人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 名古屋ボストン美術館・・・まさかの初体験

昨日の続きという訳ではありません・・・(^_^;)

それにしても、貴重な体験をさせていただきました!

4月にオフィスを、南区から熱田区に移転してから間もなく半年が経とうとしておりますが、その熱田区をもっと盛り上げようという経営者の集まり『あった会』にご縁をいただき、4ヵ月ほど前からお仲間に入れていただいております。

その『あった会』の例会が、先週末の金曜日開催され、ちぇりーさんも参加させていただきましたが、今回の企画が優れモノでして・・・(*^。^*)

はい、名古屋ボストン美術館の営業推進部長さんのエスコートによる、夜間鑑賞だったんですね!

今回の展覧会は、『美術する身体』というもので、第二次大戦以降の、それも「身体」をテーマにした作品に絞ったものでした!

展示の目玉は、アジア初公開、ピカソ晩年の傑作『サビニの女たちの略奪』という作品で、確かに圧倒的な存在感がありましたね♪


d0004717_211048.jpg



名古屋ボストン美術館は今年で開業15周年を迎えているのですが、カミングアウトするとちぇりーさん、こちらの美術館を利用するのは今回が初めてでして・・・(^_^;)

これまでも気になる展覧会は少なくなかったのですが、昨日もカキコした通り、そもそも美術館に足を運ぶっていう柄じゃなかったんですよね・・・早くも言い訳・・・

そういう意味でも、今回の例会は、個人的に大変有意義な企画でした♪

というのも、鑑賞後、会場を直ぐ近くの名古屋商工会議所の金山支所に移して、前述の営業推進部長さんからレクチャーをいただけたのです。


  ・展覧会運営の難しさ

  ・名古屋ボストン美術館の特殊性

  ・収支の裏話


等々、一般には知られざる内容をご披露いただき、あっと言う間の1時間でしたね(^o^)丿

中でも、ちぇりーさん的に一番の収穫は、


  金山という場所に名古屋ボストン美術館があるという恵みをもっと活かさねば


という気づきといったところでしょうか!

今回の展覧会では、ピカソの作品(計4~5点あったでしょうか)だけでなく、その他にも、マティス、ウォーホルの名作が展示されていますので、お好きな方には超オススメです(*^。^*)

ちなみにウォーホルで良かったのは、こちらの作品♪


d0004717_21163628.jpg



中性的なイメージのミック・ジャガーが、とても印象的でした・・・(・。・;

彼の作品では、あの有名なモンローも展示されていますよ~♪

オフィスから徒歩5分圏内で、こんなすてきなスペースがあるとは・・・

ちぇりーさん、年間パスポートを仕入れて、日頃のリフレッシュにも活用してみようかしら・・・(^_^;)

そんな愉しみも増えたところで、残りの人生9,285日目の本日も、顔晴ってまいりましょうか(^o^)丿

ではでは!

by cherrylayla | 2014-10-14 03:58 | Comments(0)

<< 「あかり」と「食」と「音楽」と... 絶頂美術館・・・欧州における裸... >>