人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 そうだったのか、円覚寺!

先日届いた致知10月号。

カミングアウトすると、ここ1〜2年、しっかり読み込むことが少なかったのです。

そんな状況で、説得力は甚だ欠けるのですが、今月の巻頭言と総リードは良かったですね!
☆実は、毎月の巻頭言と藤尾社長の総リードだけは、必ず4色ボールペンでマーキングしています。コンパクトだからですかね・・・苦笑

特に中條先生の巻頭言、円覚寺の由緒については、全然知りませんでしたね。

円覚寺といえば、昨年のお盆に参詣しているのですが、無知とは悲しいもので、知っていれば、また更に楽しみ方が違っていたと痛感します。

d0004717_659724.jpg


☆昨年の風景・・・改めて、ご案内いただいたU先輩、ありがとうございました♪

それにしても、元寇で命を失った敵味方双方の犠牲者の鎮魂のために建立されたとは!

円覚寺のような名刹の由緒だけでなく、靖国神社の成り立ち等、寺社仏閣の由緒を正しく知ることは、国民の義務かもしれませんね。

できれば、ご本尊やご祭神についても理解してお参りすると、より楽しめると思います。

中條先生がご提案されている「円覚寺サミット」については、その実現性は?ですが、その前に、我々一人ひとりが、正しく歴史を知ることが重要ですね。

まさに、タイトルにもなっている「殷鑑遠からず」!

ちなみに中條先生は、

  歴史を教わっていない昨今の若者の中には、元寇という国家の最大危機すらも知らない者が多い。

と断言されていますが、早速娘に問いかけてみると、馬鹿にするな!と一蹴されてしましました。

中條先生、若者もまだまだ捨てたものではありませんよ(苦笑)!

その若者も捏造された歴史を知りながら、相変わらず朝鮮王朝時代劇を欠かさず見ているようですが・・・涙

こっちのほうが、危ういかもしれませんね・・・汗

何はともあれ、円覚寺、再訪してみたいなあ!

ではでは。

by cherrylayla | 2012-09-07 06:59 | Comments(0)

<< そうだったのか、本能寺! ハナからハナへと〜♪ >>