人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 朝カレーの効用・・・インド人もびっくり

先日届いた致知11月号。

何と、表紙はあの山中伸弥教授でした。

その直後にノーベル賞受賞ですから、編集部の皆さんの喜びも、一入だったでしょうね。

いち早く、京都の師範もコネタにされていましたが、ちぇりーさんも、改めて対談記事を読んでみたところ、気づき満載で、大変有意義なひとときを過ごすことができました。
☆人柄が滲み出て、良い記事でしたね♪

感謝!

ところで、致知に感謝といえば、その11月号の連載記事「大自然と体心」のテーマは、ちぇりーさんの習慣を認めていただけたような記事で、これまた嬉しかったですね。

  『朝カレーで一日を元気に過ごす インド人もびっくりの健康効果』

そこをネタにするかい!なんてツッコミも入りそうですが・・・苦笑

記事の中では、みなさんも薄々感じられているとは思いますが、日本のカレーは本場インドのものとは異なる日本のオリジナル料理であること、スパイスが大量に使われていることから実は身近な薬膳料理であること等々に始まり、カレーの持つ健康促進効果についても言及されていました。

ちなみにその健康促進効果というのは、

  ・食欲の調整
  ・消化促進作用
  ・減塩効果
  ・新陳代謝を促す
  ・血液の循環を促す
  ・中枢神経を刺激する
  ・自律神経を調整する
  ・ホルモンの分泌を活性化する

等々、なんだそうです。

また、カレーに必須のスパイスであるターメリックに含まれるクルクミンという物質には、活性酸素が持つ負の作用の抑制、抗酸化酵素の働きの活発化、解毒酵素の増大等々の効果があり、結果、カレーはガンを防ぐ効果もあるようなんです。

これは、イイことづくめですね♪

そして、肝心な作り方のコツですが、

  ・煮込みすぎない
  ・辛いカレーは邪道
  ・冷たい水はほどほどに
  ・たくさんの野菜を入れる

等々が、健康カレーをつくる秘訣なんだそうです。

辛いカレー好きのちぇりーさんには、少々耳が痛いところですが、今後は適度な辛さを楽しむ大人のスタイルを定着させたいところですね。

嬉しかったのは、

朝食にこそカレーを!

という提唱!

これは既に実践していることですから、引き続き自信を持って継続ですね!

ちなみに、今回の記事を執筆された丁 宗鐵(てい むねてつ)先生は、こんな本も執筆されているようで・・・笑

d0004717_6384012.jpg


  『病気にならない 朝カレー生活』 中経の文庫

これは、読むしかない!・・・ですね!

はい、ドンドン広がれ、朝カレーの輪!

あっ、ちなみにちぇりーさん、昨日に続き今朝もカレーライスでしたが、何か・・・笑

d0004717_6401223.jpg


付け合せの野菜もたっぷり、完食後は味噌汁もいただきました♪

やっぱ、食べ過ぎかなあ・・・苦笑

ではでは。

by cherrylayla | 2012-10-12 06:40 | Comments(0)

<< ノーベル文学賞、そして読書とは? 患難に素しては >>