人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 一滴、一滴が海になる

大型台風接近中・・・間もなく四国に上陸するようです。

名古屋地方も相当風が強くなってきました。

西日本を中心に風雨による被害が出始めているようです。

最小限に収まってほしいものですね。

さて、最小限といえば、最少得点で勝った昨日の北朝鮮戦。

ちぇりーさん、昨晩は台風接近ということで、社員さんにも早めに帰宅していただき、自身もいつもより早めにオフィスを後にしました。

丁度、後半が始まるところでしたので、前日にママさんが飲み残していた安旨白ワイン(ワンコインのチリのシャルドネ・・・CP最高です♪)を楽しみながら、TV観戦しました。

試合は御存じの通り、ロスタイム残り2分弱に、吉田選手の劇的なゴールで勝ち点3をゲットできたわけですが、実はちぇりーさん、なかなか決まらない中でも、多分こうなるんだろうなあと思って観ていられたんですね。

戦術的なことはよくわかりませんが、素人目に見ても実力差は歴然。

その上で、日本代表は愚直にやるべきことをやり続けていたように感じました。
☆ホームということも大きいですが・・・

もちろん、伝統の?決定力不足を何度も見せられるたびに、イライラ感を覚えましたが、最終的にはサッカーではよくある展開ですね。

そういう意味では、本当に日本代表は強くなったんだと思います。

ザック監督が、会見で

  一滴一滴が海になる

というイタリアの格言を紹介されたと、朝刊で知りましたが、すてきな言葉ですよね。

d0004717_6282346.jpg


決勝点をあげた吉田選手の印象は、これまで、凡ミス(パスミス等)でチームを窮地に追い込む問題児というものでしたが(酷い表現ですみません)、本田、長友を欠くチームの窮地を今回は救ったカタチになりましたね。

何れにしろ、いろんなことが学べる、有意義な試合だったと思います。

そして、今夜はなでしこですね。

その前に、ホント台風、早いとこ通り過ぎてくれないかなあ・・・週末の予定が台無し・・・涙

ではでは。

by cherrylayla | 2011-09-03 06:25 | Comments(0)

<< 大自然は我々に何を・・・ 致知33周年について思うこと >>