人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 WBC台湾戦から学ぶリーダーシップ

ついつい最後まで観てしまいました。

昨晩のWBC2次ラウンド台湾戦。

開幕前は、さして興味を持っていたわけではないのですが、観始めてしまうと、やっぱりガチンコ勝負のプロスポーツは、面白いですね。

先ほど、日経のスポーツ面を読んでいたのですが、侍ジャパンの面々から溢れる言葉も、含蓄に富んだものでした。

d0004717_9114018.jpg


  「打ってやろうというのではなく、おいしいところがきたなと思え」

プレッシャーのかかる見せ場で、捉え方をどのように仕向けられるのか・・・これは事業経営においても同じかもしれません。

  「ただ、これを味わえるのはここだけと考え、思い切っていった」

リーダーという役割を担う上で、目の前に現れる壁も、そのように捉えると、見え方も変わってくるのでしょうね。

  「最低限の仕事ができる。そういう選手の集まり」

なかなか、そんなチームを作り上げることは簡単ではありませんが、プロ集団とはそういうものなのでしょうね。

それにしても、地元ドラゴンズから唯一選出された大ベテラン井端選手の活躍・・・誰が予想していたでしょうか!

何か憑き物が・・・というくらいのレベルですよね♪

明日のオランダ戦に勝てば、決勝ラウンド進出が決定とのこと。

もう少し楽しませていただきながら、応援したいと思います♪

残りの人生9,869日目の本日土曜日は、年間カレンダーではお休みなのですが、業務繁忙ということで、朝から社員さんが出社してくれています。

ありがたいことですね!・・・代休申請もよろしくね〜♪

ちぇりーさんは、先に失礼して、お昼から同級生とお楽しみ会。

どんなことになるやら、後ほどFBでアップしようかな〜(苦笑)♪

ではでは。

by cherrylayla | 2013-03-09 09:09 | Comments(0)

<< W伊東で幸せタイム・・・エリ先... 経営は「恕」と「中庸」と「温故知新」 >>