人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 古河ゴルフリンクス

昨日の日本オープン、面白かったですね〜!

これぞ、ゴルフの真髄というか、ナショナル・オープンの重さを、しっかり感じることができ、大変有意義でした。

ちぇりーさん、ここ最近、ゴルフトーナメントの中継を見ることは少ないのですが、昨日は宮里優作選手の涙の地元での初優勝が見られるのかと期待して観戦していましたが、結局沈んじゃいましたね・・・

最近ゴルフ熱が急上昇のママさんは、なんであんな短いパットが入らないの?情けない!なんて切り捨てていましたが、だから面白いんですよね。

今回の日本オープンは、沖縄本土復帰40周年記念事業の一環にも位置づけられているそうで、77回の歴史にて、初めて沖縄県での開催が実現したんだそうです。

沖縄とゴルフいうと、宮里兄妹が出てくるまでは、大京オープンというイメージしかありませんでしたが、風と芝にトッププロも随分苦しめられ、今回の大逆転劇と、日本のゴルフ史に新たなる1ページが加わったという印象です。

ちぇりーさんがするゴルフを楽しんでいた頃、そこそこの腕前の方が、いやいや今日は風が強くてゴルフにならなかったよ、なんてことをこぼすシーンに頻繁に出くわしましたが、その度に、何だかなあと・・・苦笑

ゴルフというゲームは、やはりその発祥当時から風は付き物ですから・・・

いや、風が吹いても、吹かなくても、ゴルフはゴルフなんでしょうかね。

今回、見事伝統ある日本オープンの栄冠を手にした久保谷健一選手は、母校の後輩にあたりますので、今後も渋いプレーで、是非全英にも再チャレンジしていただきたいものですね。

そうそう、全英といえば、リンクスコース。

そのリンクスといえば、その昔、ゴルフを始めた東京時代、和製ですが強風のリンクスコースを堪能した想い出が蘇ってきました。

そのコースとは、古河ゴルフリンクス。

d0004717_6453972.jpg


設計は、あの金田武明さんです!

記録を確認すると、93年の1月12日、年休を取得して、強風吹き荒れる厳寒の中、プレーしていたようです。

スコアは49-50の99・・・パットを39回もしていたようです・・・汗

クラブハウスが随分ユニークだった想い出も・・・笑

ちぇりーさん、どうせするゴルフを再開するなら、またあんなコースでラウンドしてみたいなあ・・・

おっと、その前に心作りと体作りをしっかりしないといけませんね。

はい、今週も顔晴ってまいりましょう!

ではでは!

by cherrylayla | 2012-10-15 06:43 | Comments(0)

<< 人生で一番素晴らしい打球 Would i lie to ... >>