人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 中学受験

先週、気になってしかたがなかった本を読みました。

”中学受験Bible”です。

著者の荘司 雅彦さんという方、ちぇりーさん今回初めて知ったのですが、他に法律関連の著作も出されている弁護士さんだそうです。

その内容は、一人っ子の愛娘を名門中学に合格させた体験談とその経験からまとめあげた中学受験ノウハウ集、って感じです。

まえがきにもある通り、

「効率的なやり方で勉強すれば、短期間で成績は飛躍的に伸びる」

という信念のもと、

娘さんをサポートしつづける父親としての姿にも頭が下がりました。

またそれ以上に、このお嬢さん、なかなかの大物です(笑)。

羨ましいなあと感じたのは、この親子。仲の良いこと!

特異な?環境とはいえ、コミュニケーションがしっかりとれています。

やはり、家族も対話がベースですね。

それにしても首都圏の難関校のハードルは高いんですねえ。

小学生がこんな戦闘を繰り広げてるなんて・・・

ただ、方向性さえ間違えなければ、お子さん自身も早い段階で貴重な経験をする事が出来るんでしょうね。

正直、学習時間だけでも、ちぇりーさんの大学受験勉強以上です。

密度でいうともっと濃いのではないでしょうか。

実は、ちぇりーさん、なんでこんな本に興味を示したかというと、最近娘の絶対的な学力の低さに愕然としたんです。

”中学受験”の弊害なんかより”ゆとり教育”の弊害は恐ろしいですよ。

B級ホラー以上(って訳わかんなくてすみません)?

ちぇりーさんの愛娘も来年は小学4年生。

”中学受験”を意識するというよりも基礎学力を身につけておかないと、興味の可能性を摘んでしまうことになりかねませんので・・・

綺麗ごとではなく、子供にはその可能性を照らしつづける灯台役でいたいものです(これちぇりーさんのミッションの一つです)。

娘よ、覚悟(苦笑)!

ではでは。

by cherrylayla | 2005-11-13 06:09

<< 企業の資産 巨星逝く(その2) >>