人気ブログランキング | 話題のタグを見る

自動車保険配布スキンパーツ1 キチンとした事業・・・出会いがすべてを変える

土曜日は、『ハゲタカ鑑賞会』の最終回。

日程変更を夏休みにしてしまい、家族旅行や地域のお祭りに参加される方々等、スケジューリングが難しく、初の女性経営者の参加も直前の業務繁忙により直前のドタキャン、前回衝撃発言のKさんも取引先のご不幸でドタキャンということで、いつもの半分7名での設営となりましたが、その分、いつも以上に濃い(ということは相当濃いわけで・・・)時間が共有できたように感じます。

今回は共同幹事の吉原さんのファシリをお願いしましたが、スムーズな進行で3時間強がアッと言う間、自身大変勉強になりましたね。

キチンとした事業・・・出会いがすべてを変える_d0004717_7503649.jpg


この鑑賞会では、同じく幹事の山田さんも第2回にファシリテーターを担っていただいたのですが、それぞれ持ち味があって、学ぶことも多く、ちぇりーさん的には、この点も大変有意義でした。

前回までの振り返りということで、いつものようにグループディスカッションを行ったのですが、第3回で披露された衝撃の解釈について、改めて気づきもありました。

  『変わりたいのなら、何もやらないことだよ』

なんと、それを仄めかす言葉が、大木流経営論に記されていたではありませんか。


  自分の成功と失敗を糧にことに臨む。臨むからには常に真摯にそのことと向かい合う。押すべきときは押し、引くべきときは引く。そういう姿勢で毎日を生きていけば、己の分限を知ることが出来るはずだ。

  人は簡単に頑張るというが、それは自分の分限を超えたことにチャレンジすることと等しい。頑張るという言葉には無理がある。トップに立つものがなすべきことは頑張ることではない。ベストを尽くすことである。己の持つ能力は最大限に生かして物事に取り組むことである。


  そして、これは師匠が以前ブログで紹介されていた言葉なんですね!
  ☆『大木流経営論』
  → http://ameblo.jp/onikko-nikki/entry-11523399066.html

今さらですが、我ながら、なんという、カンの悪さというか・・・自沈

それでも、このフレーズに限らず、多様なモノの見方・考え方に触れることができ、知と心の交流ができたことに感謝の気持ちでイッパイです。

最終回の題材は『第6話(最終話)』でしたが、ここでも印象に残るシーンならびに名言が散りばめられています。


  あなたのお父さんが必死でかき集めようとした2億円
  あなたが自分の保釈のために使った2億円
  全然違う・・・自分で考えることね

  バブルの落とし前をつけていない日本。
  おまえこそ、大空電機に落とし前をつけるべきだ。

  ☆ちなみにドラマの舞台設定は2004年です
  
  我々はハゲタカだ。
  最後までハゲタカなりのやり方を通させて頂く。

  それは金持ちになれって事じゃない。
  キチンと事業をする事だ。

  そこに希望はあるのだろうか。
  誇りはあるのだろうか。


  アラン、お前は未だ何も見えていない。

  今回の歴史的なEBOの成功
  鷲津ファンドなくしてこの成功はなかった。
  鷲津ファンドとの出会いが全てを変えました。
  出会えて良かった。


鑑賞会を終えて2日目を迎えましたが、映像と臨場感が蘇ってきますね!

グループ発表では、質疑応答を通じて、EBO・MBO・TOBの仕組みについて、改めて基本を学ぶことができました!

キチンとした事業・・・出会いがすべてを変える_d0004717_7543532.jpg


質疑応答の後は、未公開シーンを全員で鑑賞しましたが、どうしてこのシーンがカットされるのかという内容ばかりで、作品の濃さ、深さを改めて感じることができ、これまた有意義でしたね♪

キチンとした事業・・・出会いがすべてを変える_d0004717_754521.jpg


☆怪しげなバーでの、鷲津さんとオサム君の交渉シーン

キチンとした事業・・・出会いがすべてを変える_d0004717_7554865.jpg


☆ラストシーンでも良かったと思われる、鷲頭と芝野の固い握手

キチンとした事業・・・出会いがすべてを変える_d0004717_7561982.jpg


☆未公開シーンで最高の名言か?・・・アランの一言・・・That's Capitalism!


ドラマとして見ると、キャラクターで人気があったのは、志賀廣太郎やはり中延さん。

キチンとした事業・・・出会いがすべてを変える_d0004717_7592024.jpg


あの人気ドラマ半沢直樹にも出演されていたんですね。
☆ちぇりーさんは見ていませんが・・・

そして、今回の『ハゲタカ鑑賞会』を通じて、総勢18名、懇親会のみの参加者をカウントすると約20名?の方々と、ご縁をいただけたことも大変有意義でしたね。

ちぇりーさん的には、今回の『ハゲタカ鑑賞会』の成功は、最終回ファシリの吉原さんの存在なくしてあり得ない。そんな感想を、最後に披露させていただきました。

今回の歴史的な鑑賞会の成功
  吉原さんなくしてこの成功はなかった。
  吉原さんとの出会いが全てを変えました。
  出会えて良かった。


これは、同じ言いだしっぺ幹事の山田さんも、激しく同意されていましたね♪

先ずは同窓会スタイルで、そのご縁をいただいた方々と振り返り懇親会を9月以降にやろう!なんて企画もありますので、皆さん、ご期待くださいませ(^o^)丿

ネタとしては、映画版もありますし・・・先日幹事でミニ試写もやりましたし!

残りの人生9,720日目の本日も、お盆前の1週間ということで、締まってまいりましょう!

ではでは!

by cherrylayla | 2013-08-05 08:02

<< 死生観を問いかける本・・・『想... 『ハゲタカ鑑賞会』フィナーレ・... >>