人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 人生は刹那主義で行こう(^o^)丿

もっと早く読んでもよかったかな・・・

1年ほど前から、本屋さんに足を運ぶと「アドラー」関連本が雨後の竹の子の如く陳列されている光景を目にして気にはなっていました。

こちらの本も手に入れてから、しばらく積読になっていましたが、読み始めてグイグイ引き込まれてしまいました。

読もうかなと思い始めたきっかけは、敬愛する本部長のブログだったかもしれません<(_ _)>
http://meidaisha.blog29.fc2.com/blog-entry-2499.html

d0004717_9332676.jpg


95.『嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え』 岸見一郎・古賀史健著

先週ご紹介した書籍とは異なり、とにかく読みやすかった♪

というよりも、ちぇりーさん自身、このマインドで一日一日、一所懸命向き合っていることを再認識でき、そういう意味で大変有意義でしたね。

心理学を本格的に学んだことはありませんが、「原因論と目的論」にはじまる、哲人と青年の対話形式スタイルは、大変わかりやすく、下手な訳の自己啓発書を読むくらいなら、これ1冊でOKって印象です。

  健全な劣等感とは、他者との比較のなかで生まれてくるのではなく、「理想の自分」との比較から生まれるもの

まさに、自分自身のあり方を問われているわけですよね。

  ほめるという行為は、「能力のある人が、能力のない人に下す評価」という側面が含まれている

そこに感謝と尊敬の気持ちがあるのか・・・ただの操作主義に基づく行為ではないのか・・・随分前に気づいたことですが、迷っている方には福音となり得るかも?

  大切なものはなにが与えられているかではなく、与えられたものをどう使うかである

与えられすぎだったちぇりーさんも、師匠と出会って気づかされたことですね。

  人生の意味は、あなたが自分自身に与えるもの

そう、良い意味で自己肯定感を強く持つことが大切です。

そして、これはイイなあと感じてしまったフレーズがこちらでして・・・

  人生は連続する刹那

はい、一所懸命愉しむことで、次のステージが見えてくる・・・そんなところでしょうか。

偉そうにカキコしていますが、ちぇりーさん、何も立派なことが出来ているわけではありません。

しかしながら、生きていることが楽であれば(楽しければ)、いろんな可能性が見えてくる(未来が明るくなる)ことは事実ですので・・・

受験生が一仕事終えたら、ススメてみようか・・・そんな良書だと存じます♪

その受験生向けといえば、こちらの本もオススメだなあと思ったのが、こちらの1冊。


d0004717_7532789.jpg


96.『はやぶさ、そうまでして君は 〜生みの親がはじめて明かすプロジェクト秘話』
   川口淳一郎著 宝島社


きっかけは、先月設営させていただいた母校のホームカミングデーでお招きした6年上の先輩。

業種別部会の基調講演の講師としてお越しいただいたJAXAに勤務する理学博士のセンセーなのですが、講演終了後、懇親会までの約2時間、ちぇりーさん、独り占め状態でいろんなお話を聴かせていただきました。

その先輩は、あの「はやぶさ」プロジェクトの地球帰還ミッションの一員で、著者の川口淳一郎さんの卓越したリーダーシップを間近で体験された方なんです。

こちらの作品、大ブームとなった4年前に出版されたものなのですが、先輩によると関連本ではイチオシということで、amazon1円手に入れました♪

内容は、講演で予習ができていたこともあるのでしょうが、科学関連本としては大変読みやすく、私大文系ちぇりーさんでもストレスなく読了することができます。

ちぇりーさん的には、予算の獲得やNASAとやりあった行に興奮を覚えてしまいましたが、万人に楽しんでいただける良書なのではないでしょうか!


  ・・・・・・プロジェクトのリーダーである私が可能性がないようなそぶりを見せてしまっては、誰も熱意を持って取り組んでくれなくなってしまいます。・・・・・・<p157-158>

  ・・・・・・だから、あれこれ悩み、恐れ、悶々としていても意味がない。最悪ということは、次に変化があるとしたら、間違いなくプラスの変化。・・・・・・<p160>



真のリーダーだからこそ語ることができる・・・そんな印象です。

はい、残りの人生9,220日目の本日は、2014年の残すところ13日。

何とか、大台到達の手ごたえが♪

ではでは。

by cherrylayla | 2014-12-18 03:58 | Comments(0)

<< ラストスパート(^o^)丿 花かつおが決め手です♪ >>