人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 和製シエスタ

昨日の日経夕刊「らいふプラス」面・「節電と暮らし」欄に、興味深いネタが紹介されていました。

  職場で広がる昼寝文化

何でも、岐阜県庁が『シエスタ休暇』なるものを始めたそうなんです。

運用の詳細はよくわかりませんが、へ~、ってな感じですね(どんな感じや!)。

民間でも、大阪のコンサル会社が、13時~16時は強制的に仕事を中断し、リクライニング機能が付いたイスで全員が昼寝(ジムに通う方や食事をゆっくりする方も)。英気を養ってから、再び18時~20時までしっかり業務にあたるんだそうです。

d0004717_6394556.jpg


☆人様のブログから拝借しました!シュール!

昼寝の効用については、ちぇりーさん、これまで実践してきたわけですが、過去形表現なのは、実は最近お昼寝は以前ほどしなくなりました。

その理由は、夜の睡眠時間が増えてしまったこと。

以前のパターンは、平時は23時30分に布団に入り、3時58分に起床、日中睡魔を感じたら、適度15~30分ほど仮眠するというスタイルを4~5年続けていました。

ところが最近、夜は瞼が早々に閉じてしまい、朝も以前にくらべゆっくり目に起床(それでも4時台ですが)することが多いんです。
☆半年ほど前?、体調を崩してから、早く寝るようになってしまいました。

試しに1週間を振り返ってみると、

就寝時間は、

23時45分(水)、23時30分(木)、0時(金)、23時30分(土)、21時50分(日)、23時(月)、22時30分(火)、そして昨晩は22時45分(水)

あれれ、言うほどでもないなあ・・・苦笑

念のため起床時間は、

5時38分(木)、4時30分(金)、4時10分(土)、4時50分(日)、3時50分(月)、5時10分(火)、5時(水)、そして本日は4時15分(木)

何だかメチャメチャですね。

ちぇりーさん、前言撤回!

単に不規則になっただけかも知れません(汗)。
☆前夜痛飲した場合は、いかんせん、長めになってしまいます・・・アルコール処理の関係上ですね

睡眠時間としては、5~6時間は確保しているようなので、その分昼寝をしなくても済んでいるのでしょう。

ちなみに記事では、主要18カ国の中で日本は2番目に睡眠時間が短く、最も長いフランスに比べ1時間差があるとのこと。

ぞれでも7時間50分ですから(ちなみに最も短い韓国は7時間49分と1分差)、やっぱり皆さん寝過ぎなのでは?

いつも感心するのは、FBで友達になっている方々は、早朝からアクセスされている方多いです!

単に、類は友を呼ぶ、ということかもしれませんが・・・苦笑

あっ、ちぇりーさんと同類にされては迷惑の方も多いかも・・・自爆

まあ、ちぇりーさんの場合、どこでも1分以内に寝ることができるという特技がありますので、それにも救われているかも知れません。

それにしても、昼寝のタイミングまで強制されるとは、震災の影響の裾野は広いですね。

でも昼寝の効用は、代議士の先生方の専売特許にしておくにはもったいないような・・・

何れにしろメリハリつけていきましょう!

ではでは。

by cherrylayla | 2011-07-07 06:39 | Comments(0)

<< 朝からスイーツ♪ 情に溺れず冷静に判断せよ >>