人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW

行って来ました!

泣いてきました!

滲んだ涙のおかげでリフレッシュすることができました。

男たちの挽歌、韓流リメイク版。

オフィシャルには、リウェイク=再覚醒と表現されていますね(笑)。

基本的なストーリーの流れは、四半世紀前の作品、香港ノワール版と同じです。

ここに、韓国らしく?兄弟愛が全面に取り扱われています。

香港ノワール版は、何といってもチョウ・ユンファ演ずるマークが、メチャいい味出していましたが、今回のリウェイク版はチェ・ジンモ演ずるヒョクが圧倒的にカッコ良かったです(もちろん、原作のティ・ロン演ずるホーさんのカッコ良さは別格ですが)。
☆チケット購入時にいただいたトレーディングカードもヒョクでしたね(笑)

そういえば、一晩経って振り返ってみると、キャスティングは男性ばかり。

女性といえば、温かいクッパを食べさせてくれる、いかにもの韓流オバチャンくらいでしょうか。

ケミストリーの歌も良かったです。

エンドロールを眺めながら、またまた涙腺が弛んでしまいました。

ビックリしたのは、お客さんの入り具合。

足を運んだのは自宅から車で10分ほどの大高イオンのシネコンでしたが、公開2日目の日曜日なのに、席に座ったのはちぇりーさんを含めて6名だけ・・・

初回9:40開演とはいえ、こんなに人気がないとは意外でしたね!

しかも、他の5名は、どう見てもちぇりーさんより年上のようでした(苦笑)。

主題歌がケミストリーだったり、立派なWEBサイトや新聞広告等PRもされていると思いますが、あんな状況が続いたらシネコン側も辛いですよね。

一方で、『毎日かあさん』や『あしたのジョー』は、そこそこ入っていたようです。

ミニシアターが潰れるわけだ!

しかも、今回事前にモバイル会員になっていたので、1,700円のところ1,200円で楽しむことが出来ました。

お値打ちに利用できるのは嬉しいですが、好きな映画だけにちょっと複雑ですね。

ちぇりーさん、シアターで映画を鑑賞するのは、年に1回あるかないかなのですが(ここ数年では『ハゲタカ』、『ハリーポッターと謎のプリンス』、『崖の上のポニョ』くらいですかね)、華やかな印象とは異なり、業界の厳しい現実も垣間見ることが出来ました。

ところで、この『男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW』、韓国では200万人に迫る動員を記録したんだそうです。

今の日本人には向かないのかなあ・・・

ネタバレになってしまいますが、韓国人が北の方々に抱いている感情(脱北者を韓国人としてみていないこと)も知ることも出来、意義深いモノがありましたね。

そして、これまたネタバレになってしまいますが、ラストシーンは弾切れでありますように・・・苦笑

それにしてもオリジナルの香港ノワール版が無性に観たくなりました。

TSUTAYAにあるならママさんに借りてきてもらおうかなあ。

ホーさん!

  永遠は~♪ さよならを知っても~♪

  またきっと会えるよと呟く~♪

ではでは。

by cherrylayla | 2011-02-21 04:15 | Comments(2)

Commented by ranbokun at 2011-02-21 11:09
太平洋の奇跡を観なさい!
Commented by cherrylayla at 2011-02-22 07:40
ranbokunさんコメントありがとうございます。
またブログ再開、おめでとうございます。
う~ん、私からのオススメは『アーロン収容所』って、これは本でしたね。
ではでは。

<< 真似と参考 政局はいらない、政治屋もいらない >>