人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 秘湯、濁河温泉

いやいや、まさに秘湯というに相応しい温泉でした。

あっ、開田高原ネタ3連発です(今回で終わりですので最後までお付き合いください)。

開田高原を楽しんだ後は、同じルートじゃ味気ないということで、御嶽山をグルッとまわって、岐阜県側の下呂方面へ帰路を選択。

その前にここまで来たらということで、これまた父上のナビで濁河温泉に向かいました。

冒頭にも表現しましたが、これがホンマモンの秘湯といった雰囲気で、正直驚きましたね。

いや、あまりにも秘湯過ぎて、経営が成り立たないお宿でイッパイです(涙)。

土曜日でしたが、名鉄資本の大きな旅館の他は、閑散としていました。

ちぇりーさん一家は、市営(市町村合併で下呂市に吸収されてしまいましたが、看板は町営のままになっていましたね)の露天風呂で、疲れを癒すことに。

d0004717_419107.jpg


☆よそのブログから拝借しました。感謝!

いやいや、素朴な施設でしたが、湯の方はなかなかの泉質でした。

鉄分が多いのか、湯船の底が黄土色でツルツル滑り、なかなかスリルも味わえます。

こちらは標高1,800メートルということで、案内看板には日本一高所の温泉と記されていましたが、その座は万座温泉と分け合っているようですね。
☆万座プリンスの露天風呂も懐かしいなあ・・・プリンスパックで嬬恋高原や晴山をプレーした頃は初々しかったですね・・・約20年前の話ですね。

いつまでものんびりしていたい、そんな贅沢にひたれるスポットでした。

☆市営露天風呂温泉近くにある二つの滝を紹介します

d0004717_4205427.jpg


緋の滝

d0004717_4211590.jpg


白糸の滝

☆ここで携帯の電源が切れてしまいました・・・涙


しかしながら、軽い気持ちでオススメといえないのがそのアクセスの悪さ。

ちぇりーさん一家は、開田高原のついでというノリでしたので、勢いで楽しめましたが、濁河温泉を主目的にすると、名古屋からでも車で約4時間(ノンストップで)はかかります。
☆ちなみに、下呂側からは既に路線バスは廃止されていて、木曽福島からバスで90分。自家用車でも中津川からたっぷり2時間半はかかりそうです。

それで、鄙びたというよりも寂れた温泉しかありませんから、再訪は?ですかねえ・・・

ちなみに市営露天風呂からは、御嶽山を望むことができません(涙)。

そう考えると、同様に時間はかかりますが、乗鞍高原の湯けむり館は付近に見所も多く、オススメしやすいですね。

そんなこんなで、15時過ぎに濁河温泉を出発したちぇりーさん、下呂温泉街を車窓で楽しんだり、天心白菊の塔(40年以上前の大惨事、飛騨川バス事故の慰霊碑です)に立ち寄ったりと、のんびり名古屋に帰ってきたら、やはり時計は19時半を指していました。

次回は、木曽三大寺の一つ興禅寺(木曽福島)、御嶽神社里宮の霊験あらたかな方(苦笑)、お目当てのお蕎麦屋さんと、今から楽しみが満載。

その時は娘と一緒に楽しみたいですね。

おっと、娘は寺社巡りと蕎麦が苦手だったはずですが・・・苦笑

ではでは。

by cherrylayla | 2011-05-25 04:22 | Comments(0)

<< 鳥貴族さん初体験からの学び 木曽のおんたけさんはナンジャラ... >>