人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 そうだったのか、本能寺!

土曜出勤日の本日は、昨日に続き、そうだったのか!
☆シリーズ化の予定は特にありませんが・・・明日は日曜日ですし・・・苦笑

はい、一昨日の夜、久しぶりに参加した那古野塾の例会です。

今月の講師は、岡崎で歴史教室を主宰されている市橋章男さん。

演題は、『それぞれの本能寺 〜信長の幻、光秀の望、家康の機 時代を変えたもの〜』という、歴史マニアには大変興味深いものでした。

ちぇりーさん、世界史はともかく、日本史は受験教科ではなかったこともあり、実は全然知らないんですよね。

そんなちぇりーさんも、40の声が聞こえてくるようになってから、近現代史を中心に興味を持ち始めていましたので、戦国時代も勉強してみようかと、ちょっぴり期待して臨みました。

いやいや、1時間半がアッという間で、面白かったですねえ。

「本能寺の変」の通説に様々な角度から疑問を投げかけられ、状況証拠だけでなく物的証拠から考察された自論を展開され、すっかり引き込まれてしまいました。

光秀の義は、自らが天皇を守るというものらしいのですが、クーデターではお天道様も見逃してくれなかった・・・そんなところでしょうか。

それにしても、如何に、多くのTVドラマた歴史バラエティが稚拙に史実を描いているのか・・・ほとんど捏造という話もありますが・・・考えさせられますね。

また、市橋さんの講義は、話の内容だけでなく、アイスブレイクから、最後のまとめまで、構成も素晴らしく、大変勉強になりました。

そうそう、未踏の史跡にも興味をそそられましたね。

京都建勲神社、岡崎法蔵寺、天童三宝寺、甲府恵林寺、丹波亀山城、京都南蛮寺跡、京都阿弥陀寺、京都本能寺跡・・・

知っているのと知らないのでは、楽しみ方も、その味わいも大きく変わってきますよね。

ちなみに、市橋さんが取り上げられていた通説に対する疑問は、こんな切り口でした。

  信長は何故少人数で本能寺に泊まっていたのか?

  長男の信忠は二千もの兵を擁しながら、何故抵抗もなく自決したのか?

  家康は堺に一泊しかしなかったのは何故か?

  そもそも光秀は何故信長の命を奪ったのか?

光秀自身に対する怨念説、危機感説、野心説・・・にも言及され、歴史の1ページをダイナミックに伝えてくれましたね。

ご興味があれば、お声がけください。完全受け売りですが、記憶の範囲内でお話させていただきます(苦笑)。
☆同じ丙午の山田社長さんが、今朝ほど上手くブログ『前向きにいこう!』にまとめられていましたので、勝手にリンクを・・・笑


そうそう、市橋講師のプレゼン資料を、思わず写メしてしまったのが、こちらの1枚。

d0004717_6531161.jpg


日本に唯一残る信長の肖像画を写真に収めたものなんだそうです。
☆天童市三宝寺蔵

市橋さん、アイスブレイクの際には、現在の閉塞した状況は、明治維新に端を発するというお話もされていましたが、これにはちぇりーさん、超共感できましたね。

あらゆる制度の見直しは、ここまで戻って考えないといけないかもしれません。

やっぱり歴史の勉強は必要だし、それ以上に超面白いですね♪

本日の研修会でも、少し時間を割いて、取り組んでみようっと!

ではでは。

by cherrylayla | 2012-09-08 06:53 | Comments(0)

<< そうだったのか、DM(壇蜜)! そうだったのか、円覚寺! >>