人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 勘を信じ、菅を信じない

秋葉原でガイガー・カウンターが売り切れ。

福島原発から漏れ出している放射線にナーバスになってしまう気持ちは、わかりますね。

しかしながら、先日から大泉の両親に向け、名古屋への一時疎開を呼び掛けているのですが、未だ半信半疑のようです。

というか、日常生活もありますので、現状は優先順位が低いのでしょう。

都内で検出された放射線は全く人体に影響がないレベルと報道されていますので、なかなかそんな気にもなれないかもしれませんが、相手は見えない物質です。

既に、ある国の大使館は機能を大阪に移転させたという話もあるくらいですので、今一度呼び掛けていきたいですね。

見えないといえば、その原発事故の報道も、見えにくいですよね。

いや、見えにくいというよりも、だから具体的にどのようなリスクがあるのかをしっかり報道してほしいと感じています。

マイクロシーベルト、圧力容器、格納容器、モニタリングポスト、圧力抑制室・・・

TV等に登場する専門家なる方々は、パネル等を用いながら専門用語を連発し、アナウンサーもなるほどという感じで応えていますが、正直、だからどんなリスクが考えられるのか?という最も大切なポイントをわかりやすく伝えている報道は少ないように感じます。

結局は、自分の勘を信じるしかないのか?

見えない物質が相手だからこそ、的確な情報と想像力が求められますね。

間違いないのは菅を信じないほうが良さそうだということ。

そんな中、東電の社員さんをはじめ、被災地の現場で命がけで格闘されている方々には頭が下がるばかりです。

これ以上被害が拡がりませんように。

ではでは。

by cherrylayla | 2011-03-17 04:45 | Comments(0)

<< 勇気の源・・・天皇陛下のお言葉 浜岡を止めない理由 >>