人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 発見『面白主義』・・・人が楽しいと感じる要素

東京遠征の土日、新聞を読まない生活をしていたら、私の履歴書が、森喜朗さんになっていました。

昨日の朝、まとめて3日分を読んでみましたが、どんな爆弾話が飛び出してくるのか、期待したいところですね。
☆ラグビー部出身であり、日本協会の会長ということは存じておりましたが、今朝の連載を拝読して、こんなにラグビーを一所懸命取り組まれていたのかと、目からウロコでした・・・

ところで、その履歴書ですが、先月のオムロン名誉会長・立石義雄さんの連載で、なるほど!と思ったことがあったので、忘れないうちにコネタにしておきます。

確か11月29日の連載だったと思うのですが、自ら50歳を過ぎてから「登山」を楽しむようになったところから得た気づきということで、

  「人が楽しいと感じる要素」

という4項目を紹介されていました。

それは、

  非日常性、挑戦性、連帯性、没入性

というもの。

ちぇりーさん、思わず“なるほど!”と手を打っていましたね。

確かに、趣味というか、時間を忘れて楽しむことに共通する要素かもしれません。

ちぇりーさんは、中断中ですが、するゴルフなんか、そうかもしれませんね。

仕事が趣味、なんて方も、そうなのかもしれません。

日曜版ではないので、画像は準備しておりませんが、性生活に楽しみを求める方も、そうかもしれませんね(笑)。

ある意味、これが一番、腹に落ちたかも(自爆)!

まあ、与太話はこれくらいにしておきますが(苦笑)、何れにしても、この4要素は達成感を得るためにも不可欠なものだと感じますね。

ちなみに、この4要素を画像検索してみたら、こんな図を発見することができました!

d0004717_728568.png


既に、体系化して学ばれている方々がいらっしゃるんですね!

ネタ元はこちらです。

前述の4つに、「何のために!」という要素を加えて、『面白主義』としてまとめられていましたが、こういうの好きだなあ(笑)!

はい、残りの人生9,964日目。

『面白主義』も意識して、楽しんでまいりましょう♪

ではでは!

by cherrylayla | 2012-12-04 07:28 | Comments(0)

<< 争点はそこだけなのか?・・・衆... 今シーズン初めての・・・稼働日... >>