人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 あれから彼女とは、一度も会っていない。

これは、ちぇりーさんにとって想い出の1冊です・・・


d0004717_1639479.jpg


19.『東京デート漂流 MEMORIES OF YOU』 永倉万治著 講談社文庫


永倉万治さんのエッセイ、ちぇりーさん、大好きだったんですよね♪

リアルタイムは、高校3年生から大学1年生あたり・・・当時男女交際の誤ったバイブル的存在『ホットドッグプレス』に連載されていたエッセイなんですが、これにはとにかくハマりましたね♪

カミングアウトすると、女性を知らない頃のちぇりーさんだったのですが、この主人公である高橋という大学生に憧れさえ抱いておりました。

バブル直前の花の都東京のデートスポットを、甘く切なく、軽めのタッチで描くボーイ・ミーツ・ガールのショートストーリーは、それはそれは秀逸で、今回再読してもその魅力は全く色褪せることなく、楽しむことができました。

実は、この文庫本、心が荒んでいた時代に、ショートストーリーよろしく、短めにお付き合いしていた女性に読ませたことを想い出しました・・・(^_^;)

23歳から24歳を迎える頃・・・1990年頃のことだったデショーカ・・・

父親がこんな大学生を目指していたなんて、4月からキャンパスライフが始まる娘にはとても読ませられませんが・・・いやいや、そうでもないかも・・・

草食系が蔓延る昨今(絶食系という輩も出没しているようですが)、せっかく気に入った女性とデートするなら、条件の許す限り、美味しいモノを食べたい・・・という男の子として健全な欲求を持つボーイフレンドを見つけて欲しいものですなあ・・・

そうそう、このエッセイ、必ずこのフレーズで締めくくられるんですよ。

  あれから彼女とは、一度も会っていない。

う~、ちぇりーさん、そんな女性が走馬灯のように・・・自爆


d0004717_1703086.jpg


20.『岡倉天心「茶の本」 2015年1月 100分 de 名著』 大久保喬樹著 NHK出版

一か月遅れのご紹介となってしまいましたが、これは良かったですねえ♪

司会の伊集院光さんが、100分de名著で紹介した名作の中でも、歴代ベストスリーに推す逸品だけのことはあります♪

と言いながら、ちぇりーさん、原著は未読なのですが、その時代背景を繙くと興味深い事実が・・・

内村鑑三の「代表的日本人」が1894年、新渡戸稲造の「武士道」が1900年、そして今回ご紹介する(原書ではないですが)岡倉天心の「茶の本」が1906年と、日本人論として英文で著された名著3冊は、日清・日露戦争の真っ只中で出版されているんですね♪

あっ、そういう意味では、原書は英文ですから、ちぇりーさんが読了した『代表的日本人』は、翻訳本になるわけですね・・・(^_^;)
⇒ http://cherrychan.exblog.jp/12156638

ちぇりーさん、先程に続いてカミングアウトすると、『武士道』は解説本しか読んだことがありませんので、この機会に『茶の本』と併せて、原典と向き合ってみようかな♪

まあ、積読もに聳え立っておりますので、ユル~く、参りたく存じます。

そして、残りの人生9,150日目の本日も良書とご縁がいただけますように(^o^)丿

ではでは。

by cherrylayla | 2015-02-26 03:58 | Comments(0)

<< 「当たり前品質」から始まる品質... 衝撃の十夢さん♪ >>