人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 クライマーズ・ハイ

昨日はNHKさんのことを少々辛辣に(というか愚痴か?)カキコしてしまったので、本日はそのお詫びということで???

先週、珍しくママさんにTSUTAYAでDVDを借りてきてもらいました。

鑑賞したのは『クライマーズ・ハイ』。

NHKドラマ版です。

実は5~6年前に放送していた際は、前編を見ただけで、何かの事情で後編を見逃していたんです。

その後、何度かTSUTAYAに足を運んだのですが(と言っても、ちぇりーさんがTSUTAYAに行くのは数年に1度あるかないかですから2~3回かも・・・苦笑)、レンタル中で借りることができませんでした。

今回、先日楽しんだ韓流版に触発され、『男たちの挽歌』香港ノワール版を借りることが本命でしたが、残念なことに見あたらず・・・期待もせずにフラッと日本のTVドラマコーナーに足を踏み入れると、偶然にも見つけてしまったんです。

いやいや、『ハゲタカ』にも劣らない力の入り具合で、思わず通して見てしまいましたね。

思い起こせば、日航機墜落の日、ちぇりーさんは優しい先輩方に連れられて、伊豆の民宿に逗留していました。

目的は、ナンパ合宿ではなく肝臓強化合宿でした・・・爆

夕食時に日航機がレーダーから消えたというようなテロップが流れていた記憶があります。

夕食が終了したら、地獄の訓練が待っていましたので、そのまま酔いつぶれて爆睡。

翌朝、二日酔いの体で朝ご飯のテーブルにつくと、TVではヘリからの映像による事故現場の中継が流れていました。

あれから四半世紀・・・早いですねえ。

ドラマの中では、新聞を買いに来た遺族である母子の言葉が印象に残ります・・・

  「誰も本当のことを教えてくれないような気がして…」

  「どうか、本当のことを書いてくださいね。」

どんな時代でもマスコミに求められていること。

これが全ての原点のような気がします。

自戒を込めたメッセージなのでしょうか?

それにしても、流石NHK、気合いが入ったときは凄いドラマをつくりますね。

今後も期待してますよ~(笑)♪

ではでは。

by cherrylayla | 2011-03-05 06:01 | Comments(0)

<< 十二人の怒れる男 確信犯としてのメディア >>