人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 日本がワールドカップで優勝する日・・・ドーハの悲劇から20年

なんだかんだで、やっぱり日本の牽引車は本田選手なんですね!

それにしても今朝の中日新聞、スポーツ紙のようです・・・

d0004717_7405832.jpg


☆そういえば、中日新聞が地方紙ということ、読者はほとんど知らないんだろうなあ・・・

おっと、早くも脱線モード!

サッカーに戻りましょう♪

5大会連続で本選出場を決めたサッカー日本代表ですが、ドーハの悲劇が20年前ですから、隔世の感があります。

ホント、格段に強くなりました。

ちぇりーさん、昨晩は、外出先で試合終了直後のダイジェスト映像をチラ見していたくらいで、今朝になって、ニュースバラエティでその映像をしっかり確認できましたが、決定力不足の伝統はなかなか払拭できていないようですね・・・(^_^;)

それでも、グループ内では、ダントツの安定感でトップ通過ですから、総合力はアジアでも有数ということなのでしょう。

戦績も過去4回出場中、2度の決勝トーナメント進出というのは、サッカー新興国(世界レベルで・・・)としては、立派なものだと思います。

今回新聞記事がきっかけで知ったのですが、

  「2050年までにFIFAワールドカップを日本で開催し、日本代表チームはその大会の優勝チームとなる」

というVisionを、日本サッカー協会として2005年に掲げているんですね!

2050年というと、ちぇりーさん自身、生きながらえているか確信は持てませんが、ずいぶん先のように思えても、チャンスは10大会しかありませんから、なかなか険しい目標なんだと思います。

というのも、そもそも、未だヨーロッパと南米以外の国は優勝したことがないんですよね!

そういう意味では、未知への領域がVisionとなっているわけで、現実感に乏しいながらも、夢のある話ではあります。

ちなみに、その2005年宣言では、

  「2015年までに世界でトップ10のチームとなる」

とありますので、このブラジル大会でベスト8に残ることが、大きな中間目標なんですね。

☆目標、目的、Vision、Goal・・・このあたりは、以前コネタにしていたかな・・・(^_^;)

ちぇりーさん、サッカーを熱心に見ていた頃は、まさか生きている間に日本がワードカップに出場するとは夢にも思いませんでしたので、ひょっとすると・・・

まあ、以前に比べ、出場国の枠も大幅に増えているという事情はありますが・・・

何れにしろ、先ずは来年のブラジル大会で結果を出してほしいものです。

そして、ちぇりーさん、残りの人生9,781日目の本日も、結果につながるよう、しっかり顔晴ってまいります!

ではでは!

by cherrylayla | 2013-06-05 07:43 | Comments(0)

<< 不要な制度改革? 会社は誰のものか・・・会社は誰... >>