人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 あり得ないお店・・・その3(居酒屋編)

あり得ない話の3回目、本日で一旦終了できるかと存じます(ホントか?)。

そのあり得ない珍道中の末、何とか刈谷駅に到着したちぇりーさん。

確か駅ビルの2Fだったという記憶を頼りに、改札を抜けると、駅ビルなんて無いじゃん・・・

地上まで降りてみましたが、目指す店の看板すら見あたらず、仕方なく改めて待ち人に電話で確認すると、駅と直結しているホテルの2Fだということ。

また、ここでも思い込みでプチ失敗をしでかしてしまいました。

d0004717_6152483.jpg


20分前に到着するはずが、25分も遅参するという、大顰蹙オトコのちぇりーさん。

バツが悪そうに入店すると、いらっしゃいませという声とともに、アルバイトと思われる店員さん(姉ちゃん)が対応してくれました。

Sさんの予約で入っていると思うのですが・・・

  Sさんですか?え~と、え~と、(予約表を確認するバイト姉ちゃん)、あの~、ありませんが・・・なんなら、勝手に店内を見てもらってもいいですか?

  はあ?

  あっ、ありました、ありました、Sさんありました。こちらです。

何だかなあ、と思いながら、案内されると直ぐ近くの小部屋でしたね。

ちぇりーさん、まずは土下座で遅参の非礼をお詫びすると、大変だったねえ、と先輩方をはじめ皆さん温かく迎えていただきました(笑)。

有難いことですね。

さてさて、着座して直ぐに、不在中にお話しされていた内容をコンパクトに教えていただき、数分ほどオシボリを待ちましたが、なかなか出てきません。

すいませ~ん、(本来は、すみませ~ん、ですが)と何度か声を上げても反応がないので、ちぇりーさん入口付近まで足を運ぶと、オシボリ用のHOT BOXを見つけ、予備もいただこうと、ドアを勝手に開けて、オシボリを2本部屋に持ち込みました。

すると、程なくそのバイトのお姉ちゃんがやってきて、オシボリをちぇりーさんに渡そうとします。

  あの、オシボリもう自分で取ってきたんですけど・・・目の前の2本見えないの?

いやいや、マニュアル対応ですね。

いや、マニュアルなどきっと頭に入っていないんだと思います。

その証拠に、お飲物は?の一言を残さず、立ち去ってしまいました。

この店は大丈夫なんだろうか・・・

そう思いながら、改めて、すいませ~ん、と声を張り上げると、ようやくオーダーを対応いただけることに。

そして、このあり得ないお店、これがほんの序章だったとは・・・

しばらくして、若手のエースNさんが追加オーダーした鉄板チヂミが運ばれてきました。

ところが、これがチヂミとはとても思えない代物で・・・

どうみても焼けていないんですよ。

もんじゃ焼きの生焼き?を連想させます。

テーブルに置かれたチヂミと称される一品を、参加者全員でしばらく眺めてみましたが、どう見てもおかしいと、配膳したバイトのお姉ちゃんを呼んで確認すると

  うちの鉄板チヂミはそういうものです

と断言します。

一同、ホンマカイナ、なんて空気が漂いましたが、そう思いながらも、注文した責任ということで、Nさんが一口食べてみると、

  うわ、これ焼けてない!

と、叫び声が・・・

一人の味覚ではと(味覚以前の問題ですが)、さらに若手のTさんが一口・・・

  全然、ダメじゃないですか!

これには、全員、怒り心頭で、再度、バイト姉ちゃんを呼びつけ、厨房に持っていって確認しろと要請すると、渋々持ち去っていきました。

しばらくすると、そのバイト姉ちゃんが、

  すいません、焼けてないみたいでした

と悪びれた様子もなく・・・

いやいや、これには、ちぇりーさんブチ切れましたね!

  分からないことを勝手な判断でお客さんに言うな

  食中毒が発生したら、大問題だぞ

  もっと真面目に仕事しろ

速射砲のようにバイト姉ちゃんに畳みかけると

  作り直してきます

という返答が・・・

  誰が食うか!

いやいや、せっかくの和やかな場が、ちぇりーさんのブチ切れで台無しでしたね。

申し訳なかったのは、幹事を担当していただいたS先輩に断りもなく、お店側に文句をつけてしまったこと・・・ホント未熟さを露呈してしまいました

こういうケースの収め方としては、一般的には、店長さんが平謝りで対応いただくことろなのですが、結局会計して店を後にするまで、何も対応がありませんでしたね。

これもあり得ない。

実は、輪をかけてあり得ないのが、途中トイレに立った若手のTさんの耳に届いた、バイト姉ちゃん同士の会話の内容。

  あのチヂミ、最初から焼けてなかったよね、あんなの直ぐわかったよね

もう、こういう店には立ち寄ってはいけませんね。

ちなみに、後日PCから、その店舗の屋号と“最悪”というキーワードで検索すると、他店舗ながら「店員の対応が最低のお店」という情報が・・・

やれやれ。

正直、ドリンク類はそこそこお値打ち感があり、お刺身は美味しかったのですが、他のメニューはイマイチ、接客は地の底という印象ですね。

こんなケースは、反面教師とすることで、降りかかった災難を活かすことですね。

それにしても、この競争が激しい外食業界で、よく生き残ってるな~!

ある意味、これがあり得ない不思議かも。

食べることなので、ついつい力が入ってしまったちぇりーさん。

これにメゲズに、これからも、良いお店にご縁がいただけますように!

ではでは。

by cherrylayla | 2012-07-06 06:10 | Comments(0)

<< 中津川でスイーツといえば学生氷 あり得ないお店・・・その2(名... >>