人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 すべては「価値」から始まる

著者のちきりんさんのことは、ライフネット生命出口会長さんが、何度も紹介されていたので、その存在は知っていましたが、何故かその著書まで触手が動くことはありませんでした。

d0004717_11373115.jpg


しかしながら、先日、土井さんのBBMで絶賛されていたことに乗せられて、ついついamazonクリックしていたのはこちらの作品でして・・・


d0004717_11311486.jpg


21.『マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法』
  ちきりん著 ダイヤモンド社


いやいや、これは参りました・・・今年21冊目にしてイチオシと断言できる逸品かもしれません。

というのも、こちらの作品、読了して直ぐ、というより読みながら、4月から大学生になる娘に是非読んでほしいと思ってしまったんです。

とにかく分かりやすい!

本質をしっかり捉え、表現できる能力は素晴らしいですね。

そんな中でも、強く共感できたのは、「価値」に対する考え。

  「価値」の変化を敏感に嗅ぎ分け、その「価値」の可能性を見極めること

非伝統的な「価値」・・・近い将来、人工知能に進化によって、これまでには想像もつかないようなサービスが生まれる可能性に満ち溢れています・・・先日の東海経営フォーラムでの村上憲郎さんの基調講演ともリンクしますね♪

そうそう、村上さんといえば、レイヤー思考についても言及しておりましたが、ちきりんさんが紹介されていた「市場の入れ子構造」の概念は、まさにオーバーラップといった印象です♪

そして、最終章のタイトル「変わらなければ替えられる」・・・

そう、ビジネス分野のみならず、親が子供に伝えることも、限られた原則を除けば、時代と共に変化すべきなんでしょうね。

ちきりんさんも、最後にこんな持論を紹介されています。

  「一流大学を卒業したという経歴」は、今40代半ばくらいまでの人が生きた時代においては、大きな意味がありました。だからその年代の親たちは、子どもの教育に多大な熱意とお金を注ぎ込みます。しかしそういった学歴の効用は、本当にこれからも続くでしょうか?・・・・・・
  これから親が子供に伝えるべきことは、特定の資格や専門性を勧めることでも、ましてや特定の企業を目指させることでもありません。そんなことより、変化は恐れるものではなく、楽しむものなのだと身をもって教えてあげましょう。・・・・・・<p249-250>


はい、やっぱり新生活スタート前に、娘には読んでおいてもらいたい、そんな1冊ですね(^o^)丿


d0004717_7455635.jpg


22.『メアリ・シェリー「フランケンシュタイン」 2015年2月 (100分 de 名著)』
  廣野由美子著 NHK出版



いつも楽しませていただいているムック本シリーズですが、今回は???

何故、「フランケンシュタイン」・・・

ところが、番組とテキストを進んでいくと、これはこれは、知らないことばかり・・・(@_@;)

先ず驚かされたのは、この作品の著者は、うら若き女性だったこと・・・

d0004717_7511897.jpg


☆20歳前後で書き上げたそうです・・・(・。・;

続いて、「フランケンシュタイン」とは、怪物の名前ではなく、その怪物を生み出した研究者(学生)の名前であったこと・・・

d0004717_7541052.jpg


☆1931年の映画版の怪物・・・

そしてその怪物は、名前を付けられない(固有名詞が無い)一方で、メチャンコ知的水準が高いこと・・・

いやあ、イメージって怖いですね・・・

d0004717_756369.jpg


すっかりこちらの方のイメージでしたが・・・(^_^;)

認識を新たにしないといけません<(_ _)>

やっぱり、古典ってガイド本が必要かも・・・これも認識の変化かなあ・・・

はい、そんなことを考えながら、残りの人生9,143日目の本日も、変化をポジティブに捉えて・・・

そして引き続き、すてきな書縁に恵まれますように。

ではでは。

by cherrylayla | 2015-03-05 03:58 | Comments(0)

<< 同級生にBGM著作権を学ぶ 水曜版を続けるに当たり・・・ >>