人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 ただひたすら、前へ 明治大学ラグビー部

NHKさんも期待してくれていたのでしょうか?

母校ラグビー部の復活を・・・

昨日の夜、総合テレビで放映されていた『アスリートの魂』。

情報を提供いただいたのは、FBでご縁をいただいていた茨城県の中島先輩でした。
☆中島先輩、ありがとうございます!

番組のホームページには、こんなカタチで紹介されていました。

  99年以降、長期低迷に苦しむ明治大学ラグビー部。
  吉田義人監督は、復活の鍵を握るのが、部訓『前へ』の徹底にあると語る。
  今季、チームを引っ張るのが、溝口裕哉主将。部訓『前へ』を理解し、監督からの信頼も厚い。
  だが、関東大学ラグビー対抗戦の真っ直中、溝口主将は肉離れを起こしてしまう。
  試合が始まると指示が出せない監督に代わり、試合を操る司令塔の主将が、戦列から離れることになった。
  対抗戦13年ぶりの優勝を目指す明治大学ラグビー部。
  脈々と流れる『前へ』を受け継ぐ者たちの戦いを追う。

d0004717_716478.jpg


☆興味を持って検索していたら、こんな本が発売されていることを発見!ちぇりーさんが持っている、『前へ』とは違うのかな?ひょっとして、復刻版?ご存知の方、情報提供お待ちしております!

対抗戦の結果は、皆さんもご承知の通り、帝京戦、そして早明戦と大事な終盤に連敗してしまい、対抗戦13年ぶりの優勝は夢と消えてしまいました。

それでも、帝京大学の試合は観戦していませんが、日曜日の早明戦は、惜敗してしまったものの、メイジらしい試合でよかったと思います。

とにかく、ボールを持ったら前へ、という伝統のプレーが試合を通じて意思統一されていたように感じます。

さて、番組を見ていてビックリしたのは、合宿所とグランドがメチャキレイなこと!

伝え聞いてはいましたが、これほどとは・・・

八幡山の土のグランドへ応援に行って、立ち見をしていた頃は四半世紀前ですから、隔世の感がありますね。

それと、現役学生の皆さんの雰囲気が、これまた四半世紀前とはずいぶん異なること。

これも時代の流れなんですかね・・・何だか爽やかすぎて、メイジっぽくないんですねえ・・・苦笑
☆まあ、2年連続入学志願者ナンバーワンですから、イメージも変わりますかね・・・笑

変わってないのは、吉田監督だけかなあ。
☆逆に、現役当時、特に下級生の頃は、ある意味チームでは浮いていましたからね。

ところで、驚いたのは、昨日発表された大学選手権の組み合わせ・・・

対抗戦2位と3位でこんなに違うのかと思うくらい、差がありますよね!

まあ、これも母校にとっては一つの試練。

幸か不幸か、順当に初戦を勝ち抜けば、12月25日(日)、リーグ戦の猛者・東海大か対抗戦で早慶を下し、最終戦で帝京大学を震え上がらせた?筑波大学の何れかと対戦・・・大汗

正月の国立を賭け、正念場を早くも迎えます。
☆でも、リーグ戦2位でいきなり初戦に筑波と対戦させられる東海大もたまったもんじゃないですよね。

そして、見事勝ち抜けば、正月2日には帝京大学とのリターンマッチ。

険しい道が続きますが、学生チームは難局を乗り越えることで急成長することがありますので、期待を持って見守りたいですね。

はい、もちろん、段取りしてクリスマスは瑞穂に繰り出しますよ!

当日は、坂の上の雲の最終回ですから、一昨日同様、楽しみが満載ですね!

ゆっくり、母校のラグビーと『坂の上の雲』を楽しむことができるよう、引き続き年の瀬に向けてやるべきことに取り組んでまいります!

本日も『前へ』。

ではでは。

by cherrylayla | 2011-12-06 07:18

<< ロシア民謡と安息日と卒業式 旅順総攻撃・・・みな、ようやっておる >>