人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 相撲よ!

昨日のこと、残念なニュースが掲載されていました。

  名門・二所ノ関部屋、初場所後に閉鎖へ

  大相撲で史上最多の優勝32回を誇る横綱大鵬ら数々の強豪力士を生んだ二所ノ関部屋が初場所(13日初日・両国国技館)を最後に閉鎖されることが9日、日本相撲協会関係者の話で分かった。師匠の二所ノ関親方(64)=元関脇金剛、本名北村正裕、北海道出身=が昨秋から頭部の疾患により長期入院中で、部屋の運営が困難になっていたという。後継者も見つからず、角界屈指の名門部屋が消滅に追い込まれた。<デイリースポーツ電子版2013.1.10>

いやいや、二所ノ関部屋といえば、一門を率いる看板部屋と思っていたのですが、すっかり寂れてしまっていたんですね。

記事によると、古くは、名横綱大鵬をはじめ、戦前には横綱玉錦を輩出、何とあの力道山も角界時代は二所ノ関部屋だったんですね!

普段、大相撲のニュースは、あまり関心を持たないちぇりーさんですが、アンテナに引っかかったのは、先日こんな本を読んでいたせいかもしれません。

d0004717_7451297.jpg


 6.『相撲よ!』 白鵬翔著 角川書店

ちぇりーさん、以前から、白鵬関については、日本以上に日本のことを知っているモンゴル人だなあ、と尊敬の眼差しで眺めておりましたが、この本を読んで益々ファンになってしまいました!
☆以前の白鵬関に関するカキコを、ご紹介しておきますね!
『白鵬・・・超一流の仕事』
→ http://cherrychan.exblog.jp/7103220/

『快挙!』
→ http://cherrychan.exblog.jp/9248865/

『名経営者は木鶏なり』
→ http://cherrychan.exblog.jp/9771915/

『イマダ モッケイ タリエズ』
→ http://cherrychan.exblog.jp/12281028/

『巨人、白鵬、卵焼き』
→ http://cherrychan.exblog.jp/15444146


横綱の著書といえば、昨年、あの69連勝の偉業を成し遂げた横綱双葉山の『横綱の品格』を読了していましたが、

著書といっても、所謂語りおろしというスタイルのようですが、魅力を伝えるという意味では、大成功なのではないでしょうか!

それにしても、白鵬関、恵まれた環境をフルに活かして、ご本人の努力と相まって、名横綱への道を着々と歩まれている印象ですね。

著作の後半でも、あの安岡正篤先生が、双葉山から道場を開設する際に贈ったという『力士規七則』を紹介されていますが、どれだけの日本人がこの七則の存在を知っているのでしょうか・・・そういうちぇりーさんもその双葉山関の『横綱の品格』を読むまで、知りませんでしたが・・・( ̄◇ ̄;)


  ≪力士規七則≫

  一、我等幸に万物の霊長たる人間と生まれ、万邦無比の皇国に臣民たり。敬んで臣子の本分を全うすべし。

  二、相撲は国技なり。国史と共に生成し、国運と共に消長す。力士たる者当に日本精神を体現し、風俗の淳美を粋養すべし。

  三、力士の大成は最も師友の切磋琢磨に待つ。深く師恩友益を念うて、報謝の志を忘るべからず。

  四、斯の道は須臾も懈怠あるべからず。由来光陰は過ぎ易く、人生は老い易し、須く時に及んで勉強すべし。

  五、人にして礼節なきは禽獣に侔し。力士は古来礼節を以て聞ゆ。謹んで斯道の美徳を失ふこと勿れ。

  六、力士は質実剛健を旨とし、軽佻浮華を忌む。宜しく卓然として時流に拘らず、堂々たる風格を発揮すべし。

  七、居常健康に留意し、酒色を慎み、澹泊身を持し、荒怠相戒め、以て長く大成せんことを期すべし。



いやいや、転記しているだけでも、背筋がシャンとしますね!

実は、この『力士規七則』ですが、元となるモノがありまして、安岡先生がそれにあやかったようなんですね。

その元というのは、こちらでして・・・『士規七則』

はい、二十一回猛士こと、吉田松陰先生ですね!

松陰先生から安岡先生に繋がり、双葉山から白鵬へ・・・

いや〜、モンゴル出身の白鵬関に負けないよう、我々日本人、もっと日本のことを知りましょう!

そんなわけで、初場所は、白鵬を応援しようっと♪

おっと、その前に本日の残りの人生9,926日目、夜は会社の新年会!

パートナーさんも参加いただきますので、楽しく盛り上がりたいですね♪

昨日は休肝日だったから、また飲みすぎてしまいそう・・・いつまで続くおデブモード・・・(^_^;)

ではでは!

by cherrylayla | 2013-01-11 07:51 | Comments(0)

<< ちぇりーさんの東京見仏記・・・... 念願の満奈多さん訪問・・・師匠... >>