人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 問題と逆境は別のもの

今朝は超ゆっくり目に始動!

前日、何故か1時間半しか寝られず、2時頃から起きていたので、その反動なのでしょう。

たっぷり7時間半睡眠で自動調節したようです。

足して2で割れば1日あたり4時間半なので、おかげさまで朝から目がシャキッ!ですね。

さて、朝といえばちぇりーさん、様々なルーティンを楽しみながら取り組んでいるのですが、プチ朝活ではないですが、ここ何年も一日一言的なものを続けていることは、以前にもご紹介させていただきました。

ちなみに今年は、安岡先生の再読と新ネタとして下記を取り入れています。

d0004717_9161223.jpg


『伸びる会社には必ず理想のリーダーがいる』
ジョン・C.マクスウェル著 児島修訳 辰巳出版


これ、毎朝、いろいろ考えさせられてイイですよ〜♪

常に、実務に、そしてプライベートに照らし合わせることが多く、大変参考になります。

そんな中、2月23日(木)【第8週の水曜日・・・1週間5日ペースで26週で終了するようになっています】は、「問題と逆境は別もの」というテーマでした。

  「問題」とは、何らかの解決策を見つけられるもの・・・アブラハム・カプラン

  「逆境」とは、自力では変えられず、立ち向かうのに忍耐が必要。

  「逆境」を「問題」と捉えると、不満や怒りばかりが積もってしまう。

  「問題」を「逆境」と捉えると、開き直りや諦め、被害者意識のようなネガティブな気持ちが生じてしまう。



その上で、こんなポジティブな思考を示唆してくれます。

  「問題」<problems>は、

  予測でき<predictors>、思い出させ<reminder>、好機であり<opportunity>、

  祈りであり<blessing>、教訓めいた<lesson>、どこにでもある<everywhere>、

  メッセージで<message>、

  解決可能である<solvable>。

如何ですか?

何だか朝から元氣と勇気をいただけますよね!

d0004717_9171736.jpg


☆こちらは原書ですね!

そんな翌日(昨日のことですが)、偶然にも、安岡先生の一日一言は「不遇・逆境の用」というもので、ビックリ!

  いかなる所へ行っても、牢獄に入れられても、島流しにあっても、悠然としてふだんと変わらないようになるには、よほど自分を作らなければならない。そういう意味では、不遇・逆境というものは、自己を練る最良の場所。

シンクロしましたね〜♪

ちぇりーさん、まずは、恵まれた環境にいることに感謝して、日に新たの気持ちで引き続き実践に取り組んでまいります!

そして、本日はご紹介いただいたお客様に表敬訪問。

すてきなご縁が広がりますように!

ではでは!

by cherrylayla | 2012-02-25 09:17

<< 疚しいぞ!男性限定 Stiff Neck >>