人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 26年ぶりの恩師との再会

いやいや、楽しいひとときでした。

昨晩は26年ぶりに高校時代の恩師との再会。

セッティングいただいたのは、これまた人生の師の一人・進一郎先輩。

高校時代は一度もお話ししたことはなかったのですが、同じ大学に進学ということで、可愛がっていただきました。
☆大学1年生の時だけで、先輩とご一緒させていただいた飲み会で、誇張ではなく1000回以上はトイレに駆け込んでいますね(苦笑)・・・ホントです・・・鍛えていただきました・・・おかげで1年生の時はほとんど学校に行けませんでしたがって、それは意志の問題か・・・汗♪

さて、恩師というのは、ちぇりーさんが高校2年生の時に新卒の英語教師として赴任されてきた桑原先生。

赴任早々、サッカー部の顧問になられ、部員だった進一郎先輩とは卒業後も何度か交流をされていたようです。

それでも、転勤族の進一郎先輩ともしばらく会う機会が無く、昨年十数年ぶりに東京で再会された際、今度はちぇりーも誘いましょうと話が弾み、昨晩の会が設けられました。

ちぇりーさん、桑原先生の想い出は、とにかく音楽ですね。

今でもバンド活動を楽しまれている桑原先生ですが、学園祭の手作りコンサート(LIVE)や卒業コンサートの設営について御指南いただき、音楽好きの我々は大変お世話になりました。
☆ちぇりーさん、シンバルを叩きすぎて、凹ませてしまいましたね・・・若かったなあ・・・掛け持ちバンドではAC/DCとかSabbathのコピーをやりましたね♪・・・メインバンドでは、judasやmaidenのコピーでしたね(こちらはヴォーカル担当)♪

また、個人的には、XTCの扉を開いてくれたのも桑原先生でした(90分テープに編集してプレゼントしていただきましたね)。ミュージック・マガジンを読むようになったのも、桑原先生の影響でしたね。

進一郎先輩とは5年、ちぇりーさんとは6年の歳の差ということで、今年で51歳になられる先生。

お店で再会したときは、流石に26年ぶりということで、ちぇりーさんの顔にピンとこなかったようですが(それでも当時の卒業アルバムで予習いただいていたそうです)、乾杯を終えると、当時のようにちぇりーと呼んでいただけたのは嬉しかったですね。
☆ちぇりーさん、ちぇりーと呼ばれるようになったのは高校時代からでした。

d0004717_623994.jpg


☆四捨五入すると二人とも50歳ですね!

話も弾み、桑原先生とは、プライベート同窓会でゲスト参加いただくことも決定!

四半世紀以上会っていなかったことが嘘のように、お互いの近況も含め、情報交換が出来、4時間半がアッという間でした。

ちぇりーさん、次回お会いできる日まで、少しでも成長できているよう、本日から日々是精進で!

企画していただいた進一郎先輩、ありがとうございました。

そうそう、お世話になったお店(小粋でお洒落なおでん屋さんでした)も最高でした!
☆オススメいただいた中本さんにも感謝!

d0004717_625755.jpg


☆これが看板メニュー?のトマトのおでん!美味しかったです♪

学縁、地縁、職縁、道縁、血縁・・・

ホント有り難いですね。

改めてご縁に感謝♪

ではでは。
  

by cherrylayla | 2011-09-18 06:03 | Comments(0)

<< 岡本太郎生誕100年企画展『顔... 松下幸之助翁が泣いている >>