人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 『to be 思考』

昨日の午後のひととき、ご縁をいただき常滑まで足を運んできました。

地域おこしに関する研修会だったのですが、80名以上の参加者、その中には経産省の課長補佐もという、なかなか地方では見られないような盛況ぶりでしたが、内容はその雰囲気以上に有意義でしたね。

といっても、スケジュールの都合で、ちぇりーさん前半の2時間少々しか参加できなかったのですが、それでも価値ある時間を活用することができました。

コーディネーターは、その世界では超有名な藤崎さんというまちづくりの達人でしたが、ファシリテーターとしても一流でしたね。

ちぇりーさん、今回地域おこしが主題のセミナーでしたが、事業経営においても共通することばかりで、楽しめました。

☆よそもの、わかもの、ばかもの 三位一体で認め合い活性化していくこと

 → 第3者視点、実行部隊、企画部隊・・・結局、TOPは総合プロデューサーなんですね。もちろん、そのTOPが汗をかかないと、誰も動いてくれません。原点は理念に共感していただけるか否か。

☆間違えることは、考えること

  → 困っている人がいたら、どうやったら喜んでもらえるか考えなさい!ディズニーの言葉なんだそうですが、まさに顧客本位の源がここにありますね。そして顧客本位は不況知らず!

☆『to be 思考』であれ!

  → いかに在るべきかを問い直すこと!お〜、これは、まさにやり方ではなく、在り方。シンクロです!

☆何のために、ヨコ連携、生き方の問題

  → まさに、藤原先生の言われていることですね。ガラパゴス論にもつながります!

d0004717_7343269.jpg


何れにしろ、大切なことは、最も大切なことを大切にすること。そのために、学び、考え、そして実践!こちらもPDCAをしっかりまわして!

う〜ん、最後は細井平洲先生の教えに落ち着いたところも、知多半島らしくてよかったかも!

はい、本日は午後から京都へ。

中部経営塾のPRもしっかりと!

ではでは!

by cherrylayla | 2012-01-20 07:33 | Comments(0)

<< 京都でワシも考えた( ̄^ ̄)ゞ 手帳は技術革新か? >>