人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 でんき予報スタート!

本日から始まるようです。

中部電力のでんき予報。

サイトはまだアクセスできない(6/21・4:30現在)ようですが、6月21日にプレスリリースには、こんな感じで表現されていました。

  『中部電力でんき予報』は、当社ホームページ上で日々の電力需給状況などを分かりやすくお伝えすることを目的としており、お客さまが節電にご協力いただく際にご活用いただけるものと考えております

d0004717_446429.jpg


一瞬、目的と手段を間違えていないかと注文をつけたくなりましたが(苦笑)、まあそんなに目くじらをたてることもないですかね。

それより、今回の震災だけでなく、毎年のように自社の商品をできるだけ買わないでくださいと啓蒙しなければいけない組織が民間企業である、ということがそもそも変だと感じているのは、ちぇりーさんだけではないと思います。

根っこは、電気事業法の総括原価方式。

発電・送電・その他営業経費等全ての費用を「総括原価」としてコストに反映させ、その上に一定の報酬率を上乗せした金額が商品売上に等しくなるように電気料金を決めているという、びっくり仰天のシステムです。

ちぇりーさん、四半世紀前、確か広瀬隆さんの『危険な話』(だったと思うのですが)で知り、お気楽学生ながらも、何故国営にしないのかと素朴な疑問を抱いた記憶があります。

ちなみに、ガスをはじめ他のエネルギーにはそんな厚遇措置はないようです。

今回の震災を教訓に、防衛、警察等と同様に、電力も国の手に委ねるべきではないか。

もちろん、その条件として過去に類をみないほどの徹底的なガラス張り運営が求められるのは言うまでもありませんが。

そして、我々はできる範囲で、節電に協力すること。

振り返って見ると、キャンドルナイト等、何年も前からそんな意識は浸透しつつあり、良識ある国民は、少なからず準備ができていたんだと思います。

震災発生から4カ月目に突入していますが、変われない組織の選別にますます拍車がかかっているように感じますね。

肝心なことは、意識レベルだけでなく実践力。

そういう意味で、今回のでんき予報がどれだけ活用されるのか、中部電力さんのスタンスはどうも他人事のように思えてなりませんが、小難しく考えず、結果節電につながれば良しとしますか!

そして今週も暑さに負けず、顔晴っていきましょう!

ではでは!

by cherrylayla | 2011-06-27 04:36 | Comments(0)

<< 朝の活力源! ちぇりーさん世代は、Radio... >>