人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 無縁社会の現実

昨日は、相撲界のことについてボヤいてしまいました。

本日は、大河ドラマについて少々。

ご承知の通り、今年の大河ドラマのヒロイン崇源院・江は、三英傑の親族として存在感を発揮していくわけですが、ちぇりーさん、恥ずかしながら大河ドラマで取り上げられるまで、全然その存在を知りませんでした。

先週、初めて番組を見たのですが、それにしてもストーリーもさることながら、キャスティング、ちょっとヤバくないですか!

本能寺の変で信長が倒れるわけですが、その時の江の年齢は8~9歳・・・

子役を使うべきでしょう!

とぼけた演技で幼さを表現してるのかもしれませんが、それにしても無理がありすぎます。

ゴーストのように信長が現れて江と馬に乗るシーンは、噴飯もの・・・家族一同で呆れかえってしまいました。

主人公の江以外は、せっかくの綺麗所を揃えているのに・・・苦笑

家康が白戸家のお父さんというのも、かっこよすぎますよね。

よく聞いてみたら、脚本が篤姫と同じ方とのこと。

何となく納得です。

それでも、視聴率は好調のようですね。

坂の上の雲が数字上は低迷していたことを考えると、何だか昨日の報道以上に暗い気持ちになります。

良いモノが受け容れられるとは限らない世の中というのは承知していますが、観た方が良い、いや日本人なら観なくてはいけない作品が見逃されてしまう現実・・・

やはり根本原因は教育に負うところが大きいような気がしますね。

そして教育、暗い気持ちといえば、昨日のNHKスペシャル『無縁社会』は重かったですね。

無縁社会というと単純に老人というイメージを持っていたのですが、無縁若者の現実を映像で見るのは辛かったです。

洗い物のふき取りをしながら、たまたま見てしまったのですが、視聴率はどうだったんでしょう。

う~ん、ちょっとキーボードが進みませんね(汗)。

ちぇりーさん、家族がいて、同僚がいて、ご縁をたくさんいだだいているという恵まれた環境に、そしてこれからも小さな喜び、大きな喜びに感謝しながら、しっかり役割を全うしていくことに注力です。

そういう意味でも、やっぱり教育は大切だ!

学校現場だけではなく、家庭で、職場で、社会で・・・

ではでは。

by cherrylayla | 2011-02-12 06:24 | Comments(0)

<< 我が懐かしの吉祥寺コパンコパン 八百屋の長兵衛さんの気持ち・・... >>