人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 ツクモ神降臨?

昨日の朝でした。

朝礼を終え、暫くすると、突然ネット環境がアクセス不可に!

愛用のノートPCもかなりヘタってきたから、仕方ないなあ・・・再起動するかと操作しようとすると、オフィス中のPCが同じ状況になっていることが判明!

社員さんがハブの抜き差しを始めたりしていたのですが、ちぇりーさん、思うところあり、別のフロアのルータ設置スペースに向かうと、なんと電源が切れていたんですね。

しかも、ルータの電源そのものではなく、電源供給されているOAタップの電源スイッチがOFFになっていたのです。

つい数分前まで使えていたということは、何らかの拍子でスイッチがOFFにされたわけですが、記憶を辿ると10年程前に購入したもので、そんな自動ON・OFF機能が付いているハイエンドの製品でもありません。

狐につままれるとは、正にこのことと思わざるを得ない状況だったのですが、電源をONにして、元のフロアに戻り、社員さんに伝えると、最年少のI君から、

  BOSS、ツクモ神の仕業じゃないですか?

と声がかかりました?

ツクモ神???

早速ググってみると、なるほどの記述が・・・

  付喪神(つくもがみ)とは、日本の民間信仰における観念で、長い年月を経て古くなったり、長く生きた依り代(道具や生き物や自然の物)に、神や霊魂などが宿ったものの総称で、荒ぶれば(荒ぶる神・九尾の狐など)禍を齎し、和ぎれば(和ぎる神・お狐様など)幸を齎すとされる。
  「付喪」自体は当て字で、正しくは「九十九」と書き、この九十九は「長い時間(九十九年)や経験」「多種多様な万物(九十九種類)」などを象徴し、また九十九髪と表記される場合もあるが、「髪」は「白髪」に通じ、同様に長い時間経過や経験を意味し、「多種多様な万物が長い時間や経験を経て神に至る物(者)」のような意味を表すとされる。

d0004717_7134624.jpg


いやいや、ちぇりーさん、全然知りませんでしたね!

ちなみに、他の社員さんに聴いても、60代のベテラン社員さんを筆頭に、誰も知りませんでした!

モノにも魂が宿るということは、意識していましたが、魂ではなく神様がモノに宿るという視点はありませんでしたね・・・もちろん、岩や瀧など、自然物は神様の仮の姿という認識は持っていましたが、よく考えたらPC等の工業製品も、分子・原子・素粒子からできているわけですから、根っこは自然物と何ら変わらないのかも知れませんね。
☆ちなみに、今回のツクモ神、正体が判明しました(笑)。

d0004717_714459.jpg


改めて、モノを大切にしなければいけない、そんなことを、I君の発言から学ぶことが出来ました!

ということで、今まさにカキコさせていただいているノートPCちゃん、良い子だから、末永く顔晴ってくださいね!

ではでは!

by cherrylayla | 2012-05-29 07:14 | Comments(0)

<< 育てるということ・・・喜多川泰... 五悪・五善・五美・・・そして、4悪 >>