人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 長月の終わりに気づいたこと・・・経営に終わりはない

本日は9月最終日。

長月も残すところ今日一日だけですが、そもそもこの呼び名は旧暦をベースにしていますので、本来的には?新暦の10月上旬から11月の上旬にあたりにあたるそうなんです。

確かに、9月に秋の夜長と言われても、今ひとつピンときませんね。
☆それでも、今朝は珍しく2度寝をしてしまい、始動が約1時間遅れてしまいましたが・・・汗

ところで、その9月最後のカキコは、この1ヶ月にご縁をいただいた読了本のご紹介と思っていたのですが、今朝のルーティン中に、思い直しました。

ちぇりーさん、以前にも紹介させていただいたとおり、今年の朝の日課として松下幸之助翁の『松下幸之助 成功の金言365』を読んでいるんですね。

そして今朝の言葉にはピンとくるものがあり(苦笑)、早速手帳にメモっていました。


  9月30日  「頂上の事業」

  経営者には、日に新たな発想がないといけないと思う。世の中は動いているのだから、一日一日、考えが進んでいかなければならない。従業員が十人いるとき、その十人いるときの考えに執着するのでなく、十五人になるということも考えていく。今月は売上げが一千万円だけれども、来月一千五百万円売るにはどうしたらいいか、そのように、経営者は絶えず求めるものをもたないといけない。経営というものは、いってみれば終わりのない壁画を描き続けるようなものだから、常に、そういう希望をもっていなければならないと思う。
  すべての事業には、ここが頂上で、これでおしまいなどというものはない。だから私は、今でもこうしなければいかん、ああしなければいかんということを考えている。相談役ではあるけれども、相談役という立場に立って、それなりに事業のよりよき姿を考え続けているのである。



昨日の考えに執着せず、今日の考えを明日にはさらに発展させる。

日に新たに、生成発展、絶えず追い求めていくことが大切なんですね。

d0004717_7224536.jpg


そういえば、この本の9月の月間テーマは『経営者になる』でした!

その9月最後の一日をしっかりやりきって、明日からスタートする10月をより充実させていきましょう!

う~ん、無性に藤沢武夫さんの『経営に終わりはない』を再読したくなってきました・・・笑

ではでは。

by cherrylayla | 2011-09-30 07:17 | Comments(0)

<< 9月はこんな9冊 当たり前あれこれ >>