自動車保険配布スキンパーツ1 一念、道を拓く

今朝日経に目を通していると、久しぶりに致知の全面広告が掲載されていました!

d0004717_725159.jpg


今年で35周年を迎えるということですが、この雑誌が35年も続いているということは、まだまだ日本も捨てたもんじゃないと思わせられます。

今回の広告には、昨年11月号に掲載されていた、藤尾社長の総リードが紹介されていました。

日本の造船業の礎となった天野清三郎さん、四肢切断・達磨娘と言われながら、誰よりもしっかり生き抜いた中村久子さんのお話が、コンパクトにまとめられていますが、ちぇりーさん、致知と出会わなかったら、お二人の名前すら知らず、過ごしていたと思います。

そう、特に中村久子さんの話は、ずいぶん前に致知で知って、5年前に伝記をコネタにしていましたね。
『中村久子の生涯』 → http://cherrychan.exblog.jp/7737306/

珍しく、図書館で借りていましたね♪・・・緑図書館さん、ありがとう♪

その中村久子さんの言葉を前にすると、恵まれている我々が、もっと行動しないともったいない、ということを教えてくれます。


  「両手両足を切り落とされたこの体こそが、人間としてどう生きるかを教えてくれた最高最大の先生であった」

  「人生に絶望はない。いかなる人生にも、決して絶望はない」



”絶望”といえば、今週から教育テレビ『100分で名著』の再放送で、ヴィクトール・フランクルの名著『夜と霧』が取り扱われるようです。

時間帯もイイ感じなので、見てみようかな♪

明日あたり、致知の4月号も届く予定なので、今週は「人間学」の学習にも時間を割きたいと感じています!

そんなタイミングなのでしょうね♪

おっと、もちろん、残りの人生9,874日目の本日、先ずはしっかり仕事を通してお役立ちの積み重ねを!

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2013-03-04 07:22 | Comments(0)

<< 天皇とは何か・・・国滅びても天... 美女採集・・・ちぇりーさん編 >>