人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 読書週間に突入しました!・・・『ホントノキズナ』

本格的な秋の到来ですね。

昨晩は、月夜に思いを馳せながら、遅い時間からアルコールを嗜んでしまいました。

そして、秋といえば、読書の秋!

今年は、先週の土曜日10月27日から11月9日の金曜日までが読書週間にあたります。

今年の標語は、『ホントノキズナ』というもの。

読書週間に突入しました!・・・『ホントノキズナ』_d0004717_658269.jpg


応募総数3681点のなかから選ばれたのは、河田衡兵さん(沖縄県)の作品だそうですが、その河田さんの受賞者のことばが泣かせます。

  今春、父が病気で他界しました。
  実家で通夜、葬儀を終え、父の持ち物を整理していると、書斎から懐かしい本がたくさん出てきました。
  私が「本」を扱った仕事をしていることを含め、改めて本を通して父との「絆」を再確認できました。
  本っていいものですよね。


ちぇりーさん、相変わらず歩みが鈍く、積読の山に囲まれているのですが、読書の時間は楽しみという側面と、仕事という側面、加えて人づくりという側面もあるので、もっと時間を確保しないといけないと、反省するばかりです。

読書週間ということもありますし、10月も残り2日となりましたので、ご紹介漏れの読了本をまとめてみます。


116.『山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた』
山中伸弥・緑慎也著 講談社
ノーベル賞受賞という最高のタイミングで発売された山中先生の自伝です。掲載されているエピソードは、既に報道されている内容と重複しているので、スイスイ読み始めたのですが、中学生から読めるという帯広告のコピーに反して、専門用語が出てきたりすると、ちぇりーさんにはチンプンカンプンで、その辺りは正直よく理解できませんでした(これは読み手の問題ですね・・・汗)。それでも、興味を持ったママさんは、超オモシロイと言っていたので、万人にオススメかもしれません。後半のインタビューもいいね!

117.『オーガスタのルーツは南アフリカにあり 世界のゴルフ史を変えたボーア戦争』
安井信之著 日本文化出版
こちらは、ブックオフの105円コーナーで見つけたものですが、前半の南アの歴史とボーア戦争の行は、なかなか読み応えがありましたね。惜しむらくは、後半の展開はちょっと稚拙な印象が否めないような・・・しかしながら、105円なら十分価値ある1冊でした。オーガスタとマスターズ・トーナメントに興味がある方は、こちらの本がオススメかも・・・『オーガスタ 知られざるマスターズの素顔』 スティーブ・ユーバンクス ベースボール・マガジン社・・・10年以上前に読みましたが、なかなかの力作でしたよ・・・って、どっちの紹介してるんだろう・・・汗

118.『争うは本意ならねど ドーピング冤罪を晴らした我那覇和樹と彼を支えた人々の美らゴール』木村元彦著 集英社インターナショナル
はい、先日コネタにさせていただいたJリーグを揺るがした冤罪事件のドキュメンタリー。それにしても、今更ながら、酷い話です。冤罪といえば、先日検察が無罪を主張したという、笑えない結果に展開した東電OL殺人事件も、本当に酷い話ですよね。本を読んだだけの知識で、そんな印象を持つのは自分自身どうかと思いますが、それにしてもJリーグのトップの皆さん、酷いリーダーですね・・・(T ^ T)・・・もう一度言わせてください、木村元彦さん、見事なゴールを決めてくれました♪

119.『横綱の品格』 双葉山定次著 ベースボール・マガジン社新書
これは、隠れた逸品!もっと読み継がれて良いのではないでしょうか!あの不滅の69連勝の横綱双葉山の自伝です。ちぇりーさん、知らなかったのですが、双葉山関、右目が見えなかったんですね。新興宗教にマインドコントロールされて発生した璽光尊事件とかも、全然知りませんでした。そんな興味深いエピソードが満載です。それにしても、謙虚な姿勢は、軸が全然ぶれていませんね。流石、木鶏に限りなく近づいた方ですね。後半の安岡正篤先生の教えも読み応えがあります。まさに、THE相撲道!見つけたら、買いですよ!

120.『映像本 いい会社をつくりましょう』 塚越寛・大久保寛司著 文屋
読んでしまいました。観てしまいました。またまた逃げ場がなくなってしまいました。先日、「世捨て人 鴨長明」さんからコメントもいただいておりましたが、“行ってはいけない・・・伊那食品”さんの魅力を、DVD2枚に凝縮した、超お値打ちな映像本です。今回、大久保寛司さんから、直接消費税サービスで(ありがとうございます♪)、さらにお値打ちにお譲りいただきました。DVD映像だけでなく秀逸なのが、塚越寛会長と大久保寛司さんのお話をまとめたBOOK。実に的確に読みやすく仕上げられています。丁寧な仕事は、流石文屋さんですね。当然、こんな濃い映像本ですから、日を改めてコネタにさせていただきますが、“気軽に観てはいけない・・・かんてんぱぱの映像本”といったところでしょうか・・・ちゃんちゃん!


というわけで、10月後半に読了した5冊をご紹介させていただきました。

ホントは、読書週間ということで、スパートかけて積読に手をかけたいところですが、無理せずマイペースで楽しんでまいります!

はい、11月もすてきな書縁に恵まれますように♪

ではでは。

by cherrylayla | 2012-10-31 07:01

<< 忘己利他・・・もう懲りたと嘆く前に 小さい秋見つけた♪ >>