人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 愛・読書は、『人生エロエロ』

・・・・・・人生の3分の2はいやらしいことを考えてきた。・・・・・・


人生エロエロ~♪

男もエロエロ~♪



バブル時代、お勤め先の宴会盛り上げ要員として、何度も歌わせていただいた島倉千代子さんの替え歌ですが、今の若い世代は全く聴いたことがないかもしれませんね(替え歌の方を・・・爆)♪

そんなオヤジギャクがしっかり身についているちぇりーさん、本屋さんに平積みされていて見逃すわけがありません(^o^)丿


d0004717_8121773.jpg


50.『人生エロエロ』 みうら じゅん著 文藝春秋


記念すべき?2014年50冊目の読了本は、昨日のM向きの新書と同じ日に読了した1冊です。

某週刊誌に連載中?のエッセイが、1話3ページ・イラスト付きでまとめられていて、昨日ご紹介した新書に比べ、大変読みやすく、しかも元気をいただけます♪

その内容の素晴(馬鹿)らしさは、是非手に取って体感していただきたいのですが、印象に残るのは、各エッセイの冒頭で綴られる同じフレーズ♪


・・・・・・人生の3分の2はいやらしいことを考えてきた。・・・・・・


人生の3分の2というと、1日8時間・・・(・。・;

思春期以降、性への関心が芽生えてからだと考えても、凄い割合ですよね<(_ _)>

自他に認めるスケベさんのちぇりーさんでも、流石に1日3時間くらいではないでしょうか・・・自爆

となると、


・・・・・・人生の8分の1はいやらしいことを考えてきた。・・・・・・


なんてことになるのですが、時と場合によっては、1日12時間くらいのときも・・・自爆×2

そんなタイミングで、安岡先生の朝のルーティンのタイトルが『愛読書』ってのも何かの廻り合わせなのでしょうか・・・(^_^;)


  『愛読書』・・・「安岡正篤活学一日一言」

  本も愛読書は慣れてみると血が通うというか、心が通う。書物が本当に生き物のようになる。長く親しんだ愛読書というものは、これは実に楽しいもので、まさに親友と同じものになる。おもしろいもので、心から読む、心読すると書物が生きてくる。



今回のみうらさんの著者が、ちぇりーさんの『愛読書』に昇華するのか、今のところ分かりませんが、少なくとも、日曜日の昼下がりには相応しい1冊、と断言することができるでしょう♪


d0004717_14364519.jpg


☆ラブドールに肩をまわして、誇らしげなみうらじゅんさん(*^。^*)

d0004717_1437424.jpg


☆みうらじゅんさんの現在の奥様は、歌手のbirdさんなんですね♪


読了後、


  『リーダーシップの旅』よりこっち(『人生エロエロ』)の方が面白かったぞ!


と、受験生に表紙を見せながら、得意気に声掛けすると、その受験生から一言・・・


  情けない・・・


ちぇりーさん、家庭内においてもリーダーシップを発揮しているとは言えないようです・・・(+o+)


・・・・・・残りの人生9,403日目の本日の8分の1も、いやらしいことを考えるんだろうな・・・・・・


ではでは!

by cherrylayla | 2014-06-18 03:58 | Comments(0)

<< サッカーを愛する皆さん、ご機嫌... リーダーシップの旅 >>