、それは蓋然性という言葉のお役目なんですね。

ネットで紹介されていた例文で確認すると、こんな感じでしょうか♪


  日米両国が再び戦火を交える可能性はあるが、蓋然性は低い。


政治屋の皆さんは、どれだけ意識して・・・一方でお茶の間の皆さんは、どれだけ理解しているか、よく分かりませんが、なんだかこういうケースって、近年増え続けているような・・・そんな気がします。

コミュニケーションを深めるためにも、相手が理解して使っている言葉なのか・・・それとも時代の流れで、言葉の意味が変質しているのか・・・等々、そこには、洞察力が求められるわけでして・・・

週末に臨むに当たり、そんなことをふと考えてしまいました。

d0004717_11233818.jpg


☆このマトリックスも面白いですね♪

そんな中、残りの人生9,016日目の本日は、午前中に顧問先へ定期訪問、午後からは新規案件でクリエーターと同行訪問リスニング、夜はお手伝いさせていただいているお客様とのミーティングです。

翌日は土曜出勤なので、やり残しがあってもカバーができそうですが、突発的に何かが起こる可能性はありますので・・・(^_^;)

そして、重要な問題が発生する蓋然性は、常に低くあるように、引き続きしっかり準備をしてまいりましょう(^o^)丿

ではでは。

by cherrylayla | 2015-07-10 03:58 | Comments(0)

<< 雨のブルース・・・こんな雷なら最高♪ 若冲 >>