人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 学生さんに厳しい時代

隔世の感があるとは、まさにこのことでしょうか・・・


  東北大、飲酒で明善寮生に全員退去求める

d0004717_9514257.jpg


  「禁酒の約束が守られていない」として東北大が仙台市青葉区にある学生自治寮「明善寮」の寮生105人に全員退去を通知し、騒動になっている。寮生たちは「規則を守っていた学生も多い。全員退去はやり過ぎだ」と反発するが、大学当局は一歩も引かない構えだ。
 東北大学生支援課によると、飲酒を禁じた4月24日以降も寮内でビールの空き缶が大量に見つかったり、共用スペースで飲酒による嘔吐(おうと)が確認されたりしたという。
 このため大学は「改善が見られない」として15日、寮生全員に9月30日までに退去するよう通知した。
 明善寮に入寮できるのは学部1、2年の男子に限られており、大半が未成年者。飲酒には、これまでも保護者から何らかの対処を求める声が上がっていた。
 東北大総長特別補佐(学生支援担当)の小田中直樹教授は「問題の中心は未成年者の飲酒と酒の強要。『飲んで当然』という寮内の雰囲気をリセットしたい」と話す。
 これに対し、寮生でつくる明善寮委員会の金子駿斗委員長(19)は「寮内の飲酒問題は改善している。大学は、飲酒が当たり前だった昔のイメージで強引に処分しようとしている」と真っ向から反論する。
 大学と寮委員会は25日、話し合いの場を設ける。小田中教授は「全員退去は決定事項。覆ることはない」と突っぱねるが、金子委員長は「飲酒していない寮生を退去の対象外とするなど穏当な対応を求めたい」と訴える。
 大学は寮生に別の寮を仲介するなどして転居を促す方針。全員が退寮した後、トイレの洋式化など施設を改修し、2015年度の新入生を受け入れる。
 明善寮は仙台市内に6カ所ある東北大の学寮の一つ。北大恵迪(けいてき)寮、東大駒場寮(現在は廃止)、京大吉田寮と共に日本4大自治寮とされる。

 <河北新報WEBサイトより転載させていただきました・・・<(_ _)>>


もちろん、この国の法律では、満20歳にならないとアルコールを摂取してはいけないということも知っています。

しかしながら、妙に違和感を覚えてしまうのはちぇりーさんだけなのでしょうか・・・

ちぇりーさんの感覚では、大学入ったらOKでしょ・・・というものでしたが・・・

今回改めて認識したのですが、この件に係る法律の正式名称は、『未成年者飲酒禁止法』というものなんですね。

その法律の第1条第1項には、

  満20歳未満の者の飲酒を禁止する

と定められていますので、大学生になったからといって飲めるわけではないのは重々承知なのですが、ちぇりーさんが学生生活を謳歌していた30年近く前は、もっと世の中が寛容だったような・・・特に学生さんには・・・気がするのですが・・・

そんな世知辛い中、受験生は夏期講習に通ったりと、黙々と勉強に勤しんでいるようですが、本人に尋ねてみると、


  成人するまで飲んじゃダメなんて、当たり前じゃん!


という認識だそうで・・・(@_@;)

そういえば、数か月前に母校の公認テニスサークルが、歌舞伎町でオイタをして廃部になってしまったようですが、学生に対する世間の目が厳しくなったのは、10年ほど前のスーフリ事件が転機だったのかもしれませんね・・・

ちぇりーさんの時代にも、サワーに目薬入れたとかいう都市伝説なんかありましたが、正直、酒で公共の迷惑になったのは、数知れず・・・

実際、ちぇりーさんが入学した年、ある部の新歓コンパで新入生(同級生に当たる訳ですが)が、急性アルコール中毒で亡くなってしまったという痛ましい事件もありました。
☆それでも、この部は、今でも活動されています・・・活動どころか、大活躍ですかね!

何れにしても、時代は変わったと認識すべきなんでしょうね!

実はちぇりーさん、ささやかな夢があったのです!

受験生が大学入学が決まったら、ドンペリで乾杯しようと・・・

その夢もリスケが必要で、しかも早生まれですから、2017年まで待たないといけません。

その前に、一緒に飲んでくれるかどうかが問題ですが・・・(@_@;)

いやいや、問題といえば、受験生にとっては、この夏が勝負ですから、引き続き悔いの残らないよう、優先順位を明確にして、取り組んでいただきたいものですね(^o^)丿

な〜んて言いながら、昨晩も副本部長職を全うしておりましたが…(⌒-⌒; )

はい、ちぇりーさんも、半年後、快く送りだしてあげられるよう、残りの人生9,359日目の本日も、引き続きしっかり勤しんでまいります!

ではでは!

by cherrylayla | 2014-08-01 03:58 | Comments(0)

<< 虹伝説・・・The Rainb... 「遠野物語」~「ファーブル昆虫記」 >>