人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 ダジャレ能力を磨け!・・・参院選からの学び

予想通りの圧勝でした。

第23回参議院通常選挙の結果、与党が非改選を含めて過半数を確保し、ねじれ解消となりました。

先ず、憂うべきは投票率の低さ・・・

国政選挙で、辛うじて50%を上回るという現実。

現実という意味では、数字には表れてきませんが、若年層世代の投票率は、相当低いものと想像されます。

選挙というのは、未来の国のかたちを創るスタートだと思います。

その未来を担う若年層が、自らの権利を簡単に放棄する状況・・・

ここからも、わが国の行く末、明るさが見出しにくくなっているのではないでしょうか。

今回の参院選投票後の夕食時、誰に投じたのか山の神と意見交換をしたのですが、山の神の票は議席獲得に寄与できず、一方でちぇりーさんの票は選挙区・比例ともに議席獲得に繋がったようです。

しかしながら、政策でさえ、多くの誤解を生みながら投票日に臨まざるを得ないというのは、マスコミの偏向報道にも責任の一端があると感じています。

もちろん、有権者一人ひとりの情報収集能力、判断力に最低限のレベルも求められると思いますが、昨晩の意見交換でも、山の神から

  えっ、そうだったの?

という発言があり、思い込みが政治を後押ししているという印象は否めませんでした。

とにかく、結果は出てしまいましたので、より良い国の実現に向け、与党にしっかりしたリーダーシップを委ねるしかありません。

そういう意味では、ガンバッていただきたいものですね。

その中で、今回凄いなと思ったのは、東京選挙区で当選された無所属候補。

候補者の政策提言は、ほんの一部しか知りませんでしたが、このシステムで無所属候補が国政選挙に当選するというのは立派だと思います。

一方で、選挙前からバッシングの嵐に巻き込まれた、与党から比例に出馬されていた候補者も何とかギリギリで当選。

本来なら余裕でという目論見だったのでしょうが、改めて、マスコミの影響力は恐ろしいと感じられたのではないでしょうか・・・

選挙速報でユニークだったのが、テレビ東京の特番。

終始上から目線のキャスターの姿勢には、正直違和感を覚えましたが、他局とは全く異なる切り口で、番組としては大変面白かったと思います。

視聴者(有権者)にどこまで支持されていたか分かりませんが、やはり、ここでも独自性を発揮することの意義を学ぶことができました。

やはり、ダジャレのスキルを磨かないと・・・自爆

はい、そんな選挙も終わって、残りの人生9,734日目の本日から新しい週がスタート。

引き続き、明るく愉しく元気よく、顔晴ってまいりましょう!

それにしてもダントツはやはり、こちらの方ですなあ・・・

d0004717_7273218.jpg


ではでは。

by cherrylayla | 2013-07-22 07:27 | Comments(0)

<< 祝・30周年!・・・『夏休み子... 選挙もビジュアル重視で(^o^... >>